ピクシブ百科事典

ガンダムヘブンズソード

がんだむへぶんずそーど

ガンダムヘブンズソードとは、『機動武闘伝Gガンダム』に登場する、デビルガンダム四天王の1機である。
目次[非表示]

機体スペック

分類モビルファイター
頭頂高27.8m(スタンディングモード時)
全長23.5m(アタックモード時)
全幅49.0m(アタックモード時)
重量8.9t
装甲材質
  • ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
  • レアメタルハイブリッド多層材
  • デビルガンダム細胞(DG細胞)
パイロットミケロ・チャリオット


概要

空中戦型のデビルガンダム四天王。DG細胞から組成され、決勝大会ではネロスガンダムに偽装していた。MF形態から形形態への変形が可能。その巨大な鳥形形態は、大烏(オオガラス)を思わせる為「レイヴンガンダム」の別名を持つ。
天剣絶刀(てんけんぜっとう)の称号が示すとおり頭部が非常に長く、頭頂高が高い。

武装・能力

MF形態では「虹色」「ハイパー銀色の脚スペシャル」など、ベースとなったネロスガンダムの攻撃を強化した技を使用するが、鳥形形態ではヘブンズダート、ヘブンズクローなどのを用いた武装を使用。羽ばたきで竜巻を発生させるヘブンズトルネードや、ウィンドファイアーなども使用する。ゴッドガンダムとの戦闘ではゴッドフィンガーエネルギーを吸収してく変色した。

最期

ボルトガンダムのグラビトンハンマーで絡め取られ、ドラゴンガンダムの真流星胡蝶剣の直撃を浴び、アルゴ・ガルスキーサイ・サイシーの連携の前に敗れる。

ゲームでは

基本的に変形した姿で登場している。
1番扱いがいいと思われるのは「ガンダム トゥルーオデッセイ」で四天王の中でも最強の実力を持ち(他の四天王に関してはグランドは専用曲こそあるが最弱、ウォルターはこの機体の劣化、マスターはラスボスの前座)、固有スキル「ガトリングキック」はこの時点で手に入る機体の中で最高の防御力を持ったサンドロックすら一撃で倒すほど。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム
デビルガンダム
ネロスガンダム
グランドマスターガンダム
マスターガンダム グランドガンダム ウォルターガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムヘブンズソード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11964

コメント