ピクシブ百科事典

ガンダムヴァサーゴチェストブレイク

がんだむばさーごちぇすとぶれいく

ガンダムヴァサーゴチェストブレイクとは、機動新世紀ガンダムXに登場する、強化改修型MSである。略称はヴァサーゴCB。
目次[非表示]

データ

形式番号NRX-0013-CB
全長17.8m
重量8.3t
パイロットシャギア・フロスト

概要

機体の出力や推力等の基本性能の向上は勿論の事、特に武装面において大幅な強化が施されている。従来腹部に一基を装備していたメガソニック砲を新たに胸部最終装甲内に左右一基ずつ増設し、1基あたりの出力自体も増大している。砲門の増設により、チャージに要する時間は多少長めとなっているが、従来通り腹部砲門のみでの使用であれば速射が可能である。腹部を割り、胸部装甲を展開して巨大な光芒を放つその姿は、あたかも顔面を削ぎ落とされた悪魔の断末魔を思わせる。「チェストブレイク」の名はここから。
大幅な出力上昇に伴ってエネルギー放出時の発熱も増大し、背部のラジエータープレートは6基構成の扇形アクティブ・バインダーに換装され、より高効率の機体冷却が可能となっている。これらのデバイスは更なる微細な姿勢制御を行うと同時に、サテライトシステムの使用時にはマイクロウェーブ受信用のリフレクターも兼ねる実に多機能なユニットである。通常時は背中側に畳んでいるが高機動戦闘時やメガソニック砲使用時に展開する。なおその展開パターンは外側(後ろ側)のプレートは下に、真ん中のプレートが上に、内側(機体側)のプレートが真横という独特の開き方をする。

武装

改修前の武装をそのまま引き継いでいるものも多いため、ガンダムヴァサーゴの同項目も参考にされたし。

トリプルメガソニック砲
ヴァサーゴでは腹部の1門だったメガソニック砲を3連装(正確には胸部に二基の増幅用ユニットが追加されている)にしたもの。腹部の1門でも戦艦を一撃で撃沈可能な威力を有し改修前同様拡散発射も可能、3門合計での出力はサテライトキャノンに匹敵するという。ただし3門となったが故に反動も大きく、地上ではストライククローを機体の固定に必要とする点は変わらずである。

ビームサーベル
ヴァサーゴ時代から継続して使用されている近接白兵武装。

ストライククロー×2
ヴァサーゴ時代から継続して使用されている武装。仕様そのものは変わらないが改修前のブロック接合からチューブユニット接合となっており対衝撃性能が格段に強化され、接合ブロックにも姿勢制御スラスターが追加された事でさらに柔軟でフレキシブルな挙動によって宇宙空間での使用時には所謂オールレンジ攻撃端末に近い形での運用を実現、視覚的な不気味さも増している。

クロービーム砲×2
ストライククローのクローユニットに付属するビーム砲。ストライククローの長いリーチと合わせ、相手の死角を衝いた攻撃も可能としている。

サテライトランチャー
ガンダムアシュタロンハーミットクラブと連携して使用した、ガンダムXのサテライトキャノンと同様の兵装。ただしこれはあくまで二機一組で運用する連携武装である。アシュタロン単独ではマイクロウェーブを受信できないため、これを使用する際はヴァサーゴ側がマイクロウェーブの受信を担当する。

ストライクシューター×2
ガンダムvsガンダム等のゲーム作品ではヴァサーゴから継続して使用していることもある。
また、ロボット魂ではボーナスパーツとして付属している。

劇中での活躍

本編34話ラストで登場。ガロードとパーラが新宇宙革命軍にさらわれたティファの奪還に成功した所をガンダムアシュタロンハーミットクラブと共に待ち伏せしていた。この時太陽の逆光をバックに禍々しいシルエットが映るという演出がなされており、ますます不気味さに磨きがかかっている。
最終話ではサテライトランチャーを使って兄弟の野望だった宇宙革命軍への復讐も兼ねた無差別攻撃を仕掛ける。しかし、二発目を撃とうとした時に立ちはだかったガンダムDXのツインサテライトキャノンとの相撃ちで機体は大破した。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX
ガンダムヴァサーゴ
シャギア・フロスト フロスト兄弟
ガンダムアシュタロン ガンダムアシュタロンハーミットクラブ
ゲテモノMS ゲテモノガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムヴァサーゴチェストブレイク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12939

コメント