ピクシブ百科事典

ガンダム戦記

がんだむせんき

「ガンダム戦記」とは、PS2、PS3で発売されたガンダムゲームの名称・略称。主に連邦・ジオンのMS隊の隊長となってストーリーを進めていく方式のゲーム。
目次[非表示]

ガンダム戦記はゲーム「ガンダム戦記 Lost War Chronicles」(PS2)と「ガンダム戦記」(PS3)がある。
どちらもタイトルが「ガンダム戦記」と書かれているためPS2、PS3を含めてガンダム戦記と混ぜられている。

PS2版(ガンダム戦記 Lost War Chronicles)

隊長と隊長
祝!です。



PS2版ではガンダム戦記の次に「Lost War Chronicles」というサブタイトルがつき、時代背景は一年戦争。
プレイヤーは連邦、またはジオンのモビルスーツ部隊の隊長となり、部隊を率いてミッションをこなしてゆく。あくまで「主人公=自分」であるため主人公キャラの描写が無い。

連邦・ジオンそれぞれにオペレーター・整備士・監査官の3人の女性がつき、
ミッションを終えるたびにお褒めの言葉ないしお叱りの言葉をもらえるのが特徴。
好感度を上げればご褒美のムービーも。
別名「ときめきガンダム」

漫画版や小説版では連邦主人公「マット・ヒーリィ」ジオン主人公「ケン・ビーダーシュタット」が登場する。漫画版と小説版はストーリーが大きく違っている事も特徴。
「Gジェネレーションスピリッツ」に本作が参戦した時は漫画版のストーリーが採用された。
2014年に発売されたPS3ソフト機動戦士ガンダムサイドストーリーズにおいては漫画版と小説版のリミックスストーリーが採用されている。

登場モビルスーツ(一部)

陸戦型ガンダム
陸戦型ジム
ジムスナイパーⅡなどなど

ザクⅡ
ゲルググ
ケン・ビーダーシュタット専用ゲルググ(陸戦ゲルググ)などなど

登場キャラクター(一部)

マット・ヒーリィ(小説版・漫画版主人公)
ラリー・ラドリー
アニッシュ・ロフマン
ノエル・アンダーソン
アニー・ブレビッグ(宇宙、閃光の果てに…にも登場…←第16独立戦隊へ異動する。)

ケン・ビーダーシュタット(小説版・漫画版主人公)
ガースキ・ジノビエフ
ジェイク・ガンス
ユウキ・ナカサト
メイ・カーウィン(宇宙、閃光の果てに…にも登場…マレット・サンギーヌの部隊へ異動する。)

PS3版(ガンダム戦記)

祝「ガンダム戦記」発売!!
戦場の日光浴



PS3版も同じく連邦サイド、またはジオンサイドのMS部隊の隊長となってミッションをこなす。
ただし時代背景はPS2版と全く異なり、一年戦争後の宇宙世紀0081年。
PS2版で登場したキャラクターなどは一切登場せず、「Lost War Chronicles」との直接のつながりはない。
またストーリーモードではPS2版と違い主人公キャラクターが存在する。
連邦側では「ユーグ・クーロ」、ジオン側では「エリク・ブランケ」となりストーリーを進めていくことになる。

本作の漫画版にはサブタイトルに「U.C.0081 -水天の涙-」と追加されているのが特徴。
また「Lost War Chronicles」に登場したアニー・ブレビッグがゲスト出演している。

また、機体が初参戦したGジェネレーションワールドでは、「Battle field record U.C.0081」というサブタイトルがつけられている。

登場モビルスーツ(一部)

RX-81(ジーライン)
ガンダム7号機
ジム・コマンド 初期機体

イフリート・ナハト
エリク専用ゲルググ
ザクⅠ・エリク仕様 初期機体

登場キャラクター(一部)

ユーグ・クーロ
ヒュー・カーター
シェリー・アリスン
マオ・リャン(オペレーター)

エリク・ブランケ
アイロス・バーデ
フリッツ・バウアー
フィリーネ・イステル(オペレーター)

関連タグ

機動戦士ガンダム外伝
機動戦士ガンダムサイドストーリーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム戦記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1135451

コメント