ピクシブ百科事典

ガンダム試作2号機

がんだむしさくにごうきさいさりす

OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場するGPシリーズの2号機。
目次[非表示]

ソロモンよ、は帰ってきた!!』

概要

一年戦争後、連邦軍再建計画の一環としてジョン・コーウェン中将主導で行われた「ガンダム開発計画」によって開発されたモビルスーツ。開発コードネームは「サイサリス
開発はアナハイム・エレクトロニクス社の「第二研究事業部」が担当した。この部署は旧ジオニック系技術者が多く開発に携わっており、ドムの設計思想が反映されているともいわれる。結果、従来のガンダムとは大きくかけ離れた外見となった。

元々は敵拠点への強襲用として計画が進められていたらしく、様々な弾頭を発射するバズーカを装備する予定だった。しかし途中で核弾頭の運用に特化し、最終的に核攻撃による「最強の攻撃力を持ったMS」として完成した。
一説には、一年戦争時における一部のジオン軍人の独断による核弾頭ICBMの発射(もしくはその際のMSによる無力化)を受けて、今後の核攻撃に対する報復手段として考案されたとされる。しかしミノフスキー粒子の影響で確実には誘導できないミサイルは事実上使えないため、「誘導に頼らず核兵器を確実に運用可能な機動兵器」というコンセプトが確立しバズーカで核弾頭を放つ機体となった(ジオンでもかつてはザクⅡがこの任務に用いられており、ザクバズーカで戦術核弾頭を発射していた)。
なお、劇中において南極条約によって核の使用が禁止されているにも関わらず、この機体が核攻撃能力を有することを批判されるシーンがあるが、核爆弾(弾頭)の保持及びそれを運用することを目的とした兵器については明文化されていない(ICBMなどより遥かに容易に核を運用できる兵器に搭載することが、「抑止力としてではなく核攻撃そのものを想定している」という主旨のものではあるが)。

核攻撃時には本機体自身も爆心地に近づくことを余儀なくされるため、核使用時の熱・衝撃波・放射線から機体と搭乗者を保護する大型シールドや特殊塗料などを備えている。その分重量が増加しているが、AMBAC作動肢を兼ねたフレキシブル・スラスター・バインダーが肩部に取り付けられ、見た目に反して高い機動力を備えている。
ただ、核兵器の運用に特化した関係で通常武装は頭部バルカンとビームサーベルのみとなり、敵機の攻撃を交わしつつ目標地点まで到達するためには高いパイロットの技能が要求される(ただし、たまたま使われなかっただけでガンダム試作1号機と同型のビームライフルも携行可能とする説もある)。

劇中では、地上のトリントン基地で核弾頭を装備した状態で整備中だった所をデラーズ・フリートアナベル・ガトーに奪われ、その後コンペイトウ(旧ソロモン)に駐留する宇宙艦隊への核攻撃を行った。核攻撃そのものは成功し連邦艦隊を壊滅させたが、追撃してきたコウ・ウラキフルバーニアンと相討ちになり爆散した。

武装

ビームサーベル×2

左右腰部に1基づつ装備。任意での出力調整が可能で、最大出力は一般に装備されているものより高い。

60mmバルカン砲

連邦系MS伝統の機関砲。他の機体が装備するバルカンと大差は無いが、本機唯一の射撃武装と言うこともあり、劇中でも使用頻度は多かった。

ラジエーターシールド

機体の冷却機能を備えた専用の大型シールド。左手に持って使用される(そもそも大きすぎる上、バインダーに干渉するため、肘などにラッチを設けても保持できない)。 核攻撃による熱から機体を守るための装備であり、このシールドを損傷すると核攻撃が非常に困難になる。

アトミックバズーカ

その名のとおり核弾頭を発射する大型のバズーカ。背面からアームによって保持された基部と、シールドに格納されたバレル部に分割して携帯する。戦略核であることを秘匿するためかニュークではなくアトミックと付いているが使用されるMk-82型弾頭は戦略核以上の威力を有しており、劇中ではソロモンに集結した連邦軍の艦艇を一撃で葬り去った。

MS用対艦ライフル

型式番号ASR-78。元々は『THE ORIGIN』で設定された兵装だが、『宇宙の蜉蝣2』で地球脱出後に襲撃してきた連邦軍を撃退するために本機が使用した。劇中の描写から元々はキンバライト基地に保管されていた物だと推測できる。

バリエーション

0083の本編劇中ではGP01Fbのように改修による仕様変更はされなかったが、アーケードゲーム『機動戦士ガンダム戦場の絆』において、核運用とは別の装備を付けたGP-02が登場しており、後にプラモデルやGジェネレーションへの参戦という形で登場している。
また、ゲームなどでは核弾頭を装備していない状態の「GP-02」はそのままの表記で、核弾頭を装備した状態では「GP-02A」と表記される事が多い(A=アトミック)。

ガンダム試作2号機(MLRS仕様)

『ハーモニー・オブ・ガンダム』に登場。型式番号RX-78GP02MLRS。
本機の当初の運用目的である中距離支援用の装備を施したタイプ。
背中のバズーカ基部と核弾頭コンテナを撤去し、代わりに中距離支援兵装「MLRS(マルチプルロケットランチャーシステム)」を装備する。トリントン基地でテストを行う予定だったのだが、本機が強奪されたため実装されることはなかった。

ガンダム試作2号機(ビームバズーカ装備仕様)

アクションフィギュア『GUNDAM FIX FIGURATION』発売の際に設定され『ハーモニー・オブ・ガンダム』で公式化されたタイプ。型式番号RX-78GP02BB。
コンペイトウへの核攻撃後にデラーズ・フリートで検討されていた2号機の装備バリエーション。
アトミック・バズーカ使用後、その一部を再利用したビームバズーカを装備する。
砲身は移動ビーム砲「スキウレ」のものを流用し、火力はジオン製モビルアーマーと同等。
アトミック・バズーカの威力には及ばないものの、この当時としてはかなり強力な火器を携行可能である事が示唆されていたが、2号機がコンペイトウでの戦闘で失われた事もあり、このプランは実現する事はなかった。
スーパーロボット大戦シリーズでは、アトミックバズーカとビームバズーカが一緒に装備されている事もある。

ガンダム試作2号機(シン・フェデラル仕様)

宇宙世紀0084に勃興した反連邦組織「シン・フェデラル」の首魁であるカネサダ・ツルギ准将が搭乗する機体。カラーリングや外見は通常の2号機と変わらないが、初登場のシーンではビームバズーカとMLRSを同時に装備した状態で出撃している。
カネサダ自身の卓越した操縦技術と相まって、ティターンズの艦隊とジム・クゥエルによるMS部隊を単機で壊滅に追い込むなど高い戦果を挙げた。

RX-78GP02AD ガンダム試作二号機(サイサリスセンチュリオン)

ガンダムビルドファイターズA』に登場した改造ガンプラ。
アーロン・アッカーソンヘイズルのパーツを使用して攻撃と索敵能力を強化し、左肩にはIフィールドジェネレーターを搭載している。更にアトミックバズーカ使用後の能力低下を防ぐために、両手にビームライフルを装備する(片方のライフルには下部にグレネードを増設)が、彼がインターバルと称してバトルを中断するなどの行為を平然と行うため、あまり生かされない。

余談

デザインは河森正治による(ただし河森本人のデザインに対する姿勢により、作中ではメカニカルスタイリングとクレジットされている)。核弾頭を搭載するというアイデアも河森の提案である。
その特徴的なフェイスデザインは悪役ガンダムの代名詞とも言え、後年にはガンダムレギルスガンダムスコルなど、それに近い顔立ちをしたガンダムが登場している。

ゲームではアトミック・バズーカが強力であるが、使用に制約(アクションゲームでは装弾数が少ない、スーパーロボット大戦ではそれに加え気力が一定以上必要など)が存在し、通常戦闘はバルカンとビーム・サーベルを用いなければならないというやや癖のある機体とされることが多い。また、スーパーロボット大戦EXでは味方になる際に「やむを得ない状況以外では使わない」というガトーの意向で核は封印され、プラズマリーダーを搭載している。
また、ガンダム無双シリーズでは、バレルをトンファーの如く振り回して敵機を殴打した後、核を発射するという荒業を見せた。

関連イラスト

RX-78GP02 サイサリス
「貴様に話す舌など持たぬと言った筈だ!」



関連項目

機動戦士ガンダム0083 デラーズ・フリート
ガンダム試作1号機 ガンダム試作3号機 ガンダム試作4号機

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム試作2号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108961

コメント