ピクシブ百科事典

ガンダム試作4号機

がんだむしさくよんごうきがーべら

機動戦士ガンダム0083に設定上存在する地球連邦軍の試作MS。
目次[非表示]

概要

RX-78GP-04Gガンダム試作4号機は「ガンダム開発計画」で開発されたガンダムの内の一機。
空間戦闘を想定して設計されており、他のガンダム試作機に比べてスラスター・アポジモーターなどが多いことが特徴とされている。開発コードネームは「ガーベラ」。
しかし、ガンダム試作1号機フルバーニアン(本来の宇宙仕様装備)とコンセプトが重複してしまった事から「ガンダム開発計画」から外され、基本フレームが完成した段階で開発が中止された。
しかし、アナハイムは独自にこのガーベラの基本フレームを元にしてガーベラ・テトラ(型式番号:AGX-04)を開発し、裏取引によってアナハイム・エレクトロニクスからシーマ艦隊に譲渡された。

機体シルエットは下半身を中心に頭部などゼフィランサスに似た印象を受けるが、丸みを帯びて大きく張り出した肩や胸部の角ばったコクピットハッチなど、上半身はむしろ対称的な意匠を持っている。
また、前述のように各部要所に推進装置が多く取り付けられ、特に肩に大型のブースターが配置されているのが目を引く。
背中に装備される3本のシュツルム・ブースターは増槽と推進器を一体化した空間機動用のユニットで、被弾時や推進剤を使いきった場合に切り離すことが出来る。この様に使い捨てであるシュツルム・ブースターは、可動肢としてAMBACの機能を持たせて固定装備としたフルバーニアンのユニバーサルブーストポットと対照的ある。
ランドセル部にはバインダーが2基左右対称についており、この前面にはビームサーベルが張り付くように半格納されている。この点はガンダム試作3号機に近いが、それ以上にガンダムMk-Ⅱに繋がる。

なお、「機動戦士ガンダム0083」のドラマCDにてガンダム試作1号機が使用した長銃身の高出力ビーム・ライフルが立体化の際にはよく付属するため、本来の装備と推察されている。
コードネームの「ガーベラ」は、同名のキク科の植物から付けられている。花言葉は「神秘」「崇高美」など。

関連機体

RX-78GP-01Fb ガンダム試作1号機フルバーニアン
AGX-04 ガーベラ・テトラ

余談

スパロボではこれまでGP04はガーベラ・テトラとしての登場しか無かったが、スーパーロボット大戦UXでは設定や外観はGP04と大きく違うものの、孫尚香ガーベラとして初めてガンダムタイプのガーベラが登場した。

関連タグ

ガンダム試作1号機 ガーベラ・テトラ 孫尚香ガーベラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム試作4号機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7947

コメント