ピクシブ百科事典

ガンダムMk-Ⅲハーピュレイ

がんだむまーくすりーはーぴゅれい

ティターンズの試作型ガンダム
目次[非表示]

概要

ガンダムMk-ⅢハーピュレイはガンダムウォーズI プロジェクトZに登場するティターンズの試作型MS、ハーピュレイはその2号機にあたる。型式番号RX-272。
グリプス基地において、ガンダムMk-Ⅱの強奪事件後も独自に開発が続けられていたのがこのガンダムMk-Ⅲである。
型式番号の「272」はグリプス基地で12番目に開発されたことを意味する。
ティターンズは当時エゥーゴのΖ計画を事前に察知しており、本機は対Zガンダム用として、ギャプランの変形機構を参考に可変モビルスーツとして開発された。
また、本機はあらゆる作戦にそのまま対応できる汎用機ではなく、その作戦に応じて装備を選択する装備搭載型機となっており、1号機が "フリーア"、2号機が "ハーピュレイ"、3号機が "デュライ"、のコードネームで呼ばれ、それぞれ細部の仕様が異なっていた。
試作機はΖガンダムよりも早く完成したものの、ティターンズでは当時ガンダリウムβの技術が限界に達していたためフレームの耐久性や装甲に難があり、最終的に開発は中止された。

機体データ

型式番号 RX-272
全高 25.9m
頭頂高 22.3m
本体重量 48.9t
全備重量 118.2t
装甲材質 ガンダリウムβ または チタン・セラミック複合材
武装 ビームキャノン×4
ビームサーベル×2
ビームライフル

関連イラスト

ガンダムMK-3ハーピュレイ
可変型ガンダムMk-III2号機"ハーピュレイ"



関連タグ

ガンダムMk-Ⅱ ガンダムMk-Ⅲ ギャプラン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムMk-Ⅲハーピュレイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1345

コメント