ピクシブ百科事典

ガンダムNT-1

がんだむえぬてぃーわん

ガンダムNT-1(ガンダム・エヌティー・ワン)は、OVA『機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争』に登場するモビルスーツ。同作のキーキャラクターでありながら主役ではないという、特殊な立ち位置にある機体である。
目次[非表示]

スペック

型式番号RX-78NT-1
頭頂高18.0m
全備重量72.5t(アーマー装備時:95.0t)
総出力1,420kW
総推力174,000kg(アーマー装備時:216,000k


機体説明

一年戦争時に地球連邦軍が開発したガンダムタイプモビルスーツ
北米のオーガスタ基地にてアムロ・レイ少尉のニュータイプ能力に合わせて開発が行われた。
コードネームはアレックス(ALEX)。ジオン側からは「未完成品」を意味する「出来損ない」(グリナス・ヘッド)のコードで呼ばれる。

当時の地球連邦軍はニュータイプの存在について疑問を抱いており、ジオン公国軍のサイコミュ兵器のような技術は未開拓であった(ジオン側から出来損ないと呼ばれるのもこれに起因する)。
その為、本機はニュータイプの操縦技術に着目し、高い追随性を発揮する思想の下に開発されている。
関節部にマグネットコーティングを施してレスポンスを強化、更に機体各部に姿勢制御バーニアを増設し運動性を向上させる事によってこれに対応しているが、これは一般のパイロットはもちろん、テストパイロットに選ばれた腕に覚えのある人物にとってすら、常人では敏感過ぎて却って操縦し難いものであり、本機の開発に携わった技術者をして「こいつをまともに扱えるのは一種の化け物」と言わしめている。

モビルスーツとしては初の全天周囲モニター・リニアシートが装備された機体であり、これによって広い視野を確保出来るようになっている。ただしこれは水平・垂直360度を網羅していない不完全なものであり、完全な状態での採用はガンダム試作3号機まで待つ必要があった。また、これらシステムを採用するにあたりコア・ブロック・システムは廃されており、機体データやパイロットの生還率ではアムロ・レイのガンダムに劣る。
また、オプションパーツとして複合装甲「チョバムアーマー」が平行して開発されており、防御力の向上に一役買っている。

実戦配備のため北極基地からサイド6「リボーコロニー」に移送され、クリスチーナ・マッケンジー中尉の操縦で最終調整が行われていたが、ジオン公国軍の特殊任務部隊『サイクロプス』の襲撃により中破。機体がホワイトベースに届けられることなく一年戦争は終戦を迎えた。
この機体が戦中に最前線に出る機会は失われたが、NT-1の開発データは一年戦争後に開発されたジム・カスタムジム・クゥエルなどのオーガスタ系の機体に引き継がれており、またチョバムアーマーのノウハウはジム・キャノンⅡの開発に活かされている。

バリエーション

フルアーマー・アレックス

専用の増加装甲「チョバムアーマー」を装着した状態のアレックス。
コンセプトは「アレックスの機動性・運動性を維持したまま防御能力を高める」ことにある。
この状態では腕が覆われてしまうため、隠し武装のアームマシンガンが使用不可能になるが、チョバムアーマー自体はアレックス側でいつでもパージ可能。
爆発反応装甲により実弾兵器に対する防御力が飛躍的に向上しているが、懸念されていた重量の増加や機体バランスの悪化による機動性・運動性の低下抑制を実現しきれておらず、防御と引き換えにアレックスの利点を潰してしまうという本末転倒な結果に繋がっている。。
上記のようにアレックスのフルアーマー化プランは失敗に終わったが、、ポケ戦本編におけるサイクロプス隊との戦闘では、ケンプファーから受けたチェーン・マインによる致命打を完全に防ぎ切るなど、チョバムアーマー自体の完成度の高さは証明された。
後にチョバムアーマーそのものを本体の装甲として組み込むという手法で重量増加の問題をクリアし、実用化に成功した機体が開発されている。

アレックス増加装甲試験型

ガンダムNT-1にFSWS計画に則った追加装甲、増加兵装を装備したバリエーション。
チョバムアーマー開発に失敗した際のセカンドプランであり、NT-1の2号機をベースとして開発されていた物である。

ガンダムNT-1 シン・フェデラル所属機

漫画「機動戦士ガンダムカタナ」に登場。
デラーズ紛争後に連邦政府に反旗を翻した「シン・フェデラル」によって再生産されたNT-1。パイロットは同組織の強化人間パイロット、コデツ。
試験型増加装甲を装備し、機体色は赤を基調とした物に統一されている。
シン・フェデラルによる強化兵士量産の目処が付いた事から用済みにされたコデツによって機体ごと組織から離脱し、中破した機体から増加装甲をストライカー・カスタムへ移植し、本体はムラサメ研究所と繋がりを持つアンリ博士によってネティクスへと換装された。

ネティクス

SDガンダムGジェネレーションシリーズに登場するガンダムNT-1の発展機。機体名のネティクスはNT-Xのもじり。
一年戦争後にジオン公国軍から接収したサイコミュ技術を研究・吸収する目的で連邦軍が開発した機体であり、背部に大型ビットを二基搭載している。
開発は当初オーガスタ研究所で行われていたが、プロジェクトはムラサメ研究所に引き継がれた事もあり、RX-78NT-XとMRX-003二種類の型式番号を有する。
標準的なサイズのモビルスーツにサイコミュを搭載した機体であるが、搭載されているサイコミュシステムは本格的な小型化にまで至っていない事から、機体重量は相当な物。
機体の開発データは後のインコム等の開発に影響を与えたとされている。

ガンダムAN-01“トリスタン”

機動戦士ガンダムTwilightAXISに登場。
詳細はガンダムAN-01を参照。

外部作品における活躍

ゲーム作品

もともとアムロ専用の機体として開発された経緯から、ファンサービス的にもしアムロがアレックスに乗っていたらというif展開が用意されている作品も幾つか存在する。
一部Gジェネレーションシリーズなどではアムロの初期搭乗機として扱われており、PS2めぐりあい宇宙のVSモードでアレックスにアムロを乗せた時には「アレックスは伊達じゃない!」という専用セリフがある(機動戦士ガンダム逆襲のシャアにおける「νガンダムは伊達じゃない!」のオマージュ)。
また、ガンダムオンラインでは汚名を払拭するかのごとく登場時から連邦最強の機体として君臨しておりライバルであったジーラインが弱体化以降は独占体制となっている。

ナイトガンダム物語

アルガス王国の騎士団長騎士アレックスとして登場。

ガンダム4号機との関係

当初、アレックスは「ガンダム4号機をオーガスタ研究所で改修した」という設定だった。ただしこれは制作側がMSVの設定に気付かずに設定してしまったものであり、これでは4号機が複数存在することになってしまうため、アレックス=4号機という設定はガンダム4号機が有名になるに従って曖昧にされていった。アレックスの各所に「4」のマーキングがあるのはこの名残である。ただ、「ガンダム4号機は複数の部署で開発されていて、その内の1機がアレックスだった」という解釈もある。

関連イラスト

RX-78NT アレックス
ALEX



関連項目

ガンダム 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 
クリスチーナ・マッケンジー バーナード・ワイズマン アムロ・レイ 
ザク改 ケンプファー 騎士アレックス

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムNT-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88390

コメント