ピクシブ百科事典

ガンダムX

がんだむえっくす

アニメ『機動新世紀ガンダムX』のこと、あるいはその主役MSの事を指す。「GX」と呼ばれる事もある。
目次[非表示]

アニメ全般については「機動新世紀ガンダムX」を参照。
本項では主役MS(モビルスーツ)の「ガンダムX」について記述する。

データ

形式番号GX-9900
全長17.1m
重量7.5t
装甲材質ルナ・チタニウム合金
パイロットジャミル・ニートガロード・ラン

概要

第7次宇宙戦争において旧地球連邦軍が切り札として開発したガンダムタイプMSの内の一機。
その最大の特徴は、無線外部エネルギー供給機構「サテライトシステム」を搭載している事であり、月の太陽光発電施設からのマイクロウェーブ送信(厳密にはスーパーマイクロウェーブである)によって膨大なエネルギーを供給できる様になりその出力を利用した戦略レンジ向け大型超長距離ビーム砲でコロニーすら破壊可能な威力を誇る「サテライトキャノン」が使用可能な事である。リフレクターはMW受信以外にもサテライトキャノン使用時とは逆方向にリフレクターの受信面を向け、反発力フィールドを形成し巡航飛行を行う「ホバーリングモード」として使用可能。ガンダムX自体もサテライトシステムからエネルギー供給を受けている為、マイクロウェーブを受信可能な状況ならばエネルギーは実質無限であり常時高出力の武装を使い続ける事が出来る。また、機体各所に分散配置された青い「エネルギーコンダクター」と呼ばれるパーツにMWから受信したエネルギーを蓄えることでMWが受信が出来ない状況となってもサテライトキャノンを使用しない通常戦闘ならば1週間無補給で戦闘継続可能な程のエネルギー総量も持ち合わせている。

その高火力と戦略的優位性故に、起動するにはGコン(Gコントロール・ユニットorGコントローラー)と呼ばれる操縦桿を兼ねた起動キーと、ニュータイプ能力を用いてフラッシュシステムを介しサテライトシステムへの登録を行う必要があるなど、何重ものセーフティが施されている。
ただし、一度登録を行えばニュータイプでなくともサテライトシステムの起動は可能(ガロードが最初にサテライトキャノンを用いた際にはティファがシステムへの登録を行った)。
また、本来は中継衛星を用いて時間・場所に関係無くサテライトシステムを使用出来るのだが、劇中では第七次宇宙戦争によって中継衛星が失われた為、月が出ている時間帯でなければ発射出来ないという制約が存在する。
またMS型ビットである12機のGビットの運用が可能でありフルスペック状態では正に決戦兵器に相応しいポテンシャルを発揮する旧連邦最強のMSだった。
反面、その性能をフルに引き出すには優れたNTの存在が不可欠であり、後述の戦果もありNTを戦争の道具とする思想の蔓延に拍車をかけた。

本機はサテライトキャノン以外にも堅牢な装甲・地形を問わない汎用性・シンプルながら高機能な武装等、そもそもの出自が決戦兵器である為、汎用機としての基本性能も高い。
実際に大戦中にジャミル・ニートはコロニー落とし阻止の戦略的運用及び旧革命軍との対集団MS戦などの戦術的運用の両面で多大な戦果を挙げている。(皮肉にも結果的にその強力過ぎる存在が旧革命軍に恐怖を与え、世界荒廃の原因の始まりともなるが)
反面、戦後はGビットもほぼ失った上に個人運営のバルチャーの運用するMS単機としてはサテライトキャノンは威力が高すぎる為に容易に使用出来ない過剰火力であった為、ベルティゴ戦での中破を機に対MS戦に適した火力と汎用性を向上させたガンダムXディバイダーに改修される。

劇中ではガロード・ランが搭乗した機体(NT-001)と、15年前にジャミル・ニートが搭乗した機体(NT-002)の二機が存在。
三号機(NT-003)は何らかの理由で破壊されたとされているが、外伝「UNDER THE MOONLIGHT」において黒いGXが登場しているがこの機体が「三号機である」という明確な描写や設定は無い。

武装

サテライトキャノン
本機最大の特徴ともいえる戦略級兵器で革命軍のコロニー落としに対抗する為に造られた超高出力ビーム砲。最大出力では一撃でコロニーを破壊する事が可能で、射線上の物全てを消滅させ、一瞬で広範囲を殲滅する。Gビットと同時運用する事による全13機の一斉射では最大13基ものコロニーを同時破壊する事すら可能。第7次宇宙戦争ではジャミルがこれを使用し多数のコロニーを破壊した為、サテライトキャノンを恐れた革命軍は作戦を強行し異常な数(資料によって曖昧だが40~50基以上)のコロニーが一気に地球に落とされ、100億人の人口が1億人以下に減る人類史上最大の悲劇の引き金となってしまった。
バックパックに接続されており、普段は逆L字に折り畳まれた大型リフレクターと砲身で構成されている。ちなみに後述の大型ビームソード含むこの背部武装のモチーフは実在の人物佐々木小次郎。サテライトシステム起動時はこの大型リフレクターがX時に展開、砲身が右肩に乗りグリップが展開する。マイクロウェーブを受信するとリフレクターが青白く光り、引き金を引くと発射される。よく絵では片手で撃っている構図が多いが実際の劇中では両手で支えている場合が多い。
余談だがMWは不可視でありGXの胸部に当てられているのはMW送信施設の照準用ガイドレーザーであり、このガイドレーザーとGX側の受信部とで「回線リンクが成立する」事でMWの送信が行われる。一部では未だにこのガイドレーザーをMWそのものと誤解したり胸部でMWを受信変換するのだと勘違いしている人が居るがそれらは間違いである。

シールドバスターライフル
小型シールドとバスターライフル両方の機能を有した武装で未使用時はバックパック右下にマウントされサテライトシステムを通じてエネルギーチャージされる。射撃時にはセンサーが露出し銃身が延伸展開する事でライフルモードに変形する。シールドモードにはセンサーと銃身を収納しグリップを折り畳んでシールド装甲を展開し変形する。装甲部分は通常の3倍の強度が持たされている。その機構上シールドとライフルの機能を併用不可などの弱点がある。

大型ビームソード
サテライトキャノンの砲尾にマウントされた高出力のビームソード。
大型の護拳付きのグリップ形状を持ち抜刀時はビーム発生部分から断面がX字のビーム刃が発生する。
こちらもサテライトシステムからのエネルギー供給を受けており、それ故に高い威力を持つ。

ブレストバルカン
インテーク真下に左右二門ずつ装備された実弾兵器。牽制に用いられる。
特に撃ち分けはせず四門全一斉射で用いられていた。

ショルダーバルカン
一話限りで使用された外付けオプション。左肩上のバックパックハードポイントに設置する。登場早々にガンダムヴァサーゴのクロービーム砲で破壊された。

バリエーション

ガンダムXディバイダー

カリス・ノーティラスベルティゴとの戦闘で中破したガンダムXを改修した機体。
詳細はガンダムXディバイダーの項を参照。

ガンダムX(ジャミル・ニート機)

第七次宇宙戦争にて大破。
新連邦軍により回収され、ガンダムDXのサテライトシステム登録に使われた。
また、ときた洸一作の外伝「ニュータイプ戦士ジャミル・ニート」において、ジャミルはサテライトキャノン完成前に宇宙用バックパックを装着して出撃。ライラック作戦を阻止している。

ガンダムX(リック・アレル機)

外伝「UNDER THE MOONLIGHT」に登場する機体。
ローレライの海に眠っていたが、ニュータイプの少年「カイ」と共に目覚めた。
コックピットには冷凍睡眠装置が備え付けられており、カイはそれによりコックピットで眠りについていたが、他のガンダムにこの装置があるかは不明。
当初はカイが搭乗し、機体色も黒だったが、カイがガンダムベルフェゴールを搭乗してからはリックの乗機として使用され、破損した右腕を修理した際に機体色も白に改められた。
物語途中から修理が施され、新武装バスターシースライフルとホルスターシールドを装備する事になるが、破損した右腕は正規の部品ではなくでっち上げで作り上げたもので修理されたため、後に故障を起こしてしまう。
この際に使用目的も無くデッドウエイトとなっていたサテライトキャノンはリフレクターを残して外された。
その後に更に改良が加えられ、バスターシースライフル・改とゲネイオンシールド(シールドクロー)を装備する事になる。
また老朽化に加えて旧世代機のために基本性能は戦後に製造されたディクセン・ホーネットなどに劣るが、ブラック・ホーネット隊に鹵獲された際にディクセン・ホーネットの部品を用いて改修されており、基本性能は向上している。
既に認証登録済みのためにサテライトシステムは使用可能だが、月の施設が失われたために衛星軌道の太陽光発電衛星のBATENから照射を受ける。が送信出力が落ちている物のキャノンそのものの威力に関連しているかは不明。最終的にBATENは失われ、サテライトシステムの使用はできなくなった。

ガンダムDX

新連邦軍が開発したガンダムXの後継機。
詳細はガンダムDXの項を参照。

ガンダムX魔王

ガンダムビルドファイターズ」登場の改造ガンプラ。
詳細は当該項目参照。

別名

GX GX-9900

関連項目

機動新世紀ガンダムX
ガンダムDX Gファルコン
サテライトキャノン サテライトシステム フラッシュシステム
ガロード・ラン ティファ・アディール ジャミル・ニート

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2583210

コメント