ピクシブ百科事典

ガンダムX魔王

がんだむえっくすまおう

TVアニメ「ガンダムビルドファイターズ」に登場するガンプラ。
目次[非表示]

概要

機動新世紀ガンダムX」に登場するガンダムXをベースにガンプラバトル選手権関西ブロック優勝者ヤサカ・マオが作り上げたガンプラ
ガンダムXにプラフスキー粒子操作技術を組み込み、強襲戦闘仕様に改造した機体であり、武装の増強、機動力の強化などが行われている他、原型機には無い様々な特殊ギミックが配されている。
また、ガンダムXではL字に折りたたまれていたリフレクターがV字に改められており、頭部アンテナもX字に近いデザインとなっているなど、外観の変化も見て取れる。

ガンダムXの象徴とも言えるサテライトキャノンは「ハイパーサテライトキャノン」へと強化されており、その圧倒的破壊力はまさに「魔王」の名にふさわしいものである。
機体各部に配されたりリフレクトスラスターも本機を象徴とする装備であり、サテライトシステム使用時にはこれの作用によってユニコーンガンダムのデストロイモードのように全身が発光する。

なお、「魔王」の名称は、マオがその絶大な攻撃力と自身の名前をかけたダブルニーミングであり、その称号はサテライトシステム等の機能と共にクロスボーンガンダム魔王にも受け継がれている。

デザインは機動新世紀ガンダムXベルティゴ等敵MSのデザインを担当した石垣純哉が担当。魔王のネーミングも「ガンダムとして違和感のある名前が作品を楽しむためのスイッチになれば」と同氏が考案したものである。
プラモデルはHGAWガンダムXのリデコとなる。

武装

ブレストバルカン

胸部に配されたバルカン砲。
ベース機であるガンダムXから受け継がれた装備であり、使用方法などに変わりはない。

シールドバスターライフル

ベース機となったガンダムXにも装備されていた専用ライフル。
シールドへの変形機構を有し、格闘戦などでは主にシールド形態で使用される。
特に特別な改造が施されているという訳ではなく、防御と射撃が同時に出来ない欠点はそのまま。

大型ビームソード

ハイパーサテライトキャノン後部に装備されたビームソード。
胸部バルカン・シールドバスターライフルと同様に基本的な運用方法は変わらないが、ハイパーサテライトキャノン用のアームを接続する事で後述の「魔王剣」を使用出来る。

ビームサーベル

左脇に増設されたビームサーベル。
大型ビームソードと比較して威力は劣るがエネルギー消費が少なく取り回しに優れる。

ミサイルポッド/バルカンポッド

腕部・脚部のハードポイントに任意で装備可能なオプション兵装。
実弾兵装故に弾数に限りがある。

リフレクトスラスター

全身に配されたエネルギー変換装置兼用の推進器。ガンダムXのエネルギーコンダクターとリフレクターの設定を応用した物。
ハイパーサテライトキャノン使用時に青く発光し、単なる推進機関としてのみならずV2ガンダムのミノフスキー・ドライブのようにプラフスキー粒子を圧縮して衝撃波のように放出する事も出来る。

ハイパーサテライトキャノン

サテライトキャノンを強化した高火力砲。サテライトキャノンと違い逆手持ちとなっており、バックパックに支持アームを介して接続しているため広い射角を誇る。
エネルギー供給方法はサテライトシステム経由の他、ソーラーシステムによってエネルギーを充填することができる。
ソーラーシステムは厳密には太陽光ではなく、フィールドのプラフスキー粒子を吸収しているのだが、それを背中のリフレクターに搭載されたソーラーパネルで実行することによって、月からのマイクロウェーブ供給無しに発射することを可能としている。

魔王剣

ハイパーサテライトキャノン損壊時の奥の手。
ソーラーシステムとサテライトシステムのエネルギーをサテライトキャノン支持アームを通じて大型ビームソードに送り込む事で使用可能となる超高出力ビームソード。
使用時にはリフレクトスラスターが赤く発光する。

関連項目

ガンダムビルドファイターズ 機動新世紀ガンダムX
ヤサカ・マオ
ガンダムX クロスボーンガンダム魔王

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムX魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86195

コメント