ピクシブ百科事典

ガンバスター

がんばすたー

OVA「トップをねらえ!」に登場するスーパーロボット。
目次[非表示]

「一つ一つは小さな火だが、二つ合わされば炎となる。炎となったガンバスターは無敵だ!」

概要

全長 200m
重量 9400t

対宇宙怪獣決戦用人型超ド級兵器。
コーチことオオタ・コウイチロウによって作られたバスターマシン一号(上半身)と二号(下半身)が合体することでこの姿になる。
今まで人類が苦戦する一方だった宇宙怪獣を完全に圧倒する性能を有しており、何千、何億という宇宙怪獣相手に互角以上に渡り合った。その破格のスペックは強力無比な動力である縮退炉を二基も積んでいることからも伺える。開発スタッフ曰く、完全なオーバースペックであり、自爆した場合はユーラシア大陸二つ分の空間が消滅するらしい。後に量産型であるシズラーシリーズが建造された。
最後は超ド級ブラックホール爆弾であるバスターマシン3号を起爆させるために縮退炉の一つを犠牲にし、結果大破。ウラシマ効果により、長い旅路の末に旅立ってから、1万2千年後の地球へと帰還した

バスターマシン1号

パイロットはタカヤ・ノリコ中尉。強力な打撃力と高機動を活かした長距離侵攻、制宙戦闘を主任務とする。合体後はガンバスターの上半身と腕部を形成する。1号パイロットはモーションコントロールにより、全身でガンバスターの基本操縦を担当。全長100m。主兵装は冷線砲4門。その他パルスレーザー砲、バスターミサイルを装備。

バスターマシン2号

パイロットはアマノ・カズミ大尉、及びユング・フロイト中尉。強力な光学・電子兵装で戦闘管制及び威力偵察を主任務とする。合体後はガンバスターの下半身を形成する。2号パイロットは火器管制と索敵・航法を担当。全長99m。主兵装は全周熱線砲1門。その他パルスレーザー砲、バスターミサイルを装備。

主兵装・必殺技

殆どが歴代のロボットアニメのオマージュである。

バスタービーム

額から発射される冷線砲。
その温度は絶対零度を遥かに下回る。

バスターミサイル

指先から射出される光子魚雷。

ホーミングレーザー

目標を追尾するレーザー光線。

ダブルバスターコレダー

両腕と両脚に内蔵されたバスターコレダーで相手を粉砕する。

スーパーイナズマキック

ガンバスターを急上昇させ、その後急降下し、フルパワーで敵に対してキックを叩き込む。
作品世界では宇宙はエーテル物質で満たされているため、衝撃で周囲の敵を殲滅させることができる。
なお、スーパーロボット大戦ではグレンラガンが格闘時のキックに「スーパーイナズマキック」と言っているがガンバスターの方が元ネタである(武装的にグレンラガンの方が元ネタに見えてしまうが)。

バスターホームラン

本編未登場。スーパーロボット大戦シリーズに登場している。
敵のエネルギー弾を特製のバットで打ち返す荒技。スーパーロボット大戦シリーズでも自らのエネルギー弾を打っている。
元ネタは大空魔竜ガイキングだがガイキングのパイロットは野球選手は野球選手でも投手である。
ちなみに野球ロボアニメである疾風!アイアンリーガーはトップをねらえより後に放映されている。

バスタートマホーク

本編未登場。スーパーロボット大戦シリーズに登場している。
一部タイトルでは『ゲッターロボ』の流竜馬ゲッターロボの必殺技、「トマホークブーメラン」を伝授してもらうイベントがある。

バスターリング

本編未登場。スーパーロボット大戦シリーズにも未登場。
ウルトラマン八つ裂き光輪が元ネタ。

バスターカウボーイ

本編未登場。スーパーロボット大戦シリーズにも未登場。

バスターウイング

バスターマシン3号に突入時に変形突撃した必殺技。ゲームPS2版で名称がついた。スーパーロボット大戦シリーズでは未登場。

元ネタ

頭部デザインは「ギャオス」。
バスタートマホークとバスターシールド(マント)は、ともに「ゲッターロボ」のゲッタートマホークゲッターウィングが元だといわれている。
バスターミサイルは「ジャイアントロボ」。

備考

新世紀エヴァンゲリオンバトルオーケストラ」にも「GBスター」として参戦している。
パロディの塊である本機を更にパロディにしたこの機体はガイナックスだからこそできる芸当である。

関連タグ

トップをねらえ! シズラー バスターマシン3号 オカエリナサイ
タカヤノリコ アマノカズミ ユング・フロイト オオタコウイチロウ
グレートガンバスター バスターマシン7号 ダイバスター
スーパーロボット大戦

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンバスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 651950

コメント