ピクシブ百科事典

ガールフレンド(仮)

がーるふれんどかっこかり

Amebaにて配信されている学園を舞台としたスマートフォン向けソーシャルゲーム。
目次[非表示]

概要

『耳で萌える学園恋愛ゲーム』をコンセプトに、2012年10月29日よりAmebaで配信されているiPhone、Android、両方で遊べるブラウザゲーム。(※iPhoneアプリ版では性的表現の規制により一部カードが非表示となっている。)
総勢60名以上の女性声優が出演している。有名な人から新人、大御所まで何でもアリである。
その声優が演じるたくさんの女の子がガールフレンド候補となっており、その中から運命の女の子を捜し求め続ける…。
キャラクターデザインはQP:flapper氏。

タイトルに(仮)が付いており、英名も「Girl Friend Beta」となっているが、決してベータ版といった意味合いではない。
ガールフレンド(仮)は正式なタイトル名です。何故(仮)が付くかというと…、出会っていくたくさんの女の子がガールフレンド候補で、その中からずっと運命の女の子を捜し求め続ける…というゲーム趣旨からになります。(公式ブログより引用)

好きな女の子を集めてイチャイチャウフフするゲームと思いきや、イベントでは他の男子生徒プレイヤーと殴り合いをしたり、どこからともなく現れては女子生徒を襲う変人(悪◯◯男)を殴り倒したりするなど、広告媒体などから見るイメージとはかなりかけ離れたものであるため、ゲームを始めたばかりのプレイヤーはそのギャップに噴くことも多いらしい(しかし、すぐに慣れるのだが)。

2014年10月よりアニメ放送することが決定した。

ストーリー

あの日の“君”は一体誰?
教室に届いた“君”の言葉——
“君”の声が僕の背中を押してくれた

もう一度、君の声が聞きたい

君に会いたい


君の声が僕を強くする


プレイヤーは聖櫻学園(せいおうがくえん)高等部の2年生となり、様々な女の子たちと出会いながら様々な困難を乗り越えて行く事になる。
(余談だが、聖“桜”学園>聖桜学園になると作品が変わるので注意)

ゲームシステム

システム自体はソーシャルゲームにはよくあるカードバトル系のゲームである。
プレイヤーは自身のレベルを上げつつカード(=女の子)を集め、強化し、他プレイヤーとのバトルや様々なイベントに挑んでいく。

カードのタイプは女の子のイメージごとに分かれており、「SWEET」「COOL」「POP」の3種類。
開始時に選ぶことになるプレイヤーのタイプもこの3つで、「文化系なSWEET」「理系なCOOL」「体育会系なPOP」というキャラクターになっている。
ちなみにどのタイプを選んでも全ての女の子と出会って仲良くなれるうえ、違いも微々たるものなので自分に近いタイプを選ぶと良い。
自分と違うタイプの子を好きになっても全く問題無し。どうしても後悔したくない人は攻略Wikiを参考に。
ちなみにリリース当初からプレイヤーの比率はSWEET>COOL>POPとなっている。
レアリティはN(ノーマル)からUR(ウルトラレア)までの7段階で、うちR(レア)以上のカードには女性声優によるボイスがついている。
R(レア)カードはプラチナキューピッド(1枚300コインだが各種報酬として無料で手に入れられることが多い)で大量に排出されるため戦力となるのは序盤だけで、レアとは言うもののHR進展SRカード以上が主戦力となる中級者以上のプレイヤーにとっては強化用の素材カードという扱いしか受けていない傾向にある。しかし素材に使うと主センバツカードの声援ボーナスがアップするため、素材用カードとして重宝されていることもまた事実でもある。

女の子に設定されている攻守のパラメータはこのゲームでは「応援力」と表記される。
要するに女の子を戦わせるのではなく、「君の声が僕を強くする」のフレーズの通り、女の子の声援に力をもらってプレイヤーが戦っていくという設定である。
レイドイベント中などのバトル画面をよく見てみると、プレイヤーが女の子から力をもらっているようなエフェクトがあることがわかる。
よって女の子同士が直接バトルする展開は、登校でのエリアボスとの対決時以外には無い。

登場キャラクター

五十音順。()内はCV。

SWEET


COOL


POP


その他

特別指導ガール(エール素材用カード)


チュートリアル担当

追加予定の声優



※1:弓削楓は現時点でN留まりだが、「萌えガチャ」の時点では声が付いていた。それとtwitterやGF速報では山村の名が表記されている。
※2:ガールフレンド(仮) 2014 マドンナセンバツ総選挙より。しかしR以上昇格のアナウンスは現時点でされていない。

期間限定コラボキャラ

登場順に示す。


「たすけて!マイヒーロー」ボスキャラ

2014年4月の「お花見編」よりボイスが実装された。以後、ボイス付きのもののみ記述する。


イベント

他のソーシャルゲームと同様、ガールフレンド(仮)も常に何かしらイベントを行っている。
ガールフレンド(仮)の場合、毎月ローテーションでイベントを行っている。

  • たすけて!マイヒーロー(前月末日~13日頃、通称:レイド)
次々と襲い来る悪役(悪○○男)をバッサバッサとなぎ倒していく。
上位報酬のSRがイベント中最高のコスト15であるなど、一番力が入っているイベントとも。

  • 部活対抗・勧誘バトルカップ(14日頃~18日頃、通称:対抗戦)
部活同士での対抗戦。2014年5月からのリニューアルで仕様変更があり、1日目~4日目の予選順位ごとにA~Eクラスにランク付けされ、最終日の決勝でクラス内の対戦で順位を決める。

  • お願い!ハンターズ(19日~25日頃)
5人単位でチームを組み、そのチームが複数集まった大チーム同士で「たすけて!マイヒーロー」同様の対戦を行う。ちなみにマイヒーローとは違い、迎撃する相手はかわいいキャラになっている。

  • 聖櫻学園物語(隔月26日~末日頃、通称:ふむふむ)
  • 女の子だらけの○○(隔月26日~末日頃、通称:マラソン)

お茶の間フリーザー

夜の食事の時間、お茶の間ブレイカーとして話題を呼んだCMがある。

声優さんの可愛らしい声と可愛いイラストの女の子がお茶の間を見事に凍らせてしまったのである。
更に、拍車が掛かり、オジンオズボーン篠宮暁が大喜びするCMが更にお茶の間を凍らせたのである。

「(ガールフレンド(仮)は、アメーバで、)検索、検索ぅ♪」と言う言葉も生み出した。
※但し貶している訳ではない。


そして、来る2013年12月、再びガールフレンド(仮)のCMが復活した。 何故作った…
再びお茶の間を凍らせた… かと思いきや、2種類ある内のもう一つで事件が起きた。

このCMでとあるネットスラングを生み出してしまった。
(※ファンの事を考慮して自重)
ちなみに、彼女だけではなく、あの人アレとしてネタにされつつあった。

ボーイフレンド(仮)もついに出た!

CM効果?

上記のCMと例のスラングが影響して、ガールフレンド(仮)に一大ブームが到来した。生徒数(ゲーム利用者数)は12月末の350万人から約一月で400万人、3月上旬には450万人を達成(あのモバマスをも上回る)、アプリ版のダウンロードも増加。この記事の参照数も、GFイラコン開始当初ですら2万回に届かなかったものが、1月15日に最大値となる72万回を達成した。また、各種イベントの参加人数から推計したアクティブユーザー数(1つのイベントに期間中1ポイント以上の得点をあげたユーザーをアクティブとみなした場合の人数)もCM放送前の15〜20万人から30万人超へと急増した。なお、2014年3月期のアクティブユーザー数は16~23万人台を推移しており、一時の状況と比べて落ち着いている様子である。

その一方で利用者数の急激な増加はAmebaのサーバーにダメージを与え、1月のレイドイベント内の新企画「風船王国」が中止となった他、イベント『部活対抗★勧誘バトル~ごほうびは一緒に乗馬ε=(^ー^)ノ~』でも、度重なるサーバダウン・メンテナンスの末にイベント中止と言う事態になってしまった。
最も、サーバーが落ちる現象をはじめとした不具合の発生はお世辞にも少ないとは言えなかったが、イベント自体が中止になることはなかった。

上記の通り、カードの女の子とイチャイチャするゲームと思いきや、殴り合いや変態からの救出や捕虜といったギャップについて行けず、休学する生徒も続出。その反面、各種イベントの上位ランキングのボーダーは上昇する一方で、高コストSRカードなどの上位報酬が以前よりさらに入手困難なものと化している。
聖櫻学園、恐るべし……。

関連イラスト

部活支援


文緒先輩生誕祭!!
GF(仮)自分のイチオシ!



関連企画

『〈ガールフレンド(仮)〉公式イラストコンテスト!』(2013.11.19〜2014.01.13)【終了しました】
http://www.pixiv.net/contest/girlfriendkari.php

<ガールフレンド(仮)>公式イラストコンテスト!開催



<ガールフレンド(仮)>公式イラストコンテスト!結果発表
http://www.pixiv.net/info.php?id=2234

関連タグ

Ameba ボーイフレンド(仮)
ソーシャルゲーム
2014年秋アニメ
GFイラコン

外部リンク

ガールフレンド(仮)(公式サイト)
GF速報
公式ツイッター
公式ブログ
攻略Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「ガールフレンド(仮)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11476321

コメント