ピクシブ百科事典

キシリア・ザビ

きしりあざび

「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

所属ジオン公国
役職突撃機動軍総司令官
階級少将
年齢24(TV・劇場版)、35(THE ORIGIN)
CV小山茉美(TV・劇場版等) 渡辺明乃(THE ORIGIIN)広橋涼(ガンダムさん)

概要

デギン公王の長女で、ギレンドズルの妹。金のエンブレムを付けたヘルメットとパープルを基調とした服装が特徴(このため、「ガンダムさん」ではシャア紫ババアと言うあだ名が付けられた)。

ザビ家きっての野心家であり、ギレンとは政治的に、ドズルとは軍事的に対立していた。末弟のガルマに対しては自分への忠誠心を持つようにある程度優しく接して利用していたようでもある。常に顔の下半分を覆うマスクをしている。

シャアとは、「幼い頃に遊んでやった」間柄であり、自分の懐刀として使うことを伝えている。

宇宙世紀0079年12月31日、長兄ギレンが父デギンを謀殺したことを知り、これを機に宇宙要塞ア・バオア・クーの戦いの最中に司令部でギレンを射殺。兄に代わって総司令となるが、皮肉にもそれまで優勢だった戦況がこの暗殺による指揮系統の混乱により暗転。ドロス・ドロワを始めとする基幹部隊の壊滅やデラーズ艦隊の戦線離脱等々による防衛線の崩壊を契機としてジオン軍の敗色が濃厚となる。戦局が絶望的となった時点で、ザンジバル級機動巡洋艦で脱出を図るが、発進寸前にシャアがブリッジに向けて放ったバズーカの直撃によって死亡。

一年戦争終結当時、キシリアの死をもってザビ家の血筋は絶えたと思われたため、ザビ家とジオン公国は完全に崩壊したと見られた。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」版

キシリア様のちっちゃい頃キターーーー!


ジオン黎明期から政争に明け暮れた冷酷非情な野心家でありアニメ版以上の悪役。ザビ家の関わったあらゆる陰謀の黒幕的存在として描かれている。次兄サスロの暗殺への関与を示唆されている。
ジオン・ズム・ダイクン死後、ラル家に匿われていた当時十一歳のキャスバルの力量を図るため彼を脅すが、脅しにも屈しなかったどころか恫喝までしてきたキャスバルを「キャスバル恐るべき」と評し、ザビ家の今後に脅威になるとギレンに進言し、地球に彼らが亡命した後も監視を命じていた。
その為、キャスバル・レム・ダイクン(当時エドワウ・マスを名乗る)がテキサスコロニーを出ようとした時は、暗殺の為に無関係な乗客を巻き添えにして宇宙船を爆破(ただしキャスバルは同乗していたシャア・アズナブルと出港直前に入れ替わり無事で、以降赤い彗星として知られる「シャア・アズナブル」として活動を始める)

「シャア・セイラ編」の頃は髪が短く両側に跳ね上がっているなど容姿が若干異なっており、マスクも付けず堂々と行動し、「ルウム編」からアニメ版のスタイル(手袋が黒になるなど若干の変更あり)になっている。

公式ガイドブックⅡでは、赤い彗星シャアことキャスバル・ダイクンが生まれた時のエピソードが描かれたが、関連イラストのように、まさかの公式萌え(ちょっとクールでツン系は入ってるが)少女化、どうしてこうなった
作中では父親がキシリアを抱えたまま連邦捜査官を自ら銃を取って射殺。20数年後には非常に残念な事になってるのは、こんな事を目の当たりにしてきたからかも知れない。

関連イラスト


関連タグ

機動戦士ガンダム
デギン・ソド・ザビ ギレン・ザビ サスロ・ザビ ドズル・ザビ ガルマ・ザビ ミネバ・ラオ・ザビ 紫ババア

pixivに投稿された作品 pixivで「キシリア・ザビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83130

コメント