ピクシブ百科事典

キハ20系

きはにじゅっけい

国鉄が製造した一般型気動車の一つ
目次[非表示]

国鉄が1957年から設計・新製した気動車の系列グループ。

なお、正式に定められた系列ではなく、同一設計思想のもとに新製された車両とその改造車を総称したものである。

国鉄のほか、小湊鉄道島原鉄道などが同型車両を独自に新製した。

主な形式

キハ20

暖地向け両運転台車。ベース形式である。両運転台であることが幸いしてJRにも継承されたが老朽化のためにすぐに置き換えられ、1991年のJR西日本での廃車を最後にJRからは消滅した。現在でもひたちなか海浜鉄道水島臨海鉄道で活躍している。

キハ25

暖地向け片運転台車。JRには継承されず、1987年までに全廃。

キハ21

寒地(北海道・東北)向け両運転台車。しかしキハ20初期車のバス窓を二重窓にしただけでデッキも無く、保温性に問題があったためキハ22に取って代えられることとなった。

キハ22

寒地向け両運転台車。前述のキハ21の反省から、側窓は小型の二重窓とされ、デッキも設置されたため側扉の位置が運転台のすぐ後ろになった。そのアコモデーションから、北海道では急行にも使用された。1995年のJR北海道での廃車を最後に消滅。

北見神威岬



キハユニ26

暖地向け旅客・郵便・荷物の合造車。当時の国鉄は郵便・小荷物も扱っていたためこのような形式も存在していた。1986年に国鉄が郵便・小荷物の扱いを廃止すると用途を失い、全廃となった。

【Nゲージ】キハユニ21型気動車【LOCAL-SEN】



キハユニ25

寒地向け合造車。基本的にはキハ21同様側窓は二重化されたバス窓だが、1両のみキハ22に準じた小窓仕様も存在していた。

キハ52

暖地勾配線区向け両運転台車。エンジン2台搭載。最も遅くまでJR線上で運用されたが、2010年3月にJR西日本大糸線を最後に引退したが、そのうちの1両がいすみ鉄道に譲渡され観光列車として活躍している。

ありがとキハ52



関連タグ

気動車 キハ40系 キハ58系
キハ20 キハ25 キハ21 キハ22 キハユニ26 キハユニ25 キハ52

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ20系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9492

コメント