ピクシブ百科事典

キハ85系

きははちじゅうごけい

キハ85系は鉄道車両の系列の一つ。JR東海の特急形気動車(メイン画像)。
目次[非表示]

鉄道車両の系列の一つであり、pixivにおいてはJR東海の運用するJR東海キハ85系気動車をさす。

JR東海 キハ85系

 JR東海が当時、非電化路線をキハ80系で運行していた特急ひだ」(高山本線)および「南紀」(紀勢本線伊勢鉄道などを経由する特急)の置換および高速化を目的として設計・新製した特急形気動車1989年2月より営業運転を開始した。同社が新製した初の在来線車両でもある。
 軽量ステンレス車体の採用、「ワイドビュー」の呼称のもとでもある客室窓の大型化、戦後国鉄JR気動車としては初(私鉄においては採用実績は存在する)の外国(アメリカ・カミンズ社)製ディーゼルエンジン搭載(なおJR東海はこのエンジンが気に入ったらしく、作成する気動車にこれと同系列のエンジンを搭載している)等が特徴である。
 2015年現在、主として「ひだ」「南紀」両列車に運用されている。また、お召し列車としての運用実績も存在する。

車種

先頭車は85、中間車は84の番号を使用。番台区分は定員の違いによるもの。

  • キロ85形:全室グリーン席の先頭車。非貫通型。グリーン席は3列シート。
  • キハ85形0番台:全室普通席の先頭車。非貫通型。
  • キハ85形1100番台:全室普通席の先頭車。貫通型。
  • キハ85形200・1200番台:全室普通席の先頭車。貫通型。
  • キロハ84形:グリーン席・普通席の合造中間車。グリーン席は4列シート。
  • キハ84形0番台:全室普通席の中間車。
  • キハ84形200番台:全室普通席の中間車。
  • キハ84形300番台:全室普通席の中間車。

余談

  • この車両は通常運用で紀勢本線新宮-紀伊勝浦間や(1往復のみ)東海道本線琵琶湖線/JR京都線)岐阜-大阪駅間など電化された区間を走行する。また、臨時運用で電化区間を走行した記録も存在する。
  • 配属路線(主に紀勢本線)の線路内に鹿などの動物が迷い込んできて汽笛を鳴らしても逃げていかず、しかも非常ブレーキをかけても距離が近すぎるため衝突してしまい、車両の損傷やそれに伴う列車の遅延などの事故が増えつつある。そのため線路に近づかないような対策を立てているものの効果がないため、ごついクッションのような物を排障器に取り付け鹿を車両下に巻き込まないように撥ね除けてなおかつ車両の損傷も防ぐ「鹿よけバンパー」が装着されることとなり、成績が優秀であったためこのバンパーは普通車両にも採用されている。


名鉄キハ8500系

名鉄も、かつてキハ85系に準じた性能の特急型気動車キハ8500系を5両導入、「北アルプス」として運行し、美濃太田駅でキハ85系「ひだ」と連結して高山まで運行されたこともある。
 後に「北アルプス」は廃止され、キハ8500系は会津鉄道に渡る事となったが、運用の違いにより寿命が早まり平成23年に遂に全廃となってしまった(その後2両は那珂川清流鉄道保存会(外部リンク)にて動態保存、2両は福島県にて静態保存の後、2015年にマレーシアへ輸出)。

関連イラスト

85DC TWO FACE



関連タグ

キハ80系 キハ8500系 8500系
371系 373系
キハ11 キハ25 キハ75
高山本線 紀勢本線 伊勢鉄道

参照

wikipediaJR東海キハ85系気動車

その他のキハ85

 かつて特定地方交通線であった大畑線を引き受けた下北交通キハ223両を譲り受け、トイレ撤去およびワンマン化したものをこの番号をつけた(1985年に導入した形式のため)。大畑線が平成13年に廃線となると、有志の手で動態保存されていたが、現在では1両確実に静態保存に移行、1両が国鉄色に戻され動態保存であるとされる(なおほかの一両は保存されているが状況不明)。

参照

wikipedia下北交通キハ85形気動車
大畑線キハ85動態保存会

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ85系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8862

コメント