ピクシブ百科事典

キマイラ

きまいら

キマイラ(Chimaira)とは、ギリシャ神話に登場する怪物である。
目次[非表示]

概要

魔神テュポーンと半人半蛇の怪物エキドナとの間に生まれた異形の獣。
獅子山羊(または)を組み合わせた姿をしているとされ(これら3つの頭を持つとも)、巨大で力が強く脚も速く、口から火を吹くという。
リュキア(現在のトルコ南西部)を根城として近辺を荒らし回っていたが、天馬ペガソス(ペガサス)を駆る英雄ベレロポーンにより退治された。

絵画や彫刻では雄獅子の頭を持った姿で描かれるため判りにくいが、実は雌である。
ヘシオドスの『神統記』には、兄のオルトス(オルトロス)との近親相姦でスピンクス(スフィンクス)と「ネメアの獅子」の2体の怪物を産んだと記されている。

元々はヒッタイトの神話で季節を表す聖獣だったものが、ギリシャ神話に取り込まれて怪物になったと言われている。
他にも、リュキアにあった火山から着想を得たとする説(大プリニウス『博物誌』など)や、冬の寒気(ギリシャ語で「ケイマ(cheima)」)を怪物に見立てたとする説もある。

ラテン語では「キマエラ(Chimaera)」、英語では「カイメラ(Chimera)」、フランス語では「シメール(Chimère)」と呼ばれる。

創作物におけるキマイラ

現代の創作物では主に敵のモンスターとして登場し、本項目のメイン画像のように「雄獅子・山羊・ドラゴンの3つの頭、ドラゴンの翼、蛇の尾を持った姿」で描かれることが多い。
しかし元々の神話では「ドラゴンの頭と翼」に関する記述は見られず、一般的に知られるこの姿はTRPGの元祖たる『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の製作スタッフによる創作である。
(ちなみにギリシャ神話における「竜(drakōn)」はあくまで「巨大な蛇」であり、いわゆる「ドラゴン」とは異なる)

元が有名な神話の怪物ということもあってか、強敵として扱われる傾向が強い。
作品によっては様々な魔法を操ったり翼で空を飛んだり、それぞれの頭が別々に行動したりと、元ネタ以上に厄介な存在になっているケースも少なくない。

また、彼女の名が転訛した「キメラ(chimera)」の語は、合成生物全般を指す表現としても用いられる(詳細や実例はリンク先を参照)。

関連イラスト

キメラ
キマイラ


キマイラ
がおー



関連タグ

ギリシャ神話 テュポーン エキドナ キメラ
モンスター クリーチャー 怪物 魔物 魔獣 聖獣 神獣 幻獣
マンティコア 

きゅうきょくキマイラ キマイラ(デュエル・マスターズ) ビーストキマイラ キマイラ(神話怪人)

pixivに投稿された作品 pixivで「キマイラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 406875

コメント