ピクシブ百科事典

キャスター(Fate)

きゃすたー

ゲーム『Fate』シリーズにおける魔術師の英霊。
目次[非表示]

概要

魔術師(Caster)の英霊。
他のサーヴァントと違って魔術を得意としており、魔術師としては聖杯戦争中最強。中には神代の魔術を扱うものもいる。
だが半面、同じ魔術師という点でマスターと役が被っており、加えて他のサーヴァントに対しては白兵戦能力で大きく劣るものが多い。
特に三大騎士クラス(セイバー、アーチャー、ランサー)は、固有スキルとして高い対魔力能力を有しているため、ことサーヴァント戦に関しては完全にアウェーである。その為、ハズレ扱いされることもしばしば。

その真価は自陣での防衛戦や強力な魔術、高い魔力、そして古の権謀術数の数々を利用した謀略戦にあり、戦術的なサーヴァント戦よりも戦略的な行動に適したクラスである。
またマジックアイテムの制作やマスターの強化など、マスターの支援に関しては他のクラスよりも優秀であり、必然的にマスターとの連携が求められる。
そのせいか、他のクラスに比べてマスターと仲の良い者が多い傾向が見られるクラスでもある。

劇作家・童話作家・哲学者など、文化や文学に貢献した人物、時には「文学そのもの」までもこのクラスに割り当てられることもあり、シリーズ全体での比率的には生粋の魔術師ではない者の方が多かったりする。
しかし英語のCasterには「配役者(=Castする人)」の意味もあるため、それなりに的を射たクラス名とも言える。

Fate/stay night

キャスターさん



夜の冬木で暗躍するいかにも魔女然とした女性。

詳しくはキャスター(Fate/staynight)を参照。

Fate/Zero

無垢なる男


儀式のためにマスターと共に児童誘拐殺人などの凶行を行うカエル顔(インスマウス)の男。
彼が狂気に走った原因は一説には戦友のジャンヌ・ダルク魔女として処刑されたためだとされている(某氏繋がりのある作品において、その辺りの詳しい事情が語られそうな気配も…)が、本作ではこの説が取り入れられており、ジャンヌ(及び彼女に似ていたらしいセイバー)に異常な執着を示している。
詳しくはこの記事を参照。

Fate/EXTRA

EXTRAにはキャスターがプレイヤー側と敵側の計2人存在する。

プレイヤーのキャスター

キャス狐



ピンク色の髪に狐耳と尻尾、独特の形状をした青い和服のサーヴァント。通称「キャス狐」。

「ご主人様絶対主義」を標榜し、ノリが軽いながらも深い愛情と忠誠を見せてくれる。
時にメタ的な言動すら行うそのはっちゃけた性格は「コハッキー」とも表現される。
主人公以外に対しては同じノリのまま毒のある台詞を吐き、冷淡で非情な一面を見せることも。

詳しくはキャス狐を参照。

敵のキャスター

永久機関・少女帝国



3回戦の相手。始めは双子のマスターと思われていたが、実は黒いアリスの正体はマスターであるありすの姿を真似たサーヴァントであった。
詳しくはアリス(Fate/EXTRA)を参照。

Fate/EXTRA-CCC

傑作だな、馬鹿め!



見た目は子供、中身は大人。口を開けば罵詈雑言ばかりだが、その人物の核心を突く言葉でもある。

詳しくはキャスター(Fate/EXTRA-CCC)を参照。

Fate/strange fake

  • 真名:アレクサンドル・デュマ(大デュマ)

スノーフィールド警察署の署長が召喚したサーヴァント。三銃士などの作品で知られるフランスの小説家。正式な魔術師ではない。
彼自身は戦闘能力のない作家だったが、特殊能力を持ったサーヴァントとして召喚された。その能力は「原典よりも強力な宝具の贋作を作る」というもので、生前盗作疑惑がかかったときに「本物より俺の方がおもしれぇだろ?」と開き直ったことに由来する。
衛宮士郎の投影と似ているが、こちらは一つ一つ作るのに「昇華」と呼ばれるアレンジ作業が必要な代わりに本物より強力で、かつ誰でも扱える。

彼自身は全く戦えないため、マスターは自分の部下たちにこれらの宝具を持たせ、他のサーヴァントを倒そうと目論んでいる。デュマ自身には聖杯への願いは特になく、聖杯戦争に集まってきた人々が繰り広げるドラマを見たがっている。

Fate/Apocrypha

赤陣営と黒陣営にそれぞれ一人ずついる。

赤陣営

  • 真名:ウィリアム・シェイクスピア

詳しくはシェイクスピア(Fate)を参照。

黒陣営

  • 真名:アヴィケブロン

ユグドミレニア一族の少年魔術師、ロシェによって召喚された「黒」陣営のサーヴァント。
青いマントとボディースーツを身に纏い、目も口もない仮面で顔を隠している。
スペインのユダヤ教徒哲学者で、一般的には「ソロモン・イブン・ガビーロール」という名の方が有名だが、イスラエルの王と被るのでマイナーな方の名前になっているのかもしれない。
「カバラ」という言葉の生みの親とされ、後の世のカバラ思想に大きな影響を与えた。

陣地作成スキルによって作られた工場から大量のゴーレムを作成することができ、黒陣営のリーダーであるランサーからも重宝されている様子。生前のアヴィケブロンは自作した女性型のゴーレムを召使いとして仕えさせ、国王の前で分解・再構築をして見せたとされており、こういった逸話が宝具の能力に関連していると思われる。メイドロボの概念を作った人物、とも言えるだろうか。
マスターであるロシェからは、「先生」と呼ばれ慕われており、マスターというよりも助手のような関係を築いている。

宝具はAランクの対軍宝具「王冠・叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト)」。
特製のゴーレムだと思われるが詳細は不明。来るべき決戦に向けて製作が進められている。

関連タグ

Fate Fate/staynight Fate/Zero
Fate/EXTRA Fate/EXTRA-CCC
Fate/Apocrypha Fate/strangefake キャスター

文豪ストレイドッグス … ある意味、「全員キャスター(兼マスター)のApocrypha」。角川繋がりで何がしかのコラボがあるのか、ひょっとして某菌類自身がキャラとして出演したりするのか…。

pixivに投稿された作品 pixivで「キャスター(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3080

コメント