ピクシブ百科事典

キャプション小説

きゃぷしょんしょうせつ

キャプション芸の一種で小説形式のもの。

このタグがつけられた場合、キャプションが小説となり、イラスト挿絵になっている。
 この形式は2008年に現存する(2014年、記事加筆現在)作品が初めて投稿された。

 この形式をとる場合、3000文字の文字数制限があるため、そこをいかに読みやすくするかもまた書き手の腕の見せ所である。
 また、マンガビューア形式を利用して「クッションにする」「何かを仕込む」ことも可能である。
 長編の場合、複数に分割して投稿することになる(イラストもそれだけ必要になる)。

 画像に文字を書き込んだピクシ文庫に比べ軽く、テキストの一部をコピーして検索出来るなどのメリットもある。

 この形式は小説投稿機能が使用できるようになった2010年以降においても、イラストを主体とした短編小説において用いられる。

関連タグ

キャプション キャプション芸 ピクシ文庫 小説投稿機能 
挿絵 小説 SS

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプション小説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2235932

コメント