ピクシブ百科事典

キリト

きりと

キリトとは、「ソードアート・オンライン」(電撃文庫刊)の主人公。
目次[非表示]

表記揺れ


概要

声:松岡禎丞

VRMMORPG《ソードアート・オンライン》に囚われた約1万人のプレイヤーのひとり。黒い髪に黒い瞳、さらに黒い服を好んで着用することから《黒の剣士》の別名を持つ。
少女と見まがう線の細い顔立ちとは裏腹に態度は飄々としていて、出会った人々に「掴み所がない」「年齢不詳」という印象を与えている。
自身の生い立ちや過去のトラウマから他者との関わりを避けて生きてはいるが本来の彼は情に厚い性格であり、理解者は少なくない。
自他共に認めるコアゲーマー。反射神経や洞察力に優れており、これらの要素が彼をトッププレイヤーへと押し上げた。


以下各章のネタバレを含みますので閲覧には注意して下さい















原作

SAO編

黒の剣士


アインクラッドの解放を目指すトッププレイヤー集団《攻略組》のひとり。
SAOでは珍しいソロプレイヤー。戦闘スタイルは盾なしの《片手剣》。敏捷寄りのダメージディーラーであり、殺られる前に殺るタイプといえる。βテスト出身で製品版SAOにダイブしたことでデスゲームに巻き込まれた。
全プレイヤー中最高の反応速度を持ち、その事からユニークスキル《二刀流》の所持者に選ばれている。
使用武器は50層フロアボスのLAボーナスである黒い片手剣《エリュシデータ》。《二刀流》を使用する際にはリズベットの製作した水色の剣《ダークリパルサー》も使用する(設定上は片手剣の際も武器の耐久値に合わせて使い分けている模様)。
アスナとはSAO内で知り合い、やがて互いに想いを通わせ「結婚」、現実への帰還後には恋人同士となった。
ヒースクリフの正体とその思惑を見抜き、デスゲームをクリアしたことで、二つ名の「黒の剣士」は英雄として広まるようになる。
電撃文庫FIGHTINGCLIMAX」ではこの姿でプレイヤーキャラとして登場する。

ALO編

スプリガンのキリトくん


エギルからもたらされた情報を手がかりに囚われの明日奈を救うため、ALOにダイブする。
種族はスプリガン。アバターは黒髪・黒瞳は現実と共通だが、逆立った髪型と妖精の耳や翅、肌がやや色黒なところが異なる。
SAOから引き継がれていたスキル、2年の間に培った驚異的な反応速度や剣技を以て、初心者ながら最強格のプレイヤーすら凌駕する戦闘力を持っている。そのステータスを活かし、ノーム等のパワー型アバターが使うような大剣を片手で軽々と使いこなす。
この大剣は長らく名称が不明だったが、ALOを舞台にしたロストソングにて《ブラックプレート》という正式名称が与えられた(スマホ版やHFでは「黒の両手剣」となっている)。

「フェアリィ・ダンス」編終了後は彼なりのけじめとしてパラメータを初期化、一から鍛え直している。また、ユイの希望(座りにくいとのこと)により、逆立った髪を元に戻している。新生ALOでは純粋にゲームを楽しんでいたが、キャリバー編にてカーディナルシステムの一人歩きと運営の年末休みが重なり、ALO消滅の危機が発生。これに立ち向かうことになった。
ステータスリセット後の武器は黒の片手剣《ユナイティウォークス》。かつてのエリュシデータの面影を持つ、無骨な黒い片手剣。二刀流解禁時にはやはりかつてのダークリパルサーを思い起こさせる青みがかった濃緑色の刀身を持つ《ディバイネーション》を追加装備する。
スマホ版などでは上記の名称で通されているが、ロストソングにおける原作装備入手クエストでは名称が「ロールラウンダー」、「フォロドゥネーション」及び「フェイトリレイター」に変更されている。

「マザーズ・ロザリオ」編では主役ではないものの、身を挺して巨大ギルドの軍勢を抑えるなどアスナをナイスアシストするイケメン振りを見せた。その際にはキャリバー編で手に入れた聖剣の中の聖剣、金色の刀身を持つ《エクスキャリバー》を使用した。

GGO編

SAOのキリト君は女顔だったよー


「死銃」事件の調査のためGGOにダイブする。慣れない銃火器を用いた戦闘に戸惑いつつも、持ち前の反射神経とSAOで培った経験・技術を活かし、「光剣(フォトン・ソード)」で銃弾をガードしつつ白兵戦に持ち込むという戦法を取る。
アバターの容姿は女性と見紛う姿。この姿により生じた勘違いからシノンに激怒された。
武器は《光剣カゲミツG4》のほかに、牽制用として《ファイブセブン》を使用。

時雨沢氏による外伝、SAOオルタナティブでは主人公のレンP90を使用するが、電撃大王で連載されていたガンスリンガーガールの主役ペア・ジョゼヘンリエッタの武装もファイブセブンとP90であり、電撃ファンならにやりと出来るかもしれない。

アリシゼーション編

Alicization Turning


【人界編(文庫9~14巻)】
新型フルダイブ機器「ソウル・トランスレーター(STL)」モニターのバイトを行っていたある日、GGO編での騒動後に唯一逃げ延びていた「死銃」事件の関係者に襲われ、薬剤を打たれ意識不明となる。
その後誰かの手によってSTLにダイブさせられ、STL内の仮想世界『アンダーワールド』で目覚める。
NPCとは思えない程に人に近い心を持った人々、何故か存在している「ソードスキル」、ログアウト不能などの様々な謎や苦難に見舞われながら、知り合った少年ユージオと共に央都セントリアを目指す。
旅の果てに人界の支配者アドミニストレータを倒し、現実世界とのコンタクトに成功する。だが、そこで起きたとある事故の影響で精神を喪失してしまう。
今回は今までのストーリーと違い、キリトも初期レベルからのスタートとなっている。
【アンダーワールド大戦(文庫15巻~)】
事故の影響で精神を喪失し、廃人同然の状態となったままアリスの庇護下に置かれている。

リアル

桐ヶ谷和人

無題


仮想世界に魅せられた少年。SAO開始時では14歳、クリア時(文庫1巻時点)16歳。
埼玉県川越市で母親と妹との3人暮らし(父親は海外に単身赴任中)。
物心つく前に事故で両親を亡くし、実母の妹夫婦である桐ヶ谷家の養子として育った。その事実を10歳の頃に偶然知ってしまった事で他人との距離感が狂い、いつしかネットゲームに耽溺するようになった。しかし、SAOをはじめとする仮想世界での経験を経てその感情に整理をつけ、現在家族とは友好な関係を築いている。
パソコンに関する能力は非常に高く、6歳から自作マシンを組み立て、10歳の頃には住基ネットの抹消記録に自分で気づいて両親を驚かせた。ゲームの才能は茅場晶彦をして最強と言わしめたが、彼自身は「ゲームが上手いだけの子供」というやや自虐的な評価を下している。
体格的には元々痩せ気味であったが、デスゲームに囚われていた間寝たきりであったためますます肉が落ち、生還してから1年以上経っても身体に筋肉などが付いていない。
元々は茅場晶彦に対して強い憧れを抱いていたが、その感情はデスゲームに囚われた事で憎しみと共感の入り混じった複雑なものとなっている。

ゲーム版の時間軸

75層でのヒースクリフとの決闘中、SAOを司るカーディナルシステムに致命的なシステムエラーが発生。ゲームクリアが成立しなかったことで展開は原作から大きく分岐し、一部のヒロインの運命や社会情勢に至っては大きくその状況を変えることになる。キリト自身は(プレイヤーが妙な真似をしない限りは)影響が少なく、原作同様に他のプレイヤーを手助けするポジションに回る事が多い。

インフィニティ・モーメント(階層攻略編)

ゲームクリアがならず、更にシステムエラーで心の折れかかった攻略組プレイヤーたちを激励。これまでに出会った仲間が集結し、新たな仲間と共に改めて100層を目指してアインクラッドを踏破してゆくことになる。
76層に新たに開かれたエギルの宿を拠点に仲間達と過ごしており、ソロプレイヤーからはもはや完全に卒業している。身分上は原作終盤からそのまま血盟騎士団預かりになっているが、従来のメンバーへの配慮からギルドの運営には一切関わらず形式的なものに留まっている。
最終盤、本性を現したアルベリヒと対峙してその計画を未然に阻止。その後ストレアを救出し、カーディナルシステムを正常化すると共に今度こそゲームクリアに成功する。しかし、キリト本人は自身の気持ちに決着をつけるためにプレイヤー達をログアウトさせようとするヒースクリフに改めて真のラストバトルを挑み、これに勝利。後腐れなく現実世界へと帰還した。
HFでは条件を満たすと追加イベントが発生し、崩落中のアインクラッドへ転移してきたユウキとの手合わせが発生。原作ではアスナと夕日を眺めた場所で、全盛期の黒の剣士と絶剣の対決が実現することになる。EDではダイシーカフェで打ち上げが行われ、リーファの誘いからALOへと移住することになる。

ソードアート・オンライン インフィニティ・モーメント


本作では大人の事情により黒コートではなく黒ジャケットを着用。原作の黒コートのみ、は2周目から使用可能となる。ヒロインにはデフォルトの装備に加えて攻撃・防御・バフに特化した専用防具が3種類用意されているが、キリト専用装備の「カオスアーマー」「デュエルジャケット」「オーダークロス」、及びそのセット品が同様の傾向を持っている。また、ゲーム上では二刀流以外の武器も装備できるため、「盾とフルプレートに身を固めて斧を振り回すキリト」「武者鎧と刀でお侍になったキリト」も見ることが可能である。

ホロウ・フラグメント(ホロウ・エリア編)

インフィニティ・モーメント開始から一ヶ月後、2024年の12月に起きた出来事。突然未知のエリアに飛ばされたキリトはその場に現れたオレンジプレイヤーの少女・フィリアと遭遇。交戦するも、その場に現れたホロウリーパー(実際はホロウデッドニングリーパーという別のモンスター)の襲撃によって成り行きで共闘することになる。フィリアと和解したキリトはアインクラッドとホロウ・エリアを行き来しながらこのエリアを探索してゆくことになるが、その先に待ち受けていたのは行方をくらませたはずのあの男だった。
本作では大人の事情が解消されたことで前作から原作仕様を含むコート状の防具が大量に追加。新規ムービーでも原作同様の黒いコートを着用している。ヒロインに特化装備に続きコンプリート装備が追加されたが、キリトも新たな専用装備「マスターズアーマー」がこれに相当するといえる。
また、血盟騎士団仕様の白いコート(アニメに登場したものとは異なる)が複数追加され、中には白コートに至っては最終装備候補まであるためめキリト的にはたまったものではないかもしれない。プロダクトコード限定だがGGO版のキリトまで白くなる始末である。形式上血盟騎士団のメンバーなので、着用することには何の問題もないのだが…。

ロスト・ソング

アニメ準拠の容姿で登場。SAOから解放され思う存分にゲームを楽しんでおり、やがてゲーマーとしての意地と矜持を掛けて美少女天才科学者と激突することになる。原作7巻に相当するイベントではユウキとアスナの仲を取り持つなど出番が増えた。猫耳をつけさせられそうになるイベントなど女難の相あり。ユウキにも度々軽く釘を刺されるなど、自業自得と言えなくもない
原作ALOでの衣装の他に、黒地に緑ラインのオリジナル衣装やGE2のジュリウスのコスプレを着用する。使用可能武器は二刀流・片手剣・両手剣とキッチリと原作を再現している。黒の両手剣改めブラック・プレートは種別が片手剣に変更され、「フェアリィ・ダンス」編におけるスウィープセイバーとの二刀流を再現可能。

客演

アクセル・ワールド

アクセル・ワールド』の原作小説10巻および漫画版の5巻ではなんと、アインクラッドの時の黒の剣士Verで特別ゲストとして登場しシルバー・クロウとの次元を超えた対決が実現。これは、2人が登場する2つの作品が共に原作者が川原礫であるからかもしれない。また、両作品には共通する設定も複数登場することから同一世界観、パラレルワールドの関係にあることが推測される。
ちなみにシルバー・クロウによれば、黒の印象が大きい彼の存在は黒雪姫に似てるようだ。


電撃文庫FIGHTINGCLIMAX

数少ない男性プレイヤーキャラの1人として、SAO編のアバターの姿で登場する。
バトルスタイルは漆黒のロングソード・エリュシデータを駆使して戦う。
飛び道具系技が無いインファイタータイプだが、切り札の『二刀流』を使う事で、全キャラでもトップクラスのコンボ数を誇る。
また、アスナと戦う前の専用台詞として何でここにいるのか戸惑い、シャナとの専用台詞では彼女の持つ『贄殿遮那』をレアアイテムと勘違いして勝てば手には入れるのかと思ったところで彼女から「ゲームと一緒にしないで」とツッコまれ、家庭用版・Ver1.30で追加された雪菜との専用セリフではシャナと同じようにレアアイテムと勘違いして雪菜からは「変態さんが現れたようですね」と呆れられている。なお、続編 IGNITONではアスナと戦う前の専用台詞は「負けたほうが昼飯の奢り」に差し替えられている。

赤光の剣士

アニメ版で絵がついて以降、ゲーム版を中心に白地に赤の血盟騎士団仕様の白キリトを目にする機会が増えてきたが、こちらは普段の《黒の剣士》に対してコードレジスタにて《赤光の剣士》の称号が付けられている。

関連イラスト

無題
黒の剣士


黒の剣士
[kirito]



関連タグ

ソードアート・オンライン SAO 
アスナ リーファ シリカ リズベット シノン
クライン エギル ユージオ
一級フラグ建築士 男の娘キリト
キリアス
二刀流
シルバー・クロウ

pixivに投稿された作品 pixivで「キリト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23858502

コメント