ピクシブ百科事典

キングギドラ

きんぐぎどら

ゴジラシリーズに登場する怪獣。
目次[非表示]

概要

初登場は『三大怪獣 地球最大の決戦』(東宝:1964)
金色の体に3本の首、生き物とは思えない電子音の様な鳴き声が宇宙怪獣(=地球外生命体)という特性を表している。
ゴジラモスラに次ぐ登場回数を誇り、幾度となく地球怪獣を苦しめた。
ゴジラ最大のライバルとの呼び声も高く、国内外で高い人気を誇る。

昭和シリーズでは、宇宙からやって来た強大な悪役を演じることが多く、専ら敵方の代表的な役割を担う。
平成VSシリーズミレニアムシリーズでは、23世紀の改造生物や、古来から日本に眠っていた神霊的聖獣として描かれることもあり、バリエーション豊かな怪獣と言える。

キングギドラの最大の欠点は、金星の高度文明を3日間で滅ぼすだけでなく、自ら東京を一気に破壊出来るほど強い割に、簡単に操られるほど知能が低い事である。キングギドラを操るのは、X星人キラアク星人M宇宙ハンター星雲人、ガロガ、23世紀人、エミー・カノーが該当(とはいえ、操られやすい怪獣は他にも複数存在するのでキングギドラに限った訳ではないが)。

ゴジラシリーズのみならず、平成モスラシリーズにおいても、モスラ最大の敵として出演しており、東宝特撮全体におけるラスボスキャラとしての立ち位置を担っていることが伺える。

特徴

三つ首黄金竜
イラスト集掲載イラスト「キングギドラ/畏怖」



黄金の鱗に覆われた体、腕の代わりに巨大な1対の翼、2本の尾、そして3本の首を持つ。細部の違いは多々あるがこのような3つ首の竜を思わせる形質がキングギドラ各個体に共通して見られる。
3つの首をそれぞれワイヤー操演しつつ歩き回るという荒業によって表現された。

キングギドラは引力重力斥力反重力を自由自在に操る重力制御能力を持っており、この能力を利用したものとして三つの口から吐く引力光線がある。
この光線は対象の身体構造の内側と外側を引力や重力を使って弄る事によって水爆にすら耐える頑丈な皮膚でもダメージを与える強力無比の武器となる。
グランドギドラやカイザーギドラは反重力も光線化させて武器にしている。
他にも、身長より少し大きい程度の翼長の両翼でも重力制御能力で垂直離陸も可能にしており、一部の個体にはバリアを展開するものもいる。
この能力を維持する為に隕石彗星、宇宙線どころかマイクロブラックホールといった宇宙に存在するエネルギーを活動源としている。

ちなみに、当初はこんな色になる予定だった。

キングギドラNGカラー版
地球最大の決戦



昭和版

三大怪獣 地球最大の決戦」から登場。金星の高度文明を3日間で滅ぼし、地球へと飛来した。
隕石に擬態していたが大気圏中で爆発、その炎がギドラの形となって現れるという出現方法を披露した。
同作では、ゴジラ・ラドン・モスラにリンチされて宇宙へ逃げ帰ったが、以降度々ゴジラ達の前に宿敵として現れる。

身長100mと、すでに、50mのゴジラやラドンの2倍もあり、当時、東宝怪獣の中では、2番目に大きい怪獣であった。(ちなみに1番大きいのは、全長150m(当時)のマンダである。)

TV作品「流星人間ゾーン」にて「宇宙超恐獣」としてゲスト出演するまで、同一の着ぐるみによって10年に渡って活躍した。ちなみに戦闘によって負傷して撤退はしたものの、死んではいない。

データ

別名宇宙超怪獣
身長100メートル
翼長150メートル
体重3万トン
飛行速度大気圏内ではマッハ3・宇宙空間ではマッハ400
特徴と三日月状の



戦歴

三大怪獣 地球最大の決戦

初登場。黒部谷に落下した隕石から登場し、東京を壊滅状態にした。富士山の裾野でモスラ幼虫を追い詰めるも、その姿を見たゴジラとラドンが加勢。さすがに3対1の戦いには勝てず、宇宙に逃げ帰っていった。ここからキングギドラの受難は始まったと言っても過言ではない

ちなみに、この作品はキングギドラ初登場にして、ゴジラシリーズにおける悪役としては、キングギドラが唯一自分自身の意思で行動している映画でもある。

怪獣大戦争

「怪物0」としてX星で暴れるも、地球から運ばれたゴジラとラドンに追いやられる。しかしこれはX星人の罠であり、ゴジラとラドン共々操られて地球で暴れまわる。人類側の活躍もあってコントロールから解放された後は、ゴジラとラドンのコンビ相手に再び宇宙に逃げ帰っていった。

この作品では、前作では知られていなかった、キングギドラの最大の欠点を見破られてしまった

怪獣総進撃

キングギドラの災難っぷりが極まった作品。キラアク星人の切り札として、コントロールが切れた10もの地球怪獣達を相手に立ち向かう。最初こそ怪獣達を圧倒していたものの、さすがに10体の地球怪獣達の集団リンチには勝てず、撤退するスキも与えられないまま絶命してしまう。背後から蹴りを食らい、首を踏まれ、血反吐を吐きながらひたすらゴジラ達にボコボコにされる様子はもはやイジメである。

キングギドラが一体何をしたというんだ…

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン

M宇宙ハンター星雲人に操られ、ガイガンの相棒として登場。ゴジラ&アンギラス相手に善戦し、あと一歩まで追い詰めたところで、ゴジラに体当たりをかわされぶつかってきたガイガンに引力光線を誤射。ガイガンと内輪揉めを起こしたところをゴジラ&アンギラスの連携で逆襲されてしまう。羽交い絞めにされて散々な目にあい、ガイガン共々敗北。宇宙に逃げ帰っていった。

この作品に出てくるギドラは2代目と言われているが、「怪獣総進撃」は未来の出来事という設定であるため、フルボッコにされる前の初代ギドラという解釈もされている。

総評

このように、昭和ギドラはほとんど1対複数という劣勢っぷりであり、ライバルであるはずのゴジラとサシの勝負をすることはほとんど無かった。しかも全ての勝負にて敗北している。裏を返せば、オオカミが単独ではシカを仕留められないように、ゴジラでさえタイマンでは勝ち目が薄いほどの強さを持った怪獣なのだという事でもあるのだが、ギドラが最大の欠点を克服出来ない限りは…


平成版

ワレワレノカイジュヲゴジラトタタカワセロ!


画像の左。

データ

別名超ドラゴン怪獣
身長140メートル
体高50メートル
体重7万トン
飛行速度マッハ4


スーツアクター:破李拳竜

概要

3匹のドラットが、マーシャル諸島ビキニ環礁核実験の放射能の影響により合体、巨大化して誕生した怪獣。一見凶悪そうに見えるが、性格自体はドラット同様おとなしく力は意外と弱いらしい。しかし、コントロールされていた頃はゴジラに善戦していた。
変異する前がドラットであるため、未来人が開発した特殊音波によって操作が可能。タイムマシンの中枢コンピューターによって操られている。
昭和版と同様、口から引力光線を吐きあらゆるものを破壊し、マッハ4のスピードで空を飛び、その際には衝撃波で周囲を吹き飛ばす。空中からキックや長い首での締め付けも行う。
鳴き声はラドンのものを甲高く加工したものを使用しており、宇宙怪獣である昭和版とは大きく違うものとなっているため、生き物らしさが出ていた。

戦歴

未来人による歴史操作によってゴジラが消滅した際、入れ替わるように太平洋上に現れ、福岡を襲撃。そして日本各地を攻撃した。
しかし、ゴジラが復活したことを未来人が知ると北海道へ移動し、ゴジラと戦う。
引力光線や衝撃波、空中からの肉弾攻撃などでゴジラとの戦いを優位に進めたが、その途中でタイムマシンの中枢コンピューターが破壊され、未来人のコントロールが失われた事で混乱し地面に倒れこむ。

その隙を突いたゴジラに尾をつかまれ、何度も地面に叩きつけられる。長い首を使った締め上げを敢行してゴジラに泡を吹かせるも、結果的にゴジラの体内放射を浴びる事となり、更に熱線で中央の首を刎ね飛ばされてしまう。
そこにテレポートさせられてきた未来人のUFOにゴジラが気を取られた隙に逃走を図るが、すかさず翼や胴体を熱線によって撃ち抜かれ、力尽きて、海中に沈没する。

しかし、北海道の海の底で212年間仮死状態で存命しており、2204年の地球連邦機関が回収し23世紀の技術で改造し、メカキングギドラとして復活を果たす。

派生怪獣

平成モスラ三部作にてエリアス三姉妹の二女・モルが「ギドラ族」と発言していることから、同シリーズの世界には複数の「~ギドラ」と呼称される宇宙怪獣が存在しているものと思われる。

また、ゴジラシリーズ最終作の「ゴジラ FINAL WARS」には、モンスターXの本来の姿という設定で「カイザーギドラ」が登場しており、VSシリーズ以降の東宝作品にはギドラの派生怪獣が多いといえる。
以下は現時点での派生怪獣の一覧である。

ガイガン

デビュー作である、「ゴジラ対ガイガン」を含む、ゴジラシリーズ3作に登場する未来サイボーグ怪獣。キングギドラの別種とも言われている。
やはり知能が低い事が最大の欠点である。
登場回数は少ないが、人気の高い怪獣である。

ドラット

ゴジラVSキングギドラに登場したギドラの幼体の様なもの。23世紀のペットと未来人は紹介したが、漫画版では、金星に眠る宇宙怪獣キングギドラの体組織から再生した生物で、核エネルギーを摂取して合体し、「超ドラゴン怪獣」キングギドラへと成長するようプログラムされている。


メカキングギドラ

23世紀の科学によって強化再生されたキングギドラ。吹き飛ばされた次郎の首や、翼、胴体、膝をメカ化されている。なんと(正面、且つ身体の中央故に一番熱線が被弾することが予想されたはずの)胸上部分にコックピットがあり、エミー・カノーによる有人操縦である。
ギドラとしては初めて、人類の味方になった怪獣でもある。

デスギドラ

平成モスラ1作目に登場した怪獣。
同シリーズに登場するギドラ族とは厳密には違う生物で、ギドラ族など多種の生物の優れた形質を模倣した宇宙アメーバ生物である。
死という概念が持たない負の生命体であり、封印する以外に倒す術がない。
前足を持つギドラというデザインは後のカイザーギドラのモデルとなっている。

ヤングギドラ / グランドギドラ

平成モスラ3作目に登場したキングギドラ。ギドラ族の1匹。年齢はなんと2億歳。身長はたったの60mと、ギドラ族にしては小さい方である。だがその身長に似合わず、体重はなんと5万トンと非常に重い。
1億3千万年前に翼の小さい状態で地球に飛来し、後に完全体へと進化する。
千切れた尻尾から再生・復活を遂げるなど、ゴジラシリーズのギドラとは大きく違う生態を持つ。
最大の違いは、なんとエリアス三姉妹の一人を操って手駒にする、敵の性質をすぐさま理解するなど高い知能を持つ点。それはまるで、キングギドラとしての最大の欠点を克服出来ただけでなく、今までの操り人形ぶりを取り返さんとしてるかのようでもある。
そのため、このキングギドラは、デビュー作以来野生のキングギドラであり、事実上初めての知能的なギドラと言える。

魏怒羅(ギドラ)

キングギドラ図
千年竜王


(左側の作品は、単純に和風テイストで選んだだけなので失敬)
富士山麓に眠っていた大和の「クニ」を護る大和聖獣の1つで、空の守護を司る。ヤマタノオロチのモデルになったとされるが、実際はロケーション的にも本栖湖の ×モッシー ○龍神に近い。水中戦ができるのも龍らしさがある。超強力で最強の朝廷に討伐されて「クニ」の守り神となった。最強の聖獣とされ、不十分な休眠の末に復活するか、残りの2体のパワーを受け継ぐことで、ゴジラに唯一対抗できうる強力な怪獣"千年竜王"と化す。

引力光線は、歴代で最も雷撃に似た性質を帯びており、発射音と着撃音もこれまでと異なる。
また、未完全の状態では代用として、威力の高い「噛みついた相手に電撃を流す」という、これまでにない攻撃法を使っていることから、この引力光線は(純粋な地球産ということもあり)本当に雷撃なのかもしれない

ちなみに身長は僅か50mで、ゴジラよりも小さい(これも歴代発)。
ゴジラと対峙した時は、ゴメスリトラを思わせる感がある。
また、操る者が全くいないため、ある意味「野生」のキングギドラといえるであろう(朝廷には縛られているが)。ただし、首はダントツで短い。顔にはバランの意匠を引き継いだと言われている犬らしさ、鳴き声や脚には鳥らしさがあり、キメラ的という意味でも霊獣である龍に近い。

モスラ ギドラ バラゴン


ちなみに、古文書の絵画上では四足の龍として描かれており、もしこの古文書の描写が正確なら、休眠中に前足が翼になったのだろう・・・かもしれない。地底洞窟を利用&地中を掘り進んできたこともあり(未完成の翼で掘り進めたのがすごい)、これは歴代でも最も地上生活に適応していたという名残なのだろうか。

  • なお、この古文書では最珠羅はきちんと鳳凰っぽく、しかもどういうわけか成虫の姿が収録されている。復活した個体と元は別なのか、それともスタンド的な性質を持っているのは事実なので一度幼虫に還ったのだろうか。まあ、幽霊が執筆していたから根本的におかしな代物なのではあるのだが。
よく言われるが顔が犬っぽい。これは、バランの魂が乗り移ったからである(半分は事実)。また、「黄金の氷結怪獣」というのも、なかったことにされたアンギラスの魂がry...

カイザーギドラ

2足歩行の怪人のような姿をしたモンスターXから変貌して誕生する、最強のギドラ。
体色に黒が混ざっている事と4足歩行である事以外はキングギドラと似ている。

出演作品一覧

1964年 三大怪獣 地球最大の決戦
1965年 怪獣大戦争(怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ)
1968年 怪獣総進撃(ゴジラ電撃大作戦)
1972年 地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン
1974年 流星人間ゾーン
1991年 ゴジラvsキングギドラ(ドラットメカキングギドラ)
1996年 モスラ (デスギドラ)
1998年 モスラ3 キングギドラ襲来(ヤングギドラグランドギドラ)
2001年 ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃(魏怒羅)
2004年 ゴジラ FINAL WARS(カイザーギドラ)

日本での公開日は未定だが、2018年公開予定のレジェンダリー版ゴジラの第2作目『GODZILLA:King of Monsters』に、ラドン、モスラと共に参戦するらしいことが発表された。ハリウッドで新しく生まれ変わったキングギドラの活躍に期待しよう。

ゴジラ2018


また、これに先駆ける形で、同じくモンスターバースシリーズの作品である『髑髏島の巨神』のラストシーンにおいて、ゴジラ、ラドン、モスラと共に意外な形で先行登場を果たしている

余談

  • キングギドラの三本の首は撮影中、左から順に「一郎・次郎・三郎」と呼ばれていたそうで、撮影中は「一郎もっと首大きく振って!」「次郎の首もっと上!」など音声だけ聞くと何をやっているかわからない光景が繰り広げられていたとか。
  • 昭和版の独特の鳴き声は『ウルトラQ』のケムール人の発する謎の音声や『ウルトラマン』の科学特捜隊の通信音として流用され、後に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』にも使われた。
  • 平成版の基本デザインは初代のものをそのまま使用している。しかし頭部のみ新規にデザインが描かれており、昭和時代のものは顔が東洋の「」に近かったのに対してこの作品では西洋の「ドラゴン」に近いものとなり、昭和版にあった頭頂部の三日月形の角と、頭部の鬣状の毛がない。分類も「宇宙超怪獣」から「超ドラゴン怪獣」とされ、ゴジラと同様、体重や身長も増えている。
  • 平成版で中央の首が刎ね飛ばされるシーンにおいて、ではなく金粉を噴出させているのは、子供層への配慮と海外での規制を考慮しての事であり、川北特技監督らしい工夫といえる。


関連タグ

東宝 東宝怪獣 ゴジラ ゴジラ怪獣 宇宙怪獣 サザンドラ
KGDR-旧グループ名がキングギドラ
ドゴラ - 同じ東宝の宇宙怪獣で、先に登場したのは、こちらである。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングギドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 940060

コメント