ピクシブ百科事典

ギエロン星獣

ぎえろんせいじゅう

ギエロン星獣とは、ウルトラセブンに登場する怪獣。第26話「超兵器R1号」に登場。
目次[非表示]

概要

  • 身長:50メートル
  • 体重:3万5千トン

『再生怪獣 ギエロン星獣』が正式名。
シャール星座の第7惑星ギエロン星の出身。『再生怪獣』の名に違わず驚異的な再生能力の持ち主で、ミサイルで一度は粉々にされるも一晩で再生した。から吐く放射能ガスと両手を近づけて発射するリング光線を武器とする。また、頭部アイスラッガーを何度も跳ね返すほど頑丈で、体当たりは自分より大きなサイズの隕石を木端微塵に粉砕してしまう程の威力。

ギエロン星は生物の棲息がほぼ不可能な灼熱であったことから、地球惑星破壊兵器「R1号」の実験対象として破壊される。しかし、実際には生命が活動しており、その内の一匹がR1号の放射能の影響で突然変異。それが「ギエロン星獣」である。故郷を破壊された復讐のため地球に飛来し、上述の再生能力と頑丈な体を駆使して戦った。しかし、最期はセブンにより片翼をもぎ取られ、アイスラッガーで頚動脈を切られ、美しい花々に囲まれながらゆっくりと息を引き取った。

ギエロン星獣



元を正せば人類が自ら招いた災厄であり、ウルトラマンシリーズ恒例である勧善懲悪のパターンには当てはまらない怪獣。作中のセブン自身もこの怪獣を倒すことに苦悩している描写が見られ、視聴者にとっても印象深い存在である。

物語冒頭で、R1号の完成に喜ぶ周囲と、その実験に唯一人反対する主人公ダンのやり取りが行われている。『地球を守るためなら何をしても良いのか』と問いかけるダンに、開発者側は『兵器としてだけでなく、地球の力を示すことで平和にも繋がる』と話す。それに対してダンは『そうなれば侵略者はもっと強い兵器を作る』と反論し、周囲は『そうなればこちらはもっと強い兵器を作る』と回答。これにダンはそれは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…と絞り出すように答える。

なお、このエピソードの最後で一部の科学者や防衛軍参謀が、R1号の後継であるR2号の開発中止を提案しているが、後の平成ウルトラセブンの時系列でヴァルキューレ星を破壊したワープ航法ミサイルや、M78星雲の時系列にてムルロア星を破壊したトロン爆弾、ウルトラの星を破壊しようとしたUN-105X爆弾等が登場している事から、惑星破壊兵器そのものの開発は脈々と進んでいた模様である。

余談

  • このエピソードが放映された1968年の世界は、未だ冷戦の真っ最中であり、ベトナム戦争も泥沼化していた。「ギエロン星獣」には、こうした世界情勢の中で盛んに唱えられていた、「核抑止論」(核兵器の存在で戦争を抑止できるとする考え)への風刺が込められている。
  • ウルトラマンメビウス』の小説版「アンデレスホリゾント」では、GUYSのトリヤマ補佐官が地球防衛軍の新兵時代にギエロン星獣への地上攻撃に参加したことが語られている。彼によると、当時の同僚が放射能ガスによる後遺症で未だに苦しんでいるという…
  • 1993年に発売されたSFCソフト「ウルトラセブン」ではステージ6で戦う。劇中では草原で戦ったが、本作では1回目にウルトラ警備隊が倒した場所(夜景の墓場)で戦う。前作の「ウルトラマン」で登場したジャミラと同様、犠牲者的な立場なのでステージクリア時は「ギエロン星獣 永眠」の文字と共に原作のラストシーン(延々走り続けるリス)のカットで終了する。


関連タグ

ウルトラセブン
超兵器R1号
それは、血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…

怪獣
ウルトラ怪獣
哀しき悪役
ギエロニア…ギエロン星獣をベースとした怪獣戦艦
ゴジラ・・・同じく放射能で変異した怪獣
星獣戦隊ギンガマンおそらく無関係だろう
ムルロア サタンビートル・・・・同じ境遇を持つ怪獣
アリゲラ・・・・ギエロン星獣がモチーフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギエロン星獣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60396

コメント