ピクシブ百科事典

ギュネイ・ガス

ぎゅねいがす

ギュネイ・ガスとは、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:山寺宏一

人物像

ナナイ・ミゲルが所長を務めるニュータイプ研究所出身の強化人間。階級は准尉。
従来の強化人間とは異なり、関連技術の成熟によって精神面の不安定さを見せる事は少なく落ち着いた立ち振舞いを見せるが、その一方で自信家としての一面を覗かせる。
主な搭乗機はヤクト・ドーガホビー・ハイザック

ニュータイプに強い憧れを抱き強化人間に志願した経緯を持ち、自身は周囲から強化人間ではなくニュータイプとして認められたいという願望を抱く。
その為、ニュータイプであるシャア・アズナブルに対して嫉妬の感情を抱き、表面上は従いつつも内心では彼に対する反感を持つ。また、一年戦争時のコロニー落としによって家族を喪った過去を持ち、シャアの提唱する地球寒冷化作戦に関しても快く思っていない。

スペース・コロニー「ロンデニオン」でネオ・ジオン側に付いたクェス・パラヤがニュータイプとしての才能に恵まれていた事から、彼女に惹かれて密かな恋心を抱くようになり、同時に本物のニュータイプに対する羨望や嫉妬を強めていく。しかし当のクェスの眼中にはシャアしか映っておらず、ギュネイは全く相手にされなかった。それと同時にシャアがクェスの才能を利用しようとしていることに対して不快感を示し、自分がアムロを倒すことによって、シャアを超える男になり、クェスの心を自分のものにしたいという野心に突き動かされていく。

戦闘では実戦に不慣れなクェスを援護し、アクシズを狙う核ミサイルを全て撃ち落とす活躍も見せたほか、ケーラを人質にしてアムロに投降を呼びかけたりと、アムロのνガンダムを落とすことに執着する。しかし、アムロとの交戦中に被弾し、呆気ない最期を遂げた。

メディアミックス作品関連

逆襲のシャアの初期項及び、それを基に執筆された小説「ベルトーチカ・チルドレン」ではでは「グラーブ・ガス」の名で登場。同作を元にしたカセットブック版では松本保典がグラーブを演じた。

スーパーロボット大戦Dではスパロボ補正による超大幅なストーリー改変が実施されたことにより主人公をジョシュア・ラドクリフに選んだ場合は剣鉄也と共に彼の相方ともいえる役回を得る。
序盤から自軍入りし、死亡イベントも存在せず、ステータスも悪くないので最後まで無理なく使用可能。最終的にはクェスともいい雰囲気になるという凄まじい程の厚遇を受けている。

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇では敵として登場し、カミーユの新たな
ライバル役として立ちはだかるが、中盤の短い間だけクェスやマリーダと共に味方になってくれる。
天獄篇ではフロンタルの一派に属し、自らのやり方でネオ・ジオンの変革を目論むが
条件を満たす事で再び味方になってくれる。フラグを成立させる事が出来ない場合でも
無条件で生存し、最終話で蒼の地球で御使いと戦う場面が入る。


ACE3ではシナリオ上は敵として登場するが、条件クリアでプレイヤーキャラとして使用可能になる。クェスのヤクト・ドーガとの違いは通常射撃武器がビームライフルである他、ファンネルのリロード時間が短いところにある(というより、クェスの方が恐ろしく遅いのだが)。

関連項目

機動戦士ガンダム逆襲のシャア
シャア・アズナブル クェス・パラヤ
ヤクト・ドーガ ホビー・ハイザック サイコ・ギラ・ドーガ
スーパーロボット大戦D

pixivに投稿された作品 pixivで「ギュネイ・ガス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49830

コメント