ピクシブ百科事典

ギリコ

ぎりこ

ギリコとは、「ソウルイーター」の登場人物。

CV:神奈延年

概要

初登場時はソウと名乗っていた魔凶器人形技師。本体はチェーンソー。アラクノフォビアの元幹部。

自らが造ったゴーレムに自分を使わせているが、自分の体の一部だけを武器化して一人で戦うこともできる。本人によると800年の間エンチャンター(人形技師)の技術を使って自分の記憶を遺伝子にプログラム化し、子供に託しながら人生を繰り返してきた。800年間もの間殺意を誰かに向けることを抑え込んでいたが、それが出来たのはアラクネのおかげである。
モスキートと仲が非常に悪く、アラクネ復活時に一戦交えたジャスティンとも因縁深かったが、ロスト島での戦いにおいて狂気に侵された彼の本質を見抜いていた。ババ・ヤガー城に潜入したリズとパティに睡眠薬を盛られ、城の防衛には一切参加できなかったが、戦いの後、狂気の象徴である道化師を連れたジャスティンと邂逅を果たし、一味に加わった。その後エイボンの書に捕らわれたキッドを救出ために本の中に入ったマカ、ソウルらを返り討ちにするべく自らも本の中に入る。この時点で体にガタがきていたため、元の肉体を捨てゴーレムとして操り、自身はBREWの力で成長させた娘に記憶を引き継がせていた。
ソウルピアノのおかげもありゴーレムの方のギリコは爆発したが、その直後「」の身体を持つギリコが現われる。ソウルのピアノが通用しない程の騒音でマカを圧倒する。しかし、溜めに溜めた800年分の殺意に器の魂が耐え切れず、それでも殺意をマカに向け続けたため魂が破裂し絶命した。

アニメでは最初からギリコと名乗っている。ババ・ヤガーの城攻略の際にジャスティンと3度目の対決となるが決着はつかず、ベタな捨て台詞を吐いて逃亡。その後はモスキートとともに行動を共にしているシーンがエンディングで見られた。

登場からわずか一話で名前が変わったのは、名前が『ソウル』とかぶってしまうから。(公式ガイドブックより)

関連タグ

ソウルイーター

pixivに投稿された作品 pixivで「ギリコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181011

コメント