ピクシブ百科事典

ギリースーツ

ぎりーすーつ

主に職業柄、必然的に身を隠す必要がある場合が多い狙撃手やハンター、カメラマン等が山間部や草原、砂漠、雪原等においてカモフラージュの為に着用するもの。

概要

バーラップ呼ばれる短冊状の布やジュートと呼ばれる糸束を多数縫いつけて垂らしたジャケットやベスト、ブッシュハット、もしくはメッシュ状のベストやジャケットに草木や小枝などを貼り付けたものを着ることで、自然界ではありえない直線や曲線を隠し、着用者を風景に溶け込ませて判別させ難くし、視覚的に発見され難くする効果がある。
既存の迷彩服等を改造して背中等伏せた場合に見える部分のみに布等を縫い付けているものもある。
また、両袖とフードのみとなっている等の限られた部分のみを偽装する構造となっているハーフギリーと呼ばれるものもある。

熱がこもるので長時間着用しているととても暑く、熱帯気候の地域では着用時の偽装効果の高さを承知のうえで着用しない者も居る。
構造上よく燃える為、難燃・耐火素材によって作成されたり、延焼抑制剤による対策が行われる。
空気を多く含み、断熱材の役割をするので熱赤外線映像を欺瞞することもある。
あたりまえであるが、このスーツを着用した場合は銃そのものも同様にカモフラージュし、顔にはペイントを施して反射を抑えないと効果は薄くなる。

ギリースーツの名称は、18世紀頃からスコットランドに伝わる妖精である「ギリードゥ(Ghillie Dhu:暗い若者の意)」から来ており、伝承の中で白樺の林や茂みに棲み、暗くするように木の葉や苔で出来た服を着用していたと言う言い伝えから付けられた名称であるとされている(因みにGhillie or Gillieは転じてスコットランドにおける狩猟や釣りのガイドの事と言う意味もある)。




関連タグ

ミリタリー 軍事 ギリー スナイパー
マクミラン大尉 ジ・エンド
モリゾー シモ・ヘイヘ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギリースーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 448501

コメント