ピクシブ百科事典

ギル(ストリートファイター)

ぎる

ストリートファイターⅢの登場キャラクターで同作のラスボス。
目次[非表示]

概要

紀元前の昔から存在し、全世界を陰で操ってきた「秘密結社」の長。
ベガの率いるシャドルーとは異なりこの秘密結社の組織名は不明。
海外版だと「イルミナティ」という名称が出ている。
自身のことを全能のとみなしており、上から目線で諭すような物言いをする。
「秘密結社」は200年先に理想社会の建設を成し遂げようとしていたが、ギルの代になってこの現代にまで前倒しされている。
勝利台詞によると、200年予定をずらした理由は
「世界は泣いている・・・・だから私はなんとかしてやりたいと思っているんだ」
「たかが二百年といえど星一つ腐るには十分すぎる時間だ」
ということらしい。

ユリアンという弟がおり、リーダーの座を狙われているが、
当の本人はさほど気にかけていない様子。ユリアンのエンディングでは総統の座を得たユリアンの前に、総統の上に立つ存在「天帝」として姿を表し、余裕を見せつけている。

普段は長髪と大柄な体格を持つ白人男性の姿をしているが、戦闘の際には身体の右半分が赤に、左半分が青色に変わり、しかも何やらぬらぬらとした輝きを体表から発する。
赤い右半身はの力、青い左半身は冷気)の力を有している。
体の左右の色が非対称なのだが、ゲーム中で向きが変わるとドット絵のカラーパレットが同時に入れ替わり、「右半分は赤、左半分は青」の状態が維持される。
同様の手法で2D格ゲーにおける「左右反転の矛盾」を解消した他ゲームのキャラとして『アンダーナイトインヴァース』のヒルダがいる。

ラスボスにふさわしい圧倒的な高性能を持ち、他のキャラなら選択制であるスーパーアーツ(超必殺技)も3種類全て使用可能。

ちなみに3rdでのラストバトル前に登場する美女はコーリンという秘書

※以下ネタバレ注意


ストリートファイターⅤのゼネラルストーリーのエンディングで登場している。
同作で登場する謎の美女ヘレンをコーリンと呼び、その姿をストリートファイターⅢで見る彼女の姿にした。

CVはV以外一律外国人声優であったが、Vにて初めて日本人声優の立木文彦氏が起用されている。

スーパーアーツ

リザレクション


ストリートファイターⅢでの初登場から持っているスーパーアーツ。
そのコマンドは「スーパーアーツゲージが溜まっているときにK.Oされる」という異質なもので、ギルの肉体が光輝きながら浮上して自動的に体力が回復する(0から100%まで)というもの。
その回復速度がやたら速く、さらに発光するオーラの圧力で相手を遠ざけるという効果まであるという強力な技。
回復中に攻撃が当たれば回復は中断するものの、最少でも3割回復で復帰する事になる。遠ざけ効果もあることながら、突進力のある技でなければ中断は難しい。
だが、一度使ってしまうとそのラウンドでは、ゲージが溜まらなくなるという欠点もある。

メテオストライク

メテオストライク


バージョンアップ版「2nd IMPACT」で追加されたスーパーアーツ。
片腕を掲げることで、天から火と氷の玉(パイロ・クリオキネシスの飛び道具と同形)が大量に降ってくる。
攻撃位置が高い位置で始まるために対空技になるほか、しゃがみ強P(エルボーアッパー)などの打ち上げ属性技から連続技にする事ができる。
このスーパーアーツが登場したことにより、CPUギルにこの技を単発で使わせてリザレクション復活を防ぐということが可能となった。
一見、対応しづらい技に見えて、ギルに密着していると当たらない安全地帯がある。ただ、ヒューゴーは背が高いために当たってしまう。

セラフィックウイング

天帝


最終バージョンアップ版「3rd STRIKE」で追加された凶悪なスーパーアーツ
画面中央宙空へといきなり浮いたのち、背から6枚の光の翼を現して虹色のオーラを放つという、演出のインパクトが激しい画面全体攻撃。
この技の凶悪なところはブロッキングが不可能であることで、ガードするだけでもその強烈な多段削りによって総体力の3割近くを奪われてしまう。一時は初段のみブロッキング可能とされていたが、デマだった様子。
攻撃発生が遅いのが唯一の救いである。
但し、発生するまでの上昇中に潰してしまうと、ゲージ消費も起こらないというインチキ仕様。

関連イラスト

DSi絵心教室で天帝



関連タグ

ストリートファイターⅢ スト3 3rd

pixivに投稿された作品 pixivで「ギル(ストリートファイター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43572

コメント