ピクシブ百科事典

ギルベルトとアーサーのカップリング
本編ではプロイセン、イギリスのことを指す。

本編のヘタリア三巻まではこのふたりの絡みがなかったが
四巻の「マリア・テレジアと七年戦争」でオーストリアが苦手なロシア、フランスと同盟を組んだのを知って焦っていたフリードリヒ二世とプロイセンは、イギリスから「俺はフランスの敵だ。」と書かれた手紙が届いたのを機に急いで同盟を結んだ。

これをきっかけにイギリス&プロイセンファンの間で今やイギリス=プロイセンの嫁となるまでに。

コメント