ピクシブ百科事典

ギルバート・デュランダル

ぎるばーとでゅらんだる

ギルバート・デュランダルとは、TVアニメ「機動戦士ガンダムSEEDDESTINY」の登場人物。同作に於けるキーマンの一人である。
目次[非表示]

CV:池田秀一

人物像

パトリック・ザラ亡き後、新たに就任したプラントの最高評議会議長。
ヤキン・ドゥーエ戦役直後は、アイリーン・カナーバが一時臨時議長を務めていたが、戦後に締結された「ユニウス条約」がプラント側にとって不利な内容であった為に評議委員を辞職する事になり、その後釜として就任している。

前々議長であるシーゲル・クラインと同じく「穏健派」に属する人物で、基本的には冷静沈着かつ温厚で誠実な人格者。
ナチュラルへの偏見や差別意識等は一切持たず、地球側との融和策を採り、戦争の痛手で混迷するプラントをまとめ上げる等、就任早々よりカリスマ的な政治家として敏腕を振るっている為、一般市民からの信望も非常に厚い。
元は遺伝子工学に携わっているDNA科学者の権威であり、かつて「最高のコーディネイター」であるスーパーコーディネイターを生み出そうとしたコロニー「メンデル」に深く関わってもいた。それ故に、スーパーコーディネイターの唯一の成功例であるキラ・ヤマトについても深く知っていた模様。

関連項目

機動戦士ガンダムSEED DESTINY
政治家 カリスマ





以下の記述には、作品ストーリー及び彼の目的・過去についてのネタバレが含まれます。未見の方はご注意下さい!





ネタバレ

人格者としてナチュラル・コーディネイターを問わずにカリスマを集める一方、その裏側に隠された根底には、自らの理想こそが最善であるという常軌を逸した信念と、その理想を実現させる為ならば如何なる犠牲も厭わない非情な策略家としての一面が内包されている危険思想の持ち主でもある。
それ故に、理想の邪魔になる者は、ナチュラルであろうがコーディネイターであろうが一切の容赦はせず、抹殺する事も厭わない。

実は前大戦の黒幕であるラウ・ル・クルーゼとは親友の間柄。腹心であるレイ・ザ・バレルも、彼と同じ遺伝子(アル・ダ・フラガ)から生まれたクローンである。
クルーゼの死後、唯一の肉親と呼べた存在を失ったレイに対し、存在意義と生きる意味を欲していた彼を父のように導き、結果レイは自らデュランダルの駒たるを望むほど心酔している。 しかし一方でデュランダルは、彼を「クルーゼの身代わり」的な存在として扱っていた節もあり、後にレイが「クルーゼを討った人物」に対していった言葉からも、その事が伺われる。

遺伝子工学者のみでなく、心理学者としての才能も持ち合わせており、事実デュランダルの演説を聞いた者達の多くは、彼の聞こえの良い言葉や精神的な衝撃を与えやすい映像等によって、疑問を抱くどころか、むしろ熱狂的な支持を行っている。
主人公のシン・アスカもまた同じで、彼の語る理想と信念を尊敬し平和のために議長を信じて従うと心に誓っており、数多くの問題行為を不問にし、新型機であるデスティニーガンダムを譲渡、更には特務隊「FAITH」の権限も与えていく事で、やがては思考停止に近い状態の妄信にまで変わってしまった程である。

来歴

過去

遺伝子工学者時代、デュランダルはクルーゼやレイと親交を結んでいる一方で、後にミネルバの艦長に就任するタリア・グラディスと恋仲になっていた。
しかし、デュランダルは当時、遺伝子によって人の運命を決めるという人類救済の方法・「デスティニープラン」を考案しており、これは「科学によって人は完全なる幸せを得られる」というデュランダルの思想によるものであったが、「コーディネイターの英知ならばあらゆる問題を解決できる」と断じていたパトリック・ザラの思想と紙一重的な危険性を含んだ理想とも言えた為に、この事に関してはタリアも心から賛同出来ずにいた。
その後、彼女と遺伝子的な相性が悪いという理由から、プラントの婚姻統制によって結婚が認められず、タリアはオーブ連合首長国に移住してでもデュランダルと共に生きる事を望んでいたが、自らの理想を叶えるにはプラントで無ければならないと考えていたデュランダルは別れの道を選ぶ事になった。
であり、更に短命のクローンとして生まれてきた絶望の末に身を滅ぼしたクルーゼの悲劇も見た事から、デュランダルは今の世界のあり方そのものに落胆。「願いが叶わぬ」という悲劇を回避するには、「初めから正しい道」を選んでいるべきだと考えるようになり、デスティニープランの実現によって、自らの人生で選んできた選択が正しかった事を証明し「勝者」となるべく、行動する事になった。

本編

C.E.73年、新型試作MSである「セカンドステージシリーズ」の中でも、最も汎用性や拡張性の高いとされているインパルスガンダムのパイロットとして、ザフトの正規隊員になったばかりの少年・シン・アスカに抜擢する。
タリアはシン以上に優秀な成績を収めていたレイ・ザ・バレルがパイロットになるのではなかったのかと疑問に思っていた。当時のシンは成績が優秀でも訓練学校時代の上官に逐一反発する程の問題児であったのだが、パイロットとして優秀な才能を持ち、尚且つ「SEED」の資質を秘めていた事に目をつけたデュランダルは、彼を専属パイロットに任命している。
これは、遺伝子に適した役割を持たせるデスティニー・プランの構想に当てはめる形で決定したものと言える。

その後、アーモリーワンでオーブ連合首長国の代表であるカガリ・ユラ・アスハに対面した際に、セカンドステージ強奪事件に遭遇し、ミネルバに同行する形でザフトの脱走兵によるユニウスセブンの地球への落下事件にも遭遇し、その後はボルテールに退避する。
事件後は、ブルーコスモスの首魁・ロード・ジブリールの指示を受けた大西洋連邦軍によって、プラントに向けての核攻撃が行われるが、ニュートロン・スタンピーダの使用によって、核ミサイルを暴発させる形で逆転劇を決める。
その後、強引な開戦に踏み切った大西洋連邦に退行する名目で、ザフト軍を地球に降下させる事を決定。更にはラクス・クラインの影武者として用意したミーア・キャンベルの報道によって、動揺して暴動になりかけていた市民を抑える事にも成功する。
一方、自身に面会に現れたアスラン・ザラに対しては、父親の所業に苦悩する彼の心境を理解する言葉を囁き、更には理想と現実の両方を提示した上で、遺されたセカンドステージシリーズであるセイバーガンダムと特務隊「FAITH」の権限を与えた上でザフトへの複隊を促す。
以上の様に、物語冒頭から開戦に至るまで、政治家として非常に手際が良く柔軟性に富んだ手腕を見せている一方、これらの事件が起きる事を事前に把握し、中には裏工作等によって支援までしていた可能性も高いと思われる描写があった。また、アスランとの対面時に地球で起こっていたザフトの特殊部隊による本物のラクス・クラインの暗殺作戦にも、関与していた可能性があった。

ベルリンでのデストロイガンダムの虐殺事件後、兼ねてより調べ上げていた軍事複合体「ロゴス」の存在を公表。彼らを「戦争を引き起こす諸悪の根源」と断罪する事で、地球・プラントを問わずに「反ロゴス思想」が浸透する事になり、開戦のきっかけがプラント側の不備であったにも拘らず、圧倒的な支持を得る事に成功する。
ただし、デュランダルはデストロイの存在自体を事前に知っていたと思われる描写があり、ロゴスの公表をより効果的なものにする為、ベルリンでの対応を意図的に遅らせ、投入する戦力も故意に少なくしていた。

エンジェル・ダウン作戦でアークエンジェルフリーダムガンダムを駆るキラ・ヤマトを排除した後、ヘブンズ・ベース攻防戦でも自ら陣頭指揮をとる形で勝利を収める。そして、オーブに逃亡したロード・ジブリールを捕縛する名目で、オーブ連合首長国にも軍を差し向け、ユウナ・ロマ・セイランの浅はかな回答を好機と見て一気に軍事侵攻を開始するも、ストライクフリーダムガンダムに搭乗したキラやインフィニットジャスティスガンダムに搭乗するアスランの出現によってザフトは敗走する事になる。
オーブでの戦闘後、カガリによるロゴス打倒の反対声明において、ラクスの影武者で対抗しようとするが、割り込みで演説を行わせた上に、本物のラクスによるはっきりとしたデュランダルへの非支持宣言が行われるという予想外の展開によって自身の策謀が露呈してしまう等、かえって不利な状況となってしまい、衛星基地である「メサイア」に移動する。

ロード・ジブリールによって月のレクイエムが発射され、ヤヌアリウスとディセンベルのプラントが被害を受けた後、即座に対応する形でミネルバ隊を中心とする戦力を月に派遣し、ジブリールの抹殺とレクイエムの奪取に成功。その後、デスティニープランの導入を宣言し、見せしめであるかの様に、アルザッヘル基地に向けて勧告無しでの修復したレクイエムの放射を行い、基地にいた大西洋連邦の大統領であるジョゼフ・コープランドも抹殺した。
しかし、その後のメサイア攻防戦にて、クライン派を中心とする反勢力によってレクイエムを破壊され、更にはメサイア自体も大打撃を受けて機能不全となり、完全に追い込まれてしまったデュランダルはキラと対峙。最後は、彼の言葉に動かされたレイの銃弾に倒れ、彼やタリアと共に崩壊するメサイアの中で運命を共にした。
但し、レイのスタンスとしては『潰えた議長の理想に殉じた』と言う印象も強い。


政治家としての問題点

「謀略家」としての側面

ミーア・キャンベルラクス・クライン影武者として擁立した一件を筆頭に、ベルリンでの対デストロイ戦におけるアークエンジェルとの共闘の記録映像の改竄、終盤におけるレクイエムの修復および運用など何かと彼の行動には「目的の為に平然と他者を犠牲にする謀略家」としての側面が付きまとう部分が多く、あながち間違いでもなかった。
結果としてアスランを離反させたり、連合とのレクイエム攻防戦にてプラントへの攻撃を防ぐべく尽力したイザークディアッカらジュール隊の反乱を招くなど、最悪の結果をもたらしている。

デスティニープラン

その全貌が劇中で語られることは無く、放送後のインタビュー等で語られた情報にも矛盾が生じるなど、依然として不明瞭なものであるが、遺伝子情報からその人間の適切な社会的役割を見出すことで人類社会の効率化を図る政策であることはどの情報でも共通している。キラ・ヤマトらは、人間の天職を見出すのではなく、最初から特定の役割を担わせるために遺伝子を操作された人間が生み出されることを危惧し、これに反発した。が、デュランダルとキラ・ヤマトと対峙した際にも、両者の間でデスティニープランについて語られることは無かった。

ファンからの評価

議長が「デスティニープラン」を考案した理由には、彼の略歴と過去も関わっていると考えられる。

過去の経歴に関する記述にあるように、彼は「進化しすぎた遺伝子技術が原因で恋人と親友を失った」過去を背負っていたのである。(その点では、彼もこの大戦の加害者であり、被害者でもあると言えるのかもしれない) 。

これらの出来事が彼の大きなトラウマとなり、遺伝子によって人の役割を決めてしまえば自身のような悲しみを背負う人間もいなくなり、人間の欲望も統制されて争いの火種もなくなるだろう、と結論付け、 「人類は統制されなければ平和を維持できない」と考え、導入、実行しようとしたのである。

ただし、人間が「感情」のある生き物である事を無視して「個人の自由」を奪う計画であった為に、いずれにせよ反対意思を生まれない様にするのは皆無であったと言わざるを得ないのも事実である。
また、ブルーコスモスの支持母体とはいえ、世界中の企業を支える「資本」としての役割も担っていたロゴスを、「人類の敵」として糾弾し、壊滅させた行動も、理想実現の為とはいえ問題的なものであった。
事実、ロゴスの壊滅後、地球で世界規模の経済恐慌や企業の倒産、失業率の増大、暴動を引き起こす原因になってしまい、反対にプラント側の打撃は極めて少ない事から、ユニウス戦後のナチュラル側のコーディネイターへの反感は高めてしまっており、その結末はむしろロード・ジブリールを始めとするブルーコスモスにとって都合の良い状況になってしまっている。

しかし、政策の良し悪しは別として彼の行動は決して私利私欲の為ではなく、あくまで世界の平和を維持させる目的や疲弊しきった世界を確実な平穏に導くための必要悪とも取れ、肯定的意見も決して少なくない。

余談

中の人が中の人なので、「通常の3倍な赤いモビルスーツでキラと戦うに違いない」と期待されていたが、結局その期待が実現することはなかった。
そもそも劇中では戦闘の指揮を取ってはいたものの、MSに乗ったことも直接戦闘に参加したことも無い (そもそも彼は池田秀一氏のキャラとしてはシャアよりも同じ監督の作品であるサイバーフォーミュラ名雲京志郎のセルフオマージュ的側面が強い) 。

一方で、プロパガンダ、演説、指揮のみで直接戦闘は無し、人類管理、、身内に撃たれるなど、どこか機動戦士ガンダムに於けるギレン・ザビを髣髴とさせる材料を持ち合わせている。

関連人物

ラウ・ル・クルーゼ…親友
レイ・ザ・バレル…腹心の部下にして息子のような存在
タリア・グラディス…遺伝子上の相性から破局したが、彼が唯一愛した女性
ミーア・キャンベル…彼が用意したラクスの影武者
シン・アスカ…「見どころのある若手」としていろいろと目を掛ける
ラクス・クライン…真逆の発想を持った政敵
キラ・ヤマト…ラクス一派の武力の要として敵対
アスラン・ザラ…過大評価の結果良くも悪くも制御しきれなかった節がある

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルバート・デュランダル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74776

コメント