ピクシブ百科事典

ギレン・ザビ

ぎれんざび

「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。

人物

声:銀河万丈

ジオン公国の総帥。階級は大将。デギン公王の長男。
放映開始時の設定上の年齢は35歳。身長190cm。
少年時代から政治活動に参加し、デギンの隠退後は、ジオン公国の実質的最高指導者(総帥)となっていた。青年時代に父デギンと共に、ジオン・ダイクンの指導する革命運動に参加。
デギンの隠退後は、ジオン公国の全権を掌握し事実上の最高指導者として君臨する。

IQ240の天才で沈着冷静であるが、非情かつ高慢な性格。宇宙世紀0071年にサイド3国民の優秀さを讃え、彼らが選ばれたエリートであるとする選民思想を持つ。

一年戦争初期には、サイド3(ジオン公国)以外のスペースコロニーに対する毒ガス攻撃を行い、さらにそのコロニー自体を質量兵器として地上に落下させる「ブリティッシュ作戦」により、地球圏総人口の半数を死に追いやった。
このような大量虐殺作戦の背景には、地球環境の保全には選ばれた民による支配が必要であり、増えすぎた人口は調節されなければならないという思想がある。(この思想故に父デギンは彼をヒットラーの尻尾」と評している。)
地球圏は選ばれた民により支配されなければならないとする考えは、後のティターンズ指導者ジャミトフ・ハイマンなどにも多大な影響を及ぼしている。

また、妹のキシリアとは政治的に競合する立場にあり、反目し合っていた。
もっとも、ギレンは自らの才能と政治思想に絶対の自信を持っており、キシリアなど歯牙にもかけていなかった。
彼女が裏であれこれ画策するのを半ば放置していたのも、軽視の表れであろう。

一年戦争末期ア・バオア・クーにおいて連邦軍との最終決戦を目論むが、デギンは事態を憂慮し独断でグレート・デギンに座乗して連邦軍との和平交渉に赴く。
そして和平交渉が始まる前に事を決しようと、予定を大幅に前倒ししてソーラ・レイをゲル・ドルバ照準に最終設定し作戦時間21:05に発射を指令、レビル将軍や地球連邦軍艦隊もろとも父デギンまでも謀殺した。
ギレンが父を殺したと知ったキシリアにより、宇宙世紀0079年12月31日、「父殺しの男」としてア・バオア・クー攻略戦の作戦指揮中に射殺された。
この際もキシリアに無防備に背中を見せ、銃口を向けられても「冗談はよせ」と一笑に付していたが、その余裕の姿勢が仇となった。
これらの「お家騒動」は敗戦の要因の一つとなった

天才的な扇動家であり、そのアジ演説やセリフの数々はネット・スラングとしても通用している。

その死後も、ギレンの思想を熱烈に信奉する集団によって動乱は続いた。
宇宙世紀0083年には、エギーユ・デラーズ率いるジオン軍残党勢力デラーズ・フリートが決起し、コンペイトウ(ソロモン)宙域で挙行された観艦式の核兵器による襲撃に続いて北米へのコロニー落とし(星の屑作戦)を決行した。
また、0088年の第一次ネオ・ジオン抗争においては、ネオ・ジオン(アクシズ)勢力内のグレミー・トトがギレンのクローンを名乗っている。

関連タグ

デギン・ソド・ザビ キシリア・ザビ サスロ・ザビ ドズル・ザビ ガルマ・ザビ ミネバ・ラオ・ザビ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギレン・ザビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 80686

コメント