ピクシブ百科事典

ギロン

ぎろん

1969年3月21日に公開されたガメラシリーズ第5作『ガメラ対大悪獣ギロン』に登場した敵怪獣。
目次[非表示]

名前の由来は、おそらく「ギロギロした目」をして「ギラついた」「ギロチン」野郎。

キャラクター


別称大悪獣
身長85m
重量110t

惑星テラで、バーバラ・フローベラ達宇宙人ペット用心棒として飼われる怪獣デザインは見ての通り
ダイヤモンドの十倍の硬さを持つ刃状の頭部と、包丁で言うしのぎの部分についた手裏剣が武器である。ちなみにこの手裏剣は、なんと細胞が分裂して出来ている

怪獣擬人化
包丁かいじう


ご覧の通り、包丁に手足が生えた、という思い切りの良いデザインのおかげか、大概の人は一目見ると忘れない。

用心棒怪獣だけあって戦闘力は高く、宇宙ギャオスを易々と屠る。
頭部の切れ味は見た目どおりだが、小さな手足の割に跳躍力が高く(関連書籍によっては足の裏からジェット噴射を行えるという設定がある)、はるか上空を飛行する宇宙ギャオスにアクロバティックに飛び掛ってその翼を切り落としたりもした(このほか、ガメラシリーズの怪獣には、主役はもちろんのこと、どうしてこんなのが飛べるんだ or こんなにジャンプできるんだ !? という姿の奴らがいっぱいいる)。
あと、何故か峰の部分の切れ味もいい
手裏剣は命中率の良い飛び道具となっている。

【ワンドロ】大悪獣ギロン
大悪獣ギロン
第十番惑星の戦
ギロン大好き


テラに飛来したガメラへの対抗手段として召喚され、ガメラと戦闘になる。手裏剣をガメラの手足に突き刺して引っ込めることが出来ないようにして回転飛行を封じることに成功する。
ガメラはテラのに沈み、破ったかと思われたものの、苦心の末にガメラは何とか手裏剣を抜いてしまう。以降、回転飛行を取り戻したガメラに翻弄され形勢は逆転し、最期は弱点の手裏剣発射孔(要は脳味噌とつながっている部分)にミサイルを突き刺された後、ガメラの火炎噴射を受けて何故か上半身と下半身に真っ二つになり倒された。

平成シリーズ第二作でも出る予定だったそうだが、今更こんなデザインできるわけねえだろ、という意見によりレギオンに置き換わった。
レギオンの甲殻生物という設定や、頭部の大きな角がメインの武器になっているなどの描写の大元はここにあるとか。

余談

ノベライズ版の『小さな勇者たち~ガメラ~』にもGギロンとして登場した。こちらは巻貝の一種がギャオス細胞を取り込んだ、という設定になっている。

  • ちなみにその映画版にも、ギロンを知るファンがニヤリとする演出が含まれている。

なお、後年のこいつはそっくりさんである。

Pacific Rim-Knifehead
大悪獣ギロン
ナイフヘッドギロン



関連イラスト

大悪獣だって刀剣の仲間になりたいんだw
ギロン
アレンジ ギロン
大悪獣ギロン
ギロンのちょっとだけアレンジ版
SD ギロン
ギロン ドット絵
大悪獣ギロン


関連タグ

怪獣 特撮 映画 包丁 ナイフ 手裏剣 出オチ ネタ ガメラ ギャオス 宇宙ギャオス トト 
ナイフヘッド

pixivに投稿された作品 pixivで「ギロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 284570

コメント