ピクシブ百科事典

クジンシー

くじんしー

『ロマンシング サ・ガ2』『エンペラーズサガ』に登場する七英雄の一角。語源は新宿である。
目次[非表示]

ロマンシングサガ2

最初に立ちはだかる七英雄であり、不気味な剣を持った鬼のような姿を持つ。

プレイヤーサイドの本拠地であるアバロンの近隣にある町ソーモンを占領する形で、町の人間の生命力を吸い取っている。その方法として、対象のLPを全て奪う「ソウルスティール」という技を使いこなす。そしてアバロンにも襲撃をかけ、迎撃しようとしたジェラールの兄ヴィクトールを一撃で葬り、この事件がきっかけでバレンヌ帝国が七英雄の打倒を掲げるようになる。

皇帝との戦い

ヴィクトールの敵討ちのためレオン皇帝はソーモンにある本拠地に向かうが、クジンシーはまたしてもソウルスティールでレオン皇帝を一撃で倒す。しかし、レオンには秘策があった。

それは自身の得た技や能力を、志ある人にそのまま引き継ぐ秘法である「伝承法」。わざとソウルスティールを受け、命と引き換えにその技の性質を覚え、それを次の皇帝に伝承させれば、次の皇帝は「ソウルスティールの確実な避け方を知っているために対処できる」のである。

こうして、レオン皇帝は伝承法を発動させ、次の皇帝に全てを託して息絶えた。そして、この回避方法「見切り」を得た皇帝には、ソウルスティールが通用せず、クジンシーは倒されたのである。

七英雄であるにも関わらず小物臭いセリフが特徴的で、明らかにクジンシーより弱いであろうボクオーンの手下からも「小物」呼ばわりされる程である。倒された時も、「パワーアップして必ず復讐してやるぞ!」という小物そのものの捨て台詞を残す。まさに「嫌われ者のクジンシー」と揶揄される所以である。
しかし、単なる負け惜しみというには少々具体性のある台詞に、皇帝は薄気味悪さを感じるのだが……。

本当の恐怖「バックアップ」

クジンシーが倒された時に吐いた台詞は、捨て台詞などではなかった。七英雄は、バックアップとして保存している"本体"が無事であれば、数百年~数千年という長期間のスパンは必要であるが再び復活出来るのである。

帝国の領土を拡大していく過程で、平和を乱す七英雄を打ち破っていった皇帝であったが、最終皇帝と呼ばれる最後の主人公の世代を操作する頃に、ついに彼は復活してしまう。その姿は、骨がむき出しになった女性の顔を盾代わりにし、より不気味さを増した。さらに、ソウルスティールを全員に使う・見切りも不可能なライフスティールを新たに使う・非常に強力なアンデッドを多数従えるなど、レオン皇帝の時代の脅威をそのまま増大させるものになっている。

ロードオブヴァーミリオンⅡ』にも登場。カード裏のフレーバーテキストによると以前の職業は会社員。「嫌われ者のクジンシー」の異名通り、他の誰からも嫌われ軽んじられていた様子が分かる。

ソウルスティール

彼の代名詞とも言える必殺技。一撃ですべてのLPを奪い取り、回避も軽減も不可能。まさに一撃必殺であり、七英雄の中でも単一対象への攻撃力ならば他に並ぶものの無い、ブッチギリで最強の技。伝承法が存在したため対処出来たが、伝承法が存在しなければ事実上はクジンシーを無敵の存在にする技である。

クジンシー以外にこの技を使う相手はほとんどいない。したがって、序盤にクジンシーを倒したら、見切りは削除される運命にある。しかし、復活したクジンシーとの戦いで見切りを持っておくのを忘れると大変なことになる。もちろん、七英雄の能力をオールマイティに使ってくる七英雄本体との戦いでも同様である。

エンペラーズサガ

七英雄と呼ばれるにふさわしい英雄だったが、復活した「破壊するもの」のアビスの闇に侵されて悪堕ち、バレンヌ帝国を征服して先帝(主人公の父親)を殺害した。主人公は正気のままのロックブーケが加勢してクジンシーを食い止めたことにより逃げ延びることが出来た。

主人公である「白銀の皇帝」にとっては憎き親の仇。
……のはずだったが、破壊するもの復活の謎を探るべく過去に跳び、父親がクジンシーに殺される前日、七英雄が破壊するもの復活を食い止めようとしていた瞬間の立ち会ったことで様相が変わってくる。

「こいつの言う通りなら、この先オレはこいつの父親を殺す!ならば今、その償いをしよう!」

主人公の無力さゆえに仲間2人がアビスの闇に侵されて死にかけてしまい、仲間の命を救って欲しいという懇願を七英雄の中で唯一受け入れてくれたクジンシーが、本来であればアビスの闇を跳ね除けることができたが助けるために2人の闇を吸い取ったことで精神を侵されたというのが真相であった。

なお、七英雄は黒幕に力の大半を抜き取られてしまったため、クジンシーも正気を失った時点では大幅に弱体化している。

外部作品への参戦

同社のアーケードカードゲームロードオブヴァーミリオンⅡにてVer2.0、ロードオブヴァーミリオンIIIのVer3.1Rでゲスト使い魔として参戦。
ロードオブヴァーミリオンⅡでは種属は不死、コストは15、HP380、ATK30の撃属性複数攻撃、DEF60、移動速度4、スキルはWゲートの小型使い魔として参戦、特殊技は移動速度低下効果と効果時間中に死滅した場合、復活時間延長効果をもたらす呪いをかける「ソウルスティール」
ゲームバランスの都合で原作での即死効果では無いためよくネタにされていたが度重なるアップデートで移動速度低下効果が効果時間中はほぼ完全に動けなくなるという笑えないレベルまで強化されたため、復活時間延長よりそちらの効果を主に一定の需要があった
ロードオブヴァーミリオンIIIでは種属は不死、ジョブはマジシャン、タイプは「七英雄」、コスト30、ATK30、DEF40という小型使い魔として扱われている
超覚醒時のステータスはHP500、ATK110、DEF120というそこまで高いとは言えないステータスであり更に自身にステータスを強化するアビリティやアーツが無い為、ステータス自体は同コスト帯でも最弱クラスだが、荒らしとしての運用は超覚醒で発動するアビリティ「ソウルスティール」によって中々の働きをもたらす
このアビリティの効果は「攻撃を当てる度に自身のHP回復」という効果であり、回復量も1体につき20回復と中々高く、クジンシーがマジシャンなのでスプレッドショットを使えばマナ吸収要因であろう10コスト使い魔達ではまず確実にHPを減らす事が出来なくなり、ずっと敵陣に居座り続ける事が可能になる
弱点はクジンシーが活動できる序盤に主力級となる高ATKのアタッカーを出される事であり、上述の通り自身のステータスの低さ、ステータスの強化手段が無いことも重なりその時点でクジンシーの出番はほぼ無くなるも同然となるため、運用には相手の編成をよく見極めなければいけない

関連イラスト

嫌われ者のクジンシー
「このオレの挑戦を無視したなっ!!」


新宿
ロマサガ2 クジンシー



関連タグ

ロマサガ2 七英雄 ジェラール

pixivに投稿された作品 pixivで「クジンシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208025

コメント