ピクシブ百科事典

クラエア

くらえあ

ゲーム「ファイナルファンタジー7」の登場キャラクター、クラウド・ストライフとエアリス・ゲインズブールのカップリング。
目次[非表示]

概要

元ソルジャーを名乗る何でも屋クラウドと、古代種の末裔である花売りエアリス。
FINAL FANTASY7の星を守る物語は、二人の出会いから始まった。

以下ネタバレ注意
OPムービーで印象的に登場する二人。FF7の主人公であるクラウドと、ヒロインエアリスが出会うことによって、このゲームの物語はやがて星の命をめぐる物語へと進展する。
クラウドは反神羅組織アバランチの魔晄炉爆破ミッション後に、街で花売りをしているエアリスと出会う。次の爆破ミッションで神羅の罠に陥ったクラウドはプレートから落下してしまうのだが、落ちたのはエアリスが花を世話する教会の花畑だった。それまで守銭奴にも見える振る舞いをしていたクラウドだったが、神羅に狙われる最後の古代種であるエアリスの「デート1回!」の報酬でボディガードを引き受ける。
バレットの娘、マリンの安全と引き換えに神羅に攫われたエアリスを救出するため神羅の本社に乗り込み、セフィロスが生きていることを知ったクラウドはセフィロスと決着をつけるために、エアリスは自分の宿命を探すために、ミッドガルを脱出し旅を始める。
後に明らかになるのだが、物語前半のクラウドの人格はジェノバ細胞とクラウドの弱い心と、こうでありたかった理想の自分などから作られた偽の自我であり、道中何度かおかしな挙動を仲間に心配されている。エアリスはクラウドに初恋の相手ザックスと重なるしぐさや雰囲気を感じていたこともあり、たった一人本来のクラウドの人格が存在することを見抜いている。
コスモキャニオンで長老たちにセトラや約束の地について聞き、古代種の神殿で古代種の意識と触れたエアリスは、セトラの生き残りである自分にしかセフィロスを止められないことに気づく。そして、クラウドの壊れそうな自我を気遣う思いとセトラとしての使命感から単身忘らるる都へ向かい、助けに来たクラウドの目の前でセフィロスの凶刃に倒れてしまう。
その後クラウドは精神を崩壊させるも仲間の力を借り本来の記憶を取り戻す。セフィロスの呼んだメテオを止める道を失ったとき、クラウドはいつもそばに感じていて、あまりに近すぎたために見えなかった、エアリスが忘らるる都に向かった理由を探す。
エアリスは究極の白魔法、ホーリーを唱えていたのであった。
クラウドは過去との完全な決別のため、そして「エアリスの想いを解き放つ」ため、仇敵セフィロスを打ち倒す。発動が遅すぎたためにホーリーはメテオと干渉し、逆効果かと思われたそのときライフストリームが地表から噴出し、星は守られて物語は終わる。

笑い合うクラウドとエアリス


教会から脱出するイベントで、クラウドの足について行けず息をきらすエアリスに対し、「おかしいな ソルジャーの素質があるんじゃなかったのか?」と意地悪を言って二人で笑い合う。クラウドが無邪気に笑うのは、このシーンと復帰後のみで、二人の相性の良さが伺える。

デートイベント


FF7はゲームの前半でデートイベントがある。
このデートイベントの相手は前半に設定されている好感度システムから反映される。
相手は同イベントまでの累積好感度(選択肢等によって変動)が最も高い人物が選ばれるのだが、エアリスは好感度の初期値が最も高く設定されており、デートしやすくなっている。
最初はクラウドを初恋の相手であるザックスに重ねて見ていたが、今は本来のクラウドを探している。あなたに会いたいというエアリスの言葉の意味を周回プレイで気付いたプレイヤーも多いだろう。

飛空挺の約束


運搬船の中でエアリスのジュノンで見た飛空挺に乗れるかな?という問いに、「いつか俺が乗せてやるよ、期待していてくれ」という選択肢を選ぶと二人の約束が出来る。

コスタデルソル


エアリスとの会話で肌の色についての好みを答えると(返答の選択肢に関わらず反応は一緒)、「ハイッ、参考にしとくね!」と健気に答えてくれる。

コスモキャニオンの焚き火シーン


表情豊かで明るいエアリスが、クラウドに弱い姿を見せるシーン。
「俺が…俺達がいるだろ?」と、後から「達」をつけたすクラウドの、エアリスへの想いが垣間見られる。

ザックスの故郷ゴンガガ


エアリスがパーティにいるとゴンガガのザックスの家に入った時に特別なイベントが発生する。選択肢次第ではクラウドがザックスにやきもちを焼き、エアリスがからかう微笑ましい様子が見られる。

ケット・シーの占い


ケット・シー
「ええ感じですよ。おふたりの相性、ぴったりですわ!エアリスさんの星と クラウドさんの星! すてきな未来が約束されてます!クラウドさん ボク、司会でも仲人でもスパイでもなんでもしますわ~。そんときには きっと、呼んで下さいね」

FFⅦAC


死病である星痕症候群に罹ったクラウドは家族と離れ、最期の時をエアリスと再会した教会で過ごそうとする。クラウドは大事な人を見殺しにした罪悪感と孤独感を持っており、自分で自分を責めていたが、忘らるる都でエアリスの幻に「ねえ、もう許してあげたら?」と自分自身を許すよう諭され、戦う意志を取り戻す。後にエアリスの教会から湧き出た泉で星痕症候群が治癒する。


FFⅦACの小説 On the Way to a Smile


FF7本編からFF7ACに至るまでを繋ぐ小説。FF7のシナリオを担当した野島氏による執筆。
エアリスにとってのクラウドは友人であり、恋人であり、大切な物の象徴であり、守るべき存在だったとの記述がある。


KH


KHでのクラウドとエアリスは同い年で同郷出身という設定。ここでもエアリスは持ち前の包容力でクラウドを見守っている。KHⅠの2人の再会シーンは、多くのファンの感動を呼んだ。 KHⅡでは、エアリスがクラウドをセフィロスとの戦いの決着に送り出し、クラウドはそんなエアリスに対し、必ずホロウバスティオンへ帰ると約束しセフィロスとの戦いに赴く。エンディングではエアリスがクラウドの帰りを待つシーンがあり、今後の展開がKHⅢで期待される。

FFT


ファイナルファンタジータクティクスにも、クラウド本人と思われる人物と、エアリスのそっくりさんが登場する。ライフストリームに飲み込まれるイベントの後にFFTの世界へ来てしまったらしい。エアリスのそっくりさんを守るイベントがある。

関連イラスト


くらえあ
振り向かないで


0207 Happy Birthday!!!!!!!
この手を 離したくない


クラエア塗らせて頂きました
お花のお姫様


光の中で
ゴンドラの夜


クラエアちゃん



関連タグ

FF7 ファイナルファンタジー7 FFT クラウド エアリス NL
KH 王国心

pixivに投稿された作品 pixivで「クラエア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1573157

コメント