ピクシブ百科事典

クラスターガンダム

くらすたーがんだむ

ガンダムF90の3号機+Yタイプ装備
目次[非表示]

概要

F90ⅢY クラスターガンダムは機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91 第二章 クラスターガンダム編に登場する地球連邦の試作型MS。

クラスターガンダムはF90シリーズのうち、Yタイプ(ヤングスタータイプ)のミッションパックとされるコア・ブロック・システム実現の為に建造されたモビルスーツ。
サナリィからは未完成のガンダムF90の3号機のパーツを素体として開発したと発表されているため、一般にクラスターガンダムとガンダムF90Ⅲは同じものとされるが、ガンダムF90Ⅲは それ以前の2機と違いX, Y, Zタイプの専用ベース機だとする説もある。

余談だが、パイロットであるウォルフ・ライルの上官が「いつの日か・・・・コアファイターそのものがガンダムとよばれる日がくるかもしれんな・・・・」という予測を立てるが、これは「Fighter」(戦闘機)の「F」を新たな「FシリーズのMS」に掛けたのものであろう。

ハードポイント

F90としてのハードポイントはYタイプミッションパックの一部であるバックパックを除いて全て残されているが、機体形状が変わっているため一部装着できない装備もある。
ただしバックパックはノーマルのF90タイプのものも装備可能であるとされ、Yタイプバックパック無しでの運用試験も検討されていた。
またYタイプミションパックのバックパックはコア・ファイターと接続することでコア・ブースターとしても運用出来る。

メガビームバズーカ

武装として多数のビーム兵器を搭載しており、中でもメガビームバズーカは後に連邦軍に正式採用されるなど、高い評価を得ている。
メガビームバズーカは左右の腰部ハードポイントへの接続で機体から直接エネルギー供給を受けてビームを射出することも可能でこの状態では能力が高められる。その際のビームの特性はVSBRと類似していると言われている。

携帯式ビームシールド

ビームシールドは手持ち式となった事でマニピュレーターからのエネルギー供給が可能になった。それにより展開範囲の自由度が増している。またハードポイント接続により強力なビームシールドが展開できる。またハードポイント接続時に基部左右のユニット(バリアインコム)を展開することでより広い面積にビームシールドを展開できる。

関連イラスト

F90III/Youngster type



関連タグ

機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラ91
F90 F90Ⅱ

pixivに投稿された作品 pixivで「クラスターガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22150

コメント