ピクシブ百科事典

クリエイター(FF4TA)

くりえいたー

「ファイナルファンタジー4 ジ・アフター 月の帰還」の登場キャラクター。
目次[非表示]

クリエイター(FF4TA)とは、RPG『FF4TA』のラスボス・クリエイターを、ほかのクリエイターと区別するための専用タグである。

概要

クリエイターは、作品の舞台である「青き星」に現れた謎の月のあるじであり、青髪の謎の少女たちを放って破壊と混乱をもたらした張本人である。
その正体は、ある滅び去った種族の最後の一人であり、自分たちの種族の滅亡の原因を探り正しい道はどのようなものであったかを探索していたもの。その為に「青き星」その他に進化を促すとともにそれを記録するクリスタルを配置して実験していた。今回現われたのはその実験結果を回収するためであり、しかも失敗と見なして星ごと消滅させようとしてくる。
彼自身は途方もなく延命を続けていて肉体が限界を超えていたため機械の外骨格で化学変化を制御していた。このため代行者としてマイナスを派遣していたのである。
名乗りの「クリエイター」には、文明や生命の創造主、という意味がこめられている。

女性のような姿だが、マイナス曰く男性らしい。

戦闘

合計で4つの形態と戦うことになる。

????

最初はクリエイターの外骨格を攻撃して破壊することになる。
最初は何もしないが、ある程度ダメージを与えるとドレインやアスピルを使う。
HP60,000。

第1形態

容姿はトップイラストの通り。
こちらの最初の行動後に「オートリフレク オン」で忍術などを含む全ての魔法系の攻撃を反射し、続いて「属性ドレイン オン」で属性のある攻撃を吸収、続いて「リアクションコピー」を使ったあとは攻撃方法に応じて以下の通りカウンターする。
・物理攻撃→呪縛の瞳(まひ)、
・黒魔法→フレア(単体攻撃)、
・白魔法→ホーリー(単体攻撃)、
・召喚→メガフレア(全体攻撃)
HP42,000

第2形態

創りもの


外骨格が破壊されたことで外骨格が制御していた化学変化が脳に及び始めた段階。
呪縛の瞳、ホーリー、フレア、メガフレア、メテオのいずれかをランダムで使用。反撃はない。
攻撃がすべて魔法系攻撃なので、シェルで軽減するとよい。リフレクなら呪縛の瞳とメテオ以外を反射できる。
HP51,000

最終形態

クリエイター3(FF4TA)


化学変化が暴走して肉体が際限なく増殖し、巨大な異形の怪物と化した。
最初はイベント戦でこちらの攻撃は一切通用せず、しばらく経つと暴走に飲み込まれて終了。
クリスタルが輝きを取り戻してHP・MPが全回復し、改めて仕切り直しとなる。
クリスタルを使ってクリエイターを覆う闇を照らし出すことで、本格的に戦闘開始。

HP200,000。
初回行動でブラックホール(魔法効果打ち消し)を使用した後は以下のいずれかをランダムで使用。反撃はない。
・分裂(単体大ダメージ攻撃)
・増殖(全体攻撃)
・再生(HPが9,999回復)
・融合(全体攻撃、与えたダメージの合計分だけHPが回復)
・転移(単体攻撃)
・ブラックホール(使用後直ちに別の行動をとる)
そのほか、5回の行動ごとにチャージし、次の行動で「炸裂」(全体大ダメージ攻撃+スリップ)を使用する。
なお、HPが一定の値を切ったところで「変異」を使って弱点を変える。変わった弱点に応じて、次の行動は決まっている。
HPが少なくなると全体への状態異常攻撃(ミニマム、トード、ポーキー、コンフュ)を使ってくる(いずれもリボンで防げる)。

撃破した後は来た道を引き返すのだが、途中で数回、イベント戦としてこいつがバックアタックで襲ってくる。

外部リンク

ファイナルファンタジー用語辞典wikiより、キャラクター/【クリエイター】

pixivに投稿された作品 pixivで「クリエイター(FF4TA)」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9083

コメント