ピクシブ百科事典

クリミネ

くりみね

ゲーム「ドラゴンクエストIV」に登場する、神官クリフトと占い師ミネアのカップリング。
目次[非表示]

クリミネとはドラゴンクエストⅣに登場するクリフトミネアカップリングのことである。

概要

勇者シンシアピサロロザリーのような公式カップリングで無ければ、クリアリのような準公式扱いもされていない。そもそも回復役という以外は共通性がほとんど無かった。

それまで二次創作でもマイナーであったこのカップリングが大きく扱われることになったのは、リメイク版の会話だった。クリフトが参入する時には既にミネアがパーティーにいたが、その時ミネアが
「クリフトさん 病気が治って 本当に良かったですね 
 姉さんやトルネコさんとは違って 常識のある人みたいだし わたし うれしいです
と言ったことに始まる。

・・・とは言っても公式ではそれ以上の会話もなく、仲が進展するという描写も皆無であった(余談だが、この台詞のせいなのか、ミネアに腹黒属性がついた)。

いただきストリートでもミネアはクリフトの事を「常識のある人」として対戦したいと言ったが、お互いどちらかが不参戦ということもあった。

主にミネアの台詞が元で、カップリングが成立したと言えるが、逆にクリフトの台詞でミネアとのそれを想像させるのは皆無である。

なお、FC版の後にエニックスが出版したゲームブックでは、5章でミネアが病気で寝込むクリフトを一目見て
「素敵な方だわ……」
と心を惹かれており、マーニャが「こんな青白いのが好みか」と茶化す一幕もあった。
またガーデンブルグで盗賊バコタにミネアが人質に取られた際、クリフトが自分の大事なロザリオを差し出し、引き換えにミネアを返せと交渉する展開もある。
このゲームブックからクリフトとミネアのカップリングを支持するようになったという人も、一定数いるのではないかと思われる。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ

 クリフトはⅠから継続参戦、ミネアが新規参戦となり、派生作品では初の本格共演となった。
 (モバイル版のいただきストリートで同時参戦自体はしているものの、別々に参加していた2作品をただ合わせただけという扱いだったため、会話も特殊セリフもなかった)
 
 本編ではクリフトが回復と守備のエキスパート、ミネアは回復主体ながら攻撃魔法や高い力を持っている変則的汎用キャラとなっており、力はミネアの方が高いくらいであったが、今作ではクリフトの代名詞の一つでもあるベホマラーがミネアに譲られ、クリフトは代わりにやや違う運用体系の回復魔法リホイミ系を習得。
 またクリフトの方が力が高くなり強力な物理攻撃技が追加され、ミネアは力も守備もHPも低めな代わりにMPと魔力は最高峰となった。
 ミネアは回復が優秀な一方モーションの遅さや装甲の薄さから回復とデバフ特化の後方キャラ、クリフトは味方の補助や回復をしながら前線に打って出る汎用物理キャラとなり、原作から逆転したかのような役割になった。
 
 基本的に二人ともそれぞれの相方と一緒にいるが、前夜祭ムービーではミネアが水晶玉で何かを見ているところを、クリフトが「ミネアさん、何が見えるんですか?」と興味深げに覗き込んでいるシーンがあったり、伝承の塔に登る途中で高度を怖がるクリフトを「大丈夫ですよ、クリフトさん」と優しく励ますミネアのセリフが入ったり、封印を破るためにホミロンを護衛するステージでは必ず守り抜こうと張り切る二人の会話が入ったりする。
 いずれもボイス付きで、その様子からも二人の良好な信頼関係が伺えるものとなっている。
 
 また、倒れた相手を世界樹の葉で蘇生させる際のボイスでは
 クリフト→ミネアの場合「ミネアさん、しっかり!」
 ミネア→クリフトの場合「あなたの使命を果たすのです!」
 となっており、特にミネアの方は内容的にも何やら特別な雰囲気を感じさせるもので、いろいろと妄想を掻き立てられる。
 

関連項目

クリフト ミネア アリーナ マーニャ

pixivに投稿された作品 pixivで「クリミネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12402

コメント