ピクシブ百科事典

クリント・イーストウッド

くりんといーすとうっど

ハリウッドを代表する俳優・映画監督である。
目次[非表示]

概要

ハリウッド至宝の一人である。リベリストとして名高い。
俳優としても映画監督としても代表作多数。作曲もこなす。
日本の漫画映画オタクの間では、荒木飛呂彦氏の『ジョジョの奇妙な冒険』の主人公の一人空条承太郎モデルであることでも有名である。
ついでに鳥山明氏の『Dr.スランプ』に登場する空豆クリキントンのモデルでもある。

人物

サンフランシスコ出身。1930年5月31日生。身長193cm。
本名はクリントン・イーストウッド・Jr。スコットランドアイルランドドイツイングランドの4か国の血をひいている。家系はメイフラワー号の乗員で港町プリマスを統治したウィリアム・ブラッドフォードを祖とする名家であるが、幼い頃の生活は世界恐慌の煽りを受け苦しかった。
朝鮮戦争時に2年間陸軍に入隊しており、「ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場」や「グラン・トリノ」の主人公役の設定に盛り込まれている。(ただし、映画の主人公は戦場へ従軍していたが、イーストウッド自身は戦場へ行ってない。)

リボルバー、特にM29を構えさせたら世界一かっこいい男。


『おっと。考えは判っている。俺がもう六発撃ったか、未だ五発か。・・・。』



1930年、サンフランシスコ生まれ。ロサンゼルスシティ・カレッジの演劇コースで演技を学ぶ。
1950年代初めにユニバーサル映画と契約を結ぶも、当初はB級映画の端役しか与えられないという不遇の時代を過ごした。しかし、テレビドラマ「ローハイド」に出演した事でブレイク(この時、初来日を果たす)。
そして、マカロニウエスタンの巨匠:セルジオ・レオーネ監督の『荒野の用心棒』や『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』に立て続けに主演。これをきっかけに俳優としての評価が上がる。

夕陽のガンマン
荒野の用心棒



さらに1972年公開の『ダーティハリー』でアクションスターとしての地位も確立。同シリーズは彼の代表作となる。
1968年には自身の制作会社『マルパソ(日本語に直すと「険しい道」)・カンパニー』
を立ち上げ、1971年に『恐怖のメロディ』で初監督
以後、次々に「主演・監督作」を発表。1992年には『許されざる者』で自ら西部劇を監督し、アカデミー賞(監督賞・作品賞)とゴールデングローブ賞を受賞した。
その後も『マディソン郡の橋』や『ミスティック・リバー』といった文芸性の高い作品も手がけ、2004年の『ミリオンダラー・ベイビー』で2度目のアカデミー作品賞・監督賞のダブル受賞を果たす。
音楽(特にジャズ)への造詣も深く、自身で作曲もこなす。
2014年に監督した『ジャージー・ボーイズ』の宣伝では、トニー賞の授賞式などにもひょっこり顔を出していた。

本人曰く『グラン・トリノ』をもって、以後は監督業に専念するとの事……だったが、それ以降も結局俳優業をしている。
しかし映画監督としての評価は現在確固たるものとなっており、2014年公開の『アメリカン・スナイパー』はアメリカ公開の戦争映画としては史上最高の興行収入を記録。同時に保守派とリベラル派の間で大論争を巻き起こすなどおおいに話題となった。
2016年に最新監督作『ハドソン川の奇跡』が公開。80代後半にさしかかったが、まだまだ第一線で寡黙かつ饒舌な戦いを続けている。

『泣けるぜ・・・。』

泣けるぜ…。
夕陽のガンマン


クリント・イーストウッド
クリント・イーストウッド



吹き替え

吹き替えは故・山田康雄がほぼ専任。(イーストウッド公認のfix俳優である)
またそれ以前にも夏八木勲納谷悟朗などが吹き替えていたものを、のちに山田が吹き替え直した作品もある。
山田亡き後は小林清志野沢那智瑳川哲郎、納谷悟朗など、様々な人たちが担当している。
作品によっては、放送時にカットされたシーンがありその欠落部分については多田野曜平が追加収録を担当した。


『楽にあの世まで行けるんだ、運が良けりゃぁな。さあ、どうする?』



政治活動

共和党

彼はカリフォルニア州公認の共和党員であり、民主党が映画における過激な描写を規制するための法案を制定させようとした際には、映画製作における表現の自由重んじ、先陣を切って反対を表明した。

一方で、共和党全体ではあまり支持されていない妊娠中絶・同性結婚の選択権を擁護したり、成立に至らなかった憲法の男女平等修正条項案を支持しており、朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク戦争などといった外征戦争には反対の立場をとっている。

2016年米大統領選

2016年における大統領選挙では、候補であるドナルド・トランプ候補もヒラリー・クリントン候補も支持しない方針をとっていたが、投票はトランプ候補にするらしく、「きつい投票だ」と語っていたという。

また、彼は今の時代があまりにもポリティカルコレクトネス(人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まない、中立的な表現や用語を用いること)に囚われ過ぎていて、「軟弱な時代になった」と強く批判しており、トランプ氏の人種差別的な発言で気分を害したとしても、「そんなくだらないことは放っておくべきだ」と語っている。

ハースト・コーポレーションの雑誌『エスクァイア』に掲載されたインタビューでは、トランプ氏の発言について、「これは時として褒められたことじゃない」「そしてこれは時として …といっても、俺は彼の立場はわかるんだが、必ずしも同意しているわけじゃないんだ」と語る一方で、「いいところに気付いている」「彼は自分の正直な気持ちを言っているだけだ」と彼をある程度評価しているコメントをしている。

また、以下のような説明を行い、上述したポリティカルコレクトネスへの異議も唱えている。

いいか、今や彼はレイシストさ。メキシコ系の判事を差別しているんだから。口にするのもバカバカしい。その判事がメキシコ人の両親から生まれたとか何とか、そんな事実に自分の偏見を被せてくるんだから。彼はバカバカしいことをたくさん言ってきた。全部バカバカしいことだよ。物事には両面がある。しかし、誰もが、というかメディアが『ああ、あのレイシスト』とか言って、災いを作り出す。そんなくだらないことは放っておけと言いたい。歴史的に見ても今は悲しくなるような時代だ。

内心ではみんなポリティカルコレクトネスに媚びるのはうんざりしているんだ。俺たちは今、お世辞だらけの時代に生きている。俺たちは本当に、軟弱な時代にいるんだ。誰もが細心の注意を払っている。みんな、レイシストだとか何だとか責めているのを目にする。俺が育った時代なんて、こんなことは人種差別なんて呼ばれなかった。『グラン・トリノ』を作る時なんて、仲間までもが『これは本当にいい脚本だけど、ポリティカルコレクトネスに欠ける』なんて言ったんだ。そこで俺は、『よし、今晩読むよ』と言った。翌朝俺は、脚本を奴の机に叩き付けて言ったんだ。『これをすぐ始めるぞ』

出演作品


関連タグ

ハリウッド 俳優 監督

pixivに投稿された作品 pixivで「クリント・イーストウッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35633

コメント