ピクシブ百科事典

クルっち

くるっち

クルっちはクロマメのオリたまの一つ。
目次[非表示]

プロフィール


性別:♀
誕生日:9月19日
所属:たまスク高学年
出身地:スポーツの盛んな町
一人称:私
好きなもの:テニス,花,オシャレ
苦手なもの:虫,おばけ
趣味:テニス,ガーデニング
好きな食べ物:ケバブ,アフォガード等
苦手な食べ物:フレンチトースト等、とても甘いもの

概要

たまごっちスクールに引っ越してきたクールな女の子。
有名なテニス選手のクールでもある。

妹にリカっち、母親にアキザクラっち(ママリカっち)がいる。
父親のキボウっち(パパクルっち)は、幼い頃に事故で亡くしている。

基本的に心を開くまで時間がかかるが、心を開くと次第に素の自分を出す。
心を開いたたまともたちにはとても積極的だという。
昔はとても暗い少女だったが、今はたまともたちと関わり本来の性格を取り戻した。
過去については下記を参照。

クルっちの過去


リカっちも生まれ、家族4人で幸せに暮らしていたクルっち。

ある日、両親が出かけるということで笑顔で見送ったクルっちとリカっちだが、
いつまでたっても帰ってこない両親を心配していると、
両親が電車の大事故に巻き込まれ、危険な状態という信じられない電話が。
母のアキザクラっちは片目を失明しただけで、命は助かったが、
父のキボウっちは息を引き取ってしまった。

希望も何も見えなくなり、失望してしまった一家は故郷を離れることになり、
幼馴染のサバクっちとも離れ離れになってしまう。

テニスを幼い頃から習っていたクルっちは、その才能が認められプロの道に進むことに。
絶望に浸っている家族に少しでも力になれるように…と全力で取り組んでいくと決意した。

すぐに彼女は有名になり、技術の向上も順調だったのだが、
当時低学年のクラスの中ではずっといじめられていた。
これ以上母にも辛い思いをさせたくないと思い、一人抱え込んでいた。
唯一、彼女の友達だったのがクラスメイトのメイっち。
気の弱い彼女もいじめられていたため、メイっちだけでもと彼女を守るために全力を尽くした。

ある日、メイっちに「素直にならなければ何も変わらない。」と言われ
それに影響されたクルっちはこれまでのことを全て話す。
それを聞いた母は、たまごっちタウンへ引っ越しを決意する。

自分を変えたいメイっちとクルっち一家はたまごっちタウンへと引っ越し、
くろまめっちたちと出会うことになる。

クルっちはテニス選手が理由でいじめられていたことがトラウマになり、
自分がクールであることを秘密にしていた。

しかし、くろまめっちたちの優しさに触れる度に、隠し事をしていることに心を痛めるように。

ある日、ストレスと疲れで倒れてしまったクルっちをくろまめっちが保健室まで運び、
その際に初めてふたりきりになる。
「何か抱えているなら話してほしい。俺に何かできることはないか。」とくろまめっちに言われ、
最初は俯いていたクルっちだったが、「俺達たまともだろ?」という言葉に心を打たれ、
心が開放的になったクルっちは涙を流しながら「お願い、助けて…!」とこれまでのことを彼に打ち明けた。

それがきっかけに、クルっちは本来の性格を取り戻した。
その際のくろまめっちの笑顔にときめき、今は彼に片想いをしている様子。

もう過去から逃げないと強い気持ちで今を生きている。

交友関係

メイっち
心から許しあえるたまとも。
現在はクルっちの家でホームステイしている。
天然ボケな彼女に影響され、いつもツッコミ担当。

リカっち
仲良し姉妹。よく一緒に遊んでいる。
誰よりもクルっちの恋を応援している。

サバクっち
奇跡的にたまスクで再会を果たす。幼馴染。
彼の自分への好意は全く気付いていない。
遠い昔、彼とある約束を交わしたのだが、彼女は覚えていないのだろうか…?

くろまめっち
ある日の出来事がきっかけで、彼に片想いをしている。
彼とはたまキュア関係等で一緒に活動することが多い。
まだ想いは伝えていないが、いつか伝えたいと思っている様子。

マリっち
たまスクで出会う。
情熱的すぎる(ストーカー並の)愛に正直うんざりしている様子。
だが、嫌いではないらしい。

コメディっち
メイっちのいとこ。
クルっちと将来お笑いコンビを組みたいらしく、必死。

カリブっち
たまスクで出会った大切なたまとも。
よく一緒にショッピングに出かけるらしい。

その他

メロディキャッチ!たまキュア!でキュアメロディとして出演。
ミュージックたまキュア♪でキュアメドレーとして出演。

関連イラスト


ありがとう
【イラリク】絵本みたいに



え…ちょ、待っ…///

pixivに投稿された作品 pixivで「クルっち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42321

コメント