ピクシブ百科事典

クルマユ

くるまゆ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.541
英語名Swadloon
ぶんるいはごもりポケモン
タイプむし / くさ
たかさ0.5m
おもさ7.3kg
とくせいリーフガード/ようりょくそ/ぼうじん(夢特性)


※リーフガード:天候が「ひざしがつよい」の時、状態異常にならない
※ようりょくそ:天候が「ひざしがつよい」の時、「すばやさ」が2倍になる
※ぼうじん:あられ・すなあらしによるダメージを受けない。粉・胞子系の技及び、特性ほうしを無効化する。(第六世代以降)

進化

クルミル → クルマユ → ハハコモリ

クルミル クルマユ ハハコモリ



容姿

葉っぱに包まれた姿をしたポケモン。頭部には2本角のように立っている。
包まれた葉っぱから顔部分だけを露出しているが、進化前ののような
顔つきではなく、人のしかめっ面のような顔をしている。
ポケモン立体図鑑BWやマグナゲートと∞迷宮では、しかめっ面以外の表情を拝むことができる。反則的にかわいいと評判。

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「クル(くるまる:すっぽり体が包まれた状態)+マユ()」
クルミルがLv20になると進化することが出来る。
進化前のクルミルの特性が「むしのしらせ」の場合、「リーフガード」になる。

所謂「さなぎポケモン」である。好きでクルマユを使う以外は早く進化させた方がバトルでは活躍できる。
ただ、次の進化条件の「十分なつかせた」状態にするには、なつきパワーSなどの活用やバトルでの使用づらさによって、進化させるまで時間が掛る。
だが、ヤグルマの森でモンメンチュリネ)だけを倒し続けて努力値を稼いだりして時間を稼いだり、ヒウンシティのマッサージお姉さんに3回(3日分)ぐらいマッサージを受ければ、アーティに挑む前に意外と簡単になつかせることができる。

なお、「くさぶえ」の技を思い出すことが出来るのはこの時期のみである。


関連イラスト

ひきこもったー!!
クルマユ



関連タグ

ポケモン一覧 むしタイプ くさタイプ
ポケモン ポケモンBW
ジト目 クルミル ハハコモリ

pixivに投稿された作品 pixivで「クルマユ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1245714

コメント