ピクシブ百科事典

クロノス・デ・メディチ

くろのすでめでぃち

アニメ「遊戯王GX」の登場人物
目次[非表示]

概要

クロノス・デ・メディチは、遊戯王GXに登場する人物であり、教師である。
アニメ版の担当声優は清水宏


人物像

オベリスク・ブルー男子寮長であり、実技担当最高責任者。暗黒の中世デッキを使用。
「~ナノーネ」「~デスーノ」が口癖。
メディチ家の血を引くイタリア人。初めはブルー寮を中心としたエリート育成に情熱を注ぐ反面、レッド寮を「ドロップアウト寮」と決め付けるなど差別主義が強かった。特に入学試験の実技を担当した十代に敗北した事を根に持ち、「ドロップアウト・ボーイ」と呼びつけたり、憂さ晴らしや面倒事を押し付けたり、彼を退学に陥れる為に卑劣な工作を続けていたが、カミューラとの戦いでクロノスの実力を最後まで信頼し続けていた十代の姿を見て初めてその存在を認めるようになった。

セブンスターズ編の対カミューラ戦では、闇のデュエルで自らが敗北する(魂を抜き取られる)直前にもかかわらず、「闇は決して光を凌駕する事はできない。決して闇に屈しないでほしい」という名言を残し生徒と約束を交わして散った。これ以降生徒と共に成長していき、デュエルを通して教育者として数々の名場面、名言を残している。最終的には「生徒を導くことで教師もまた成長する」という教育方針に辿り着いたようだ。
また、良くも悪くも俗で人間臭いが故に、自分が悩まない事には鈍感な十代や理想主義の鮫島校長と違い、それぞれの悩みに理解を示し、人生の先輩としてTPOを弁えて接する事が出来る。

十代達の卒業の際には、彼らとの別れを惜しみつつも祝福する姿が見られた。
GXのラストを舞台にした「タッグフォース3」では、多くのキャラのイベントで登場し「卒業阻止」を掲げて対決する。


使用デッキ

「古代の機械巨人」を中心とした「古代の機械」デッキを使用する。
戦闘中相手の魔法・罠を全てシャットアウトするアンティーク・ギアの能力を活かし、圧倒的なパワーで相手を粉砕するタイプ。
十代には負けてしまったものの、実技担当最高責任者だけあってかなりの腕前を誇る。
特に切り札の「古代の機械巨人」は「特殊召喚出来ない」と言う制約ながら作中で何度も、それぞれ別の方法で召喚している。
また、古代の機械巨人の召喚以外にも相手のカードの破壊や巧みなタイミングでの伏せカードの使用などでお手本の様に相手にアドバンテージを与えず、地味な部分にも抜け目がない。


関連タグ

遊戯王 遊戯王GX
遊城十代
先生
クロノス(曖昧さ回避)

pixivに投稿された作品 pixivで「クロノス・デ・メディチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21220

コメント