ピクシブ百科事典

クーデリア

くーでりあふぉんふぉいえるばっは

ガストのゲーム「ロロナのアトリエ」「トトリのアトリエ」の登場人物。本項で説明。 他は曖昧さ回避を参照。
目次[非表示]

概要

フルネームはクーデリア・フォン・フォイエルバッハ(Cuderia von Feuerbach)
血液型はAB型。
声優は喜多村英梨

とある貴族の令嬢
世話焼きで優しいけど、少し怒りっぽいロロナ幼なじみ。初期年齢は13歳。
通称「くーちゃん」(彼女自身は否定している)。

なんだかんだを理由をつけてアトリエに来て頼まれなくてもいろいろ手伝ってくれる。
素直になれない性格で、きつい物言いになることもしばしば。ツンデレの王道をいく。

140cmに満たない低い身長と幼児体型に対して強いコンプレックスを抱いている。
そこを弄られると、我も忘れて激昂する。

所謂金で買った家名のためか自己の身分への思い入れは特にない。
が、最近のアトリエでは珍しく男性の好みが判明しており、その意味ではプラスでもありマイナスでもある。ジオと一緒のパーティーにしなければ当該イベントは発生しない。

ロロナのアトリエ

歳相応の服装に緩いウェーブの金髪に青いリボンが特徴だが、この時点で既に身長と体型は年齢に不相応なのであった。
戦闘にも参加する。主武装は拳銃(銃弾)。なぜか通常攻撃は銃身でぽかぽか殴りつける。かわいい。
一家の令嬢がモンスターがうろつく外界に出てもいいのかと思えるが、呼べばどこからともなく現れて援護射撃をするSPが常にいるのでご安心を。

彼女とのエンディングでは…?

はじまりの物語

残酷な未来より親友の弟子と孫弟子二人が登場。身長のことをポロリと漏らされるも、正体を気にする二人はお茶を濁したので多分歴史は変わらない。
なお、アストリッドの言動を見る限りアーランド世界は世界線方式ではなくパラレルワールド方式のようで、クーちゃん的には教えてもらった方が良かったかも…?

トトリのアトリエ

前作から5年経って初期年齢は21歳。
髪型も服装も年相応のものになっているが、身長や体型は全然変わっていないだがそれがいい
(キャラクター紹介では「身長139.8cm」となぜか彼女だけ小数点単位まで細かく表示されている。悪意しか感じない。)
今回はDLCキャラクター。貴重な属性攻撃技を持ち、通常攻撃でも銃を撃つようになった。

まるで成長していない………


冒険者ギルドの窓口嬢に就職。
仕事のためかウェーブヘアを赤いリボンで短くポニーテールに纏め、印象が大きく変わった。黒スト

基本的な性格はそのまま。
だが、大人としての責任感と立ち居振る舞いを身につけ、親友の弟子であるトトリ達を陰から手厚くサポートしてくれる。エスティからはの教育を任され、似ているようで対照的なツンデレ貴族2号との絡みもありと、厳しくも優しいかなり頼れるお姉さんへと成長した。
一方で見事なまでのストレートど真ん中なツンデレは5年経っても健在である。

幼なじみのロロナとは現在でも固い絆で結ばれており、ロロナを飲みに誘うことも。
多少無茶なお願いもロロナが絡む事柄であればツンデレながらも快く引き受けてくれる。
自分のことを「くーちゃん」と呼んでいいのも彼女だけ。

バッドエンド

しかし今回はアトリエシリーズに欠かせない監督役、つまり主人公に三行半を突きつける役目も担当している。バッドエンド突入時はツンデレと大人の責務が合わさり歴代でもトップクラスの手厳しさでトトリに挫折を突きつけてくる。

自業自得なルートはまだいいが、必死に頑張ったルートではトトリはもちろんクーちゃん本人も後味の悪い想いをするハメになり、プレイヤーに至ってはゲーム的な詰みやすさもあって心を折られかねない。

シリーズお約束のバッドエンドには登場しない。ヘタしたらトトリと出会いもしない。

メルルのアトリエ

今回は出番なし…と見せて他の未登場キャラクターと共にこっそりOPムービーに登場。

関連イラスト

ロロナとくーちゃん
世話焼きで優しいけど、ちょっと怒りっぽい幼馴染




関連タグ

ロロナのアトリエ
トトリのアトリエ
ロロナ トトリ

pixivに投稿された作品 pixivで「クーデリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 893693

コメント