ピクシブ百科事典

グラビティーマン

ぐらびてぃーまん

グラビティーマンとは、ロックマンシリーズに登場するボスキャラである。
目次[非表示]

グラビティーマンとは、ロックマン5及びロックマンエグゼ トランスミッションに登場するボスキャラである。

概要(ロックマン

DWN.033
反重力研究所を占拠したロボット。かなり能天気な性格。同研究所で開発中だった
重力コントロール装置「グラビティーホールド」を組み込まれているため、
狭い部屋なら重力を自由に操ることができる。しかし、重力反転中が無防備になるのが弱点。
強力な武器は有していないため、バスター1発程度しか攻撃してこない。そのため、
今作における8体のボスの中では最弱候補とされる。また、ニコニコ動画
ボスキャラ検索ランキングで一番知名度の低い(検索数が少ない)ボスキャラとして
不名誉な二冠を獲得してしまう。

実はロックマンシリーズのボスキャラ応募者の中では、女性が応募し採用されたボスキャラだったりする。

入手できる特殊武器

グラビティーホールド

一瞬20Gで押し付け、次の瞬間にマイナスGに解放することで画面中の敵を
上空に飛ばすという設定だが、ゲーム上では画面が一瞬光るだけである。
画面全体に攻撃が届くものの、威力は低めで効果はない敵も多い。
また、上空に吹き飛ばされるので、各種アイテムは出ない。

概要(ロックマンエグゼ

CV:下山吉光
初登場はロックマンエグゼ トランスミッション。正式な名前の表記はグラビティマン(発音は本家と同じ)。
サーバー全体の重力を操る脅威的な力を有するが、その分知能や移動能力は最低レベル。焦げ茶色のパーツが回転することで重力を制御するらしい。
体の中心に重力場を発生させ敵を吸い寄せる「グラビティドライブ」、敵を追尾する重力弾を発射する「グラビティホールド」が必殺技。

作中での活躍

ロックマンエグゼ トランスミッション

ゼロアカウントを守護しており、重力異常エリアの奥でロックマンを待ち構えている。
弱点の頭以外には攻撃が効かない。
彼のナビチップは重力を操って画面内にいる雑魚を一掃する強力なもの。しかし、大型のウィルスやネットナビには一切効果が無い。

ロックマンエグゼ(アニメ)

第二期で初登場。当初はシェードマンの配下のダークロイドだったが、他のダークロイドと共にダークチップシンジケート「ネビュラ」に寝返り、彼を見限る。
物語中盤でロックマン達に敗れ、デリートされるが、終盤に他のダークロイド達と復活。ネット警察に侵攻を開始する。
第三期では「アステロイド」として蘇る。オペレーターであるマクハリブラザーズのとある事情から真辺鈴警視を始末するべく体重計の数値を狂わせ、精神的、身体的に衰弱させるという非常に地味でセコイ作戦をとる。
海洋調査に出る熱斗や真辺警視の乗る潜水艦に侵入。オペレーターともども彼らを始末しようとするが、カーネルの乱入により失敗。カーネルに敗れデリートされる。
ちなみにマクハリブラザーズのとある事情とは彼らの犯罪の記録や好きな漫画の趣味が載っているハードディスクを真辺警視に押収されたこと。体重計を操作するよりグラビティマンが直接ハードディスクを破壊すれば簡単だったのは言うまでもない。

なお、アニメ版のグラビティマンは3DCGで描かれている。

関連イラスト

ロックマン

グラビティーマン


ロックマンエグゼ

グラビティマンEXE



関連タグ

ロックマン ロックマン5 ロックマンエグゼ 重力

pixivに投稿された作品 pixivで「グラビティーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72323

コメント