ピクシブ百科事典

グリーン車

ぐりーんしゃ

国鉄(→JR)の特別車両。
目次[非表示]

一覧

  1. 国鉄JRの特別料金(グリーン料金)を要する車両。
  2. 車体色が(グリーン)の車両。京王2010系など。


本項目では1.について説明する。

概要

マークは黄緑色三角形が4つくっついたイラスト。
1969年にそれまでの等級制を廃止し単一運賃・料金制(モノクラス制)に移行した際、旧1等座席車(1960年に3等級制が廃止されて2等級制になった際に特別2等座席車から1等座席車に昇格した)についてこの名称に改め運賃、特急・急行料金と併せてグリーン料金を支払うことで乗車できる車両とした。

  • ※:これは利用者・一般国民向けのアピール用語だった。実際には、制度上は名称が「1等車」から「グリーン車」(及びA寝台車)に変わっただけで、国鉄の規範には相変わらず優等税の記述が使われていた。また利用者(特に鉄道ファン層)もグリーン車連結の編成を「グリーン付」「ロザ込み」、グリーン車のない編成を「モノクラス編成」と称していた。名実ともになくなるのは等級制の根拠法である国鉄法が効力を失う1987年3月、つまり国鉄分割民営化に伴う。

グリーン車となる車両の形式には「ロ」(イロハのロ。かつての3等級時代の2等車に付与されていたものを踏襲)が等級記号として加えられ、車体には四つ葉のクローバーをデザインしたマークが付けられ、窓下にグリーンの帯を入れた(例外として20系客車のナロ20形・特急形電車/気動車はグリーン帯を入れなかった。グリーン帯は後に廃止)。

「ロ」を名乗る車両には他に寝台用車両のA寝台車があり、鉄道ファンからはグリーン車は「ロザ(「ロ」号の座席)」、A寝台車は「ロネ(「ロ」号の寝台車、「ネ」の記号は寝台車全般に使われる記号でもある)」と呼ばれる。A寝台車の昼間利用時いわゆる「ヒルネ」ではグリーン車扱いされることがあった(きたぐにのA寝台車は臨時雷鳥使用時は普通車扱い)。

現在、新幹線在来線特急の多くに1(一部半室)~2両(東海道・山陽新幹線の16両編成では3両)連結されているほか、首都圏の中距離電車にも2両(2階建て車両)が連結されている。団体臨時用のいわゆるイベント列車用の編成では、全車グリーン車という編成も珍しくはない。

私鉄でも同様の上級クラス車が存在する。大抵はスーパーシートと名乗るが、東武はスペーシアがJRと乗り入れる際にスペーシアの個室車をグリーン車と改めている。かつてグリーン車があった私鉄としては、小田急(基本名称はスーパーシートで、RSE車の設備統一用で設定されていた)や伊豆急行(自社線内において設定廃止、JR直通でのみ現存)などがある。また、国内線航空機の上級クラスもかつてはそう名乗っていた。

関連タグ

京王グリーン車

pixivに投稿された作品 pixivで「グリーン車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16385

コメント