ピクシブ百科事典

グレンジャー

ぐれんじゃー

複数の意味があるが、本項目ではヒュンダイ車について述べる。
目次[非表示]

曖昧さ回避

Grandeur:英語で"壮麗"
1.Hyundai Grandeur:乗用車。後述。
人名
2.Hermione Jean Granger:ハリー・ポッターの登場人物。→ハーマイオニー・グレンジャー

1.ヒュンダイ・グレンジャー

韓国・現代自動車(ヒュンダイモーターカンパニー)の製造・販売する高級セダンで、三菱・デボネアを祖に持つ。日本には3代目のXG系と4代目のTG系が正規輸入された。

初代モデルはデボネアV、2代目モデルが3代目デボネアに相当しているが、一説では「走るシーラカンス」と化していた初代デボネアのモデルチェンジが実現した背景の一つとしてソウルオリンピックに向けてグレンジャーを開発する必要があった事があるとされる。

XG系は日本ではヒュンダイ・XGと呼称されており、韓国国内では「グレンジャーXG」と呼称されていた。世界的(日本でもそのように呼称する場合があった)には"XG○○○(排気量)"と呼称されるケースが多かった。

TG系になり日本でもグレンジャーを呼称することになった。また、中東や台湾、北米などでは「アゼーラ(Hyundai Azera)」とされている。一方韓国仕様車だが、近年のヒュンダイ車に見られる傾向としてモデルチェンジでのサブネーム追加が廃止(※従来、韓国仕様の韓国車はモデルチェンジ毎にサブネームが追加されるのが一般的であった。)され韓国でも「グレンジャー」を正式名にしているのだが、「グレンジャーTG」と呼ばれる事がままある。
日本に投入されたLPG仕様車はそれまで旧態依然としていた日本車のそれとは違い電子制御化されており、同社の同排気量ガソリン車と比較して遜色のない性能を発揮している。その後、この「事件」を受けてかトヨタ・コンフォートはその旧態依然としたエンジンを新開発の電子制御タイプに換装している。
しかし所詮は韓国車、日本のユーザーには全く相手にされずに販売は低迷。結局2009年にはヒュンダイ自体が日本の乗用車市場から撤退し、誰にも注目されずにひっそりと姿を消したのである。

韓国や北米などでは2011年にHG系にフルモデルチェンジ。しかし2012年末からは円安・ウォン高の影響をまともに受けて販売数は激減している。

関連タグ

三菱自動車 - デボネア
XG

pixivに投稿された作品 pixivで「グレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3519

コメント