ピクシブ百科事典

グローイングフォーム

しろいくうが

グローイングフォームとは、仮面ライダークウガの不完全な変身形態である。
目次[非表示]

雄介「変わった!?」

概要

五代雄介が変身したクウガの不完全形態。「戦う」為の覚悟が定まっていない時や、体力が著しく低下している状態で強引に変身すると、この姿になってしまう。
ペガサスフォームライジングペガサスの変身制限時間が過ぎた時もこの姿に変化し、更にこの場合はすぐ人間の姿に戻ってしまう。

身体能力は普通人を遥かに上回っており、バスを手で押して動かせるほどだが、それでもマイティフォームの半分程度のパワーに過ぎず、グロンギと戦うには不十分である。

劇中では当初、マイティ登場以降のクウガとは別個体と見なされており「未確認生命体第2号」と呼ばれていたが、後に「4号の形態の1つ」と改められている。

外見

形状は基本的にマイティフォームの装甲の赤い部分を白くしただけだが、複眼とモーフィングクリスタル(変身ベルト「アークル」の中央に備わる、発光・回転する風車部分)は赤みがかったオレンジ色で、角(コントロールクラウン)も若干小さい(余談だが、仮面ライダーディケイドにて一瞬登場した際は原典と異なり、角の長さが他のフォームと同じになっている。恐らくCGでマイティフォームの色を変えただけであるためと思われる)。

必殺技

グローイングキック

封印エネルギーを右足に溜めて放つ跳び蹴り。3回連続で喰らわせる事でメ・ギノガ・デを倒した。
なおこの名称の初出は当時発売されたプレイステーション用の格闘ゲームであり、それ以前の資料では「グローイングフォームのままで放ったマイティキック」と表記されていた。

本編でもギノガを倒した3回目のキックだけは足首の宝石が赤く光っているという描写がある。

劇中における活躍

第1話で初登場。「アークル」を取り込んだばかりの雄介がズ・グムン・バとの戦いで身体が腕から徐々に変化する形で変身した。
この時はわけのわからないまま変身した事もあり、不完全な本形態にしかなれなかった。
ズ・ゴオマ・グと始めて対峙した時も、雄介の覚悟が足りずにこの形態に変身してしまう。
その後は雄介の覚悟が決まったためマイティフォームが基本となり、登場するのはペガサスフォームの強制変身解除時くらいだった。
メ・ギノガ・デに毒を食らわされ、仮死状態から復活した雄介が変身した際には、体調が万全じゃなかったためかマイティフォームではなく本フォームへと変身した。

備考

その存在は放送前は伏せられており、番組本編第1話が初公開となった。
フィギュア玩具『装着変身』ではマイティフォームに同梱されていたが、これも雑誌記事などでは「秘密のおまけが付いている」とだけ記述されていた。

関連タグ

仮面ライダークウガ 最弱フォーム
ブランク体 プラットフォーム スカルクリスタル - 同じく「ライダーの不完全形態」である。

pixivに投稿された作品 pixivで「グローイングフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66728

コメント