ピクシブ百科事典

ゲゼ

さぎょうようきかいげぜ

テレビアニメ「機動戦士ガンダムΖΖ」に登場する作業用機械
目次[非表示]

機体解説


モビルスーツのジャンクパーツを寄せ集め、ハンドメイドで製作されたヘヴィワーカー(重作業用MS)。パイロットはゲモン・バジャック(1号機)、ヤザン・ゲーブル(2号機)、マシュマー・セロ(3号機、小説版のみ)。劇中では型式番号の類は明らかにされていない。
主にグリプス戦役で稼動していたMSのジャンクパーツで構成されており、高出力ジェネレータやムーバブルフレーム、装甲の一部にガンダリウムを採用するなど技術水準だけで見れば第2世代MSに分類することができる。そのため格闘戦に限れば、戦闘用のMSに匹敵するパワーを発揮できるが1]、作業用に特化したMSでありまともな武装はない。劇中で使用したのは格闘戦用のステッキ及び、鉄骨利用の廃材投げ程度で、戦闘用MSの相手にはなり得ない。
通常型とクローハンドを左右2本ずつ、計4本のアームを持ち、ゴンドラ式コクピットは胴体を一周するレールに沿って移動する事が可能で、作業に関して言えば便利である。しかし突出型のコクピットからも戦闘に関してはまったく考慮されていないことが窺い知れる。機構にも欠陥があり、ビームサーベルで斬られた際に、機器が故障しコクピットが高速回転していた。
本機に搭乗したヤザンは、このレールに沿って移動するコクピットの仕様からゲゼを「粋なMS」と評している。なお、ゲゼ1号機、2号機は足の裏にそれぞれ機体ナンバーの刻印がなされていた(第8話)。塗装は、1号機は青で2号機は赤茶。
明快でコミカルな物語を目指した『ZZ』の初期コンセプトを受けてデザインされた、「怪獣」的な存在感を持つMSである。

劇中での活躍

金儲けのために「アクシズ改めネオ・ジオン」に自分を売り込もうと画策していたゲモン・バジャックが2機建造し、勝手にライバル視しているZガンダムとアーガマを手に入れるために使用。ジュドーたちがたまたま出校した学校の校庭にガザC2機と着陸して校舎の屋上昇降口を破壊するなどしたが、おびき出されたΖガンダムに対しては2度転倒させるだけで終わっている(第5話)。
その後、ゲモンの1号機とティターンズ残党ヤザン・ゲーブルの乗る2号機で、シャングリラの作業用ハッチからコロニー外へ出ようとするアーガマを妨害。鉄骨でアーガマのカタパルトデッキを叩き、Zガンダムに廃材を投げつけまくる等、暴れ回ったが、1号機はZに撃破され、2号機はマシュマーの巡洋艦エンドラに激突して失われている(第8話)。
小説版では、2号機(ゲゼII)は「赤い彗星」を意識して赤く塗ろうとしたものの、塗料が足り無くなってしまったという理由で赤銅色になったとする(そのため「中古機」然とした見かけになった)。
のちに3機登場し、それぞれ黄、青、赤に塗装された機体にゲモン、ヤザン、そしてマシュマー・セロが搭乗(マシュマー機はロンメル隊と合流した際に砂漠用の迷彩色に塗り替えられている)。「トリプル・ゲゼ」としてフォーメーションを組み、パイロットの技量もありTV版よりも活躍している。ネオ・ジオンの地球降下作戦にあわせて地球へと降りるが、ロンメル隊が全滅した後の戦いでゲモン機を残してZガンダムに撃破され、うちマシュマーのみ戦死している。

関連項目

機動戦士ガンダムΖΖ
ヤザン・ゲーブル

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11649

コメント