ピクシブ百科事典

ゲルググJ

げるぐぐいぇーがー

ゲルググJとは、OVA『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』などに登場する架空の兵器。 なお、名前は ゲルググ「ジェー」とは読まず、「イェーガー」と読む。
目次[非表示]

解説

「ゲルググJ」は統合整備計画によってゲルググを再設計し、性能向上させた機体。
形式番号はMS-14JG。
名目上はゲルググのバリエーションとされているが、その中身は指揮官専用の高性能カスタムMSである。
そのためデフォルトで隊長機を示すブレードアンテナが額に装備されているほか、レーザー通信用のアンテナもバックパックに装備している。
性能は非常に高く、一年戦争中に開発されたMSの中でも最高クラスの性能を有する機体の一つとされる。
地球連邦軍RX-77ガンキャノンなどと同じく非常に高い射撃精度を誇るが、狙撃に特化した機体というわけではなく、あくまでも汎用機である。

専用に用意された大型ビームマシンガンは通常時はペレット状のビームを連射し、出力を上げて単発で発射することで当時最高クラスの威力を誇るスナイパーライフルとして使用でき、本機体の破格の照準精度と相まってその命中性は特筆すべきものとなっている。
ちなみに形状は旧ドイツ機関銃MG42をイメージしたデザインとなっている。

また、スラスターの推力は全てのゲルググの中で最も高く、その総推力は通常のゲルググの軽く3倍以上を誇る(後年のリゲルグRFゲルググすら上回るほど)。
プロペラントタンクによる行動時間の延長の他、機動性重視のためにシールドを装備していないが、装甲は厚くそのままでもシールド装備と同等の防御力を持つ。
腕部にはビームスポットガンを内蔵しているとされているが、実際は未完成でバルカン砲や速射砲などで代用されている。

設定上はシュツルムファウストジャイアントバズの運用も可能となっているが、映像作品やゲーム作品などを見ても実際に使用した描写のある作品は確認できない。
また、格闘戦用の武器に関する詳細も明らかになっていないが、遠距離狙撃のみに特化した機体ではないので、ビームサーベルを装備しているというのが定説である。
これがビームナギナタか、一般的なビームサーベルであるかは不明だが、ゲームでは後者を採用している場合が多い。

「J」は「イェーガー」(Jäger)の頭文字で、は元々ドイツ語で「狩人・猟人」を意味し、軍事においては「猟兵」という意味を持ち、洗練された優秀な兵士に与えられる称号であり、上記のような高性能さからその名を与えられた(特に前述のように射撃精度・照準精度が主な由来である)。

余談

劇中での登場シーンが少ない為か、ゲーム作品に登場した場合は性能にかなりの差異がある。

環境適性(汎用/宇宙専用)
腕部武装(無し/速射砲/ビーム・スポットガン)
格闘武装(無し/ビームサーベル/ビームナギナタ)
同一機体で作品毎にここまで違うのは珍しい。

関連イラスト

MS-14JG GELGOOG JAGER



関連タグ

ジオン軍 モビルスーツ ゲルググ
機動戦士ガンダム0080 0080 ポケットの中の戦争

ザクⅡ改 リックドムⅡ ケンプファー ハイゴッグ ズゴックE

出渕裕

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルググJ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44809

コメント