ピクシブ百科事典

コウリュウ

こうりゅう

原作:武論尊、作画:原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物(メイン画像最上段の一番左)。
目次[非表示]

概要

声 - 柴田秀勝(アニメ版)、木村雅史(激打2)、???(DD北斗の拳

原作

かつてリュウケンと北斗神拳伝承者の座を争った人物。
その実力はリュウケン以上であったとされるが、兄弟同前に育ったリュウケンの拳を封じる(=倒す)ことを惜しんだことから、自ら伝承者の座を降り、以降は2人の息子:ゼウスとアウスと共に隠遁生活を送っていた。

その後、ケンシロウとの激闘から回復したラオウから回復具合を計るための相手として選ばれ、勝負を挑まれる。
ラオウの底知れぬ強さを感じ取ったコウリュウは、なんとしてもラオウを倒すべく、奥義「七星抹殺」によって相討ちを計るが、力及ばずラオウに敗れて死亡する。死の間際に、「はなぜ伝承者足り得るラオウ、トキ、ケンシロウの三人を同じ時代に生んだのか!別々の時代に生まれれば、いずれも素晴らしい伝承者になったであろうに…」と世の残酷さを憂う発言を遺した。

元々リュウケンと並び称されていただけのことはあり、その腕前はかなりのもので、ラオウですら「さすがに強い」と称賛したほど。勝負のあと、ラオウはコウリュウが死闘の直前まで彫っていた木彫りの仏像を備えて供養していた。

DD北斗の拳

核戦争で崩壊しなかった世界におけるコウリュウ。テレビアニメ版に登場した。

どういうわけか、赤塚不二夫漫画キャラのような間の抜けた外見にされており、「~だっぺ(よ)」というひどい訛り口調でしゃべる(ただし、後述する青汁の宣伝の際には割と普通の口調で喋っていた)など、原作とは似ても似つかぬキャラになっている。

原作とは異なり、隠遁後も頻繁に北斗の道場に出入りしていたようで、その際にトキに対して健康法について様々なアドバイスを送っている。また、「世紀末青汁」という健康食品を作っており、最終的にそれをトキに(ぼったくりとも言えるような金額で)売りつけている。

  • ちなみに、世紀末青汁は「青虫」「アオダイショウ」「青絵具」「青木さんの青っ洟」といったビタミン・ミネラルの豊富な「青いもの」をバランスよくブレンドした栄養補助食品で、食生活の偏りがちなヒャッハーから大好評らしい。ただ、材料を見ればわかるように味は非常に不味いらしく、飲んだトキが危うく死にかけたほどである。直前に流れていたCMでも誰もこの青汁を飲んでいたシーンはなく、そもそも本当に口にできるものだったのかどうかも疑わしい代物である。

余談

上記のように、本作品に登場するキャラクターの中でも特に設定改変が著しく、本編でトキから「ある人」とのみ呼ばれて一度も本名で呼ばれなかったこと、EDでも名前がクレジットされていなかった等も相俟って、放送時はこれがコウリュウだと気づかなかった視聴者も少なくなかった(その後公式HPにてコウリュウであることが明かされた)。
トキ自身も、話のラストで「あのおじさん、誰だったんだろう…」と呟いており、相談に乗ってもらいながらも彼が何者だったのか最後の最後まで把握していなかったようである


関連タグ

北斗の拳 北斗神拳 リュウケン(北斗の拳) ラオウ

pixivに投稿された作品 pixivで「コウリュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6055

コメント