ピクシブ百科事典

コニー・スプリンガー

こにーすぷりんがー

コニー・スプリンガーとは、『進撃の巨人』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

身長158cm
体重58kg
年齢15歳(12歳で第104期訓練兵団へ入団)
出身地ウォール・ローゼ南区ラガコ村
誕生日5月2日
CV下野紘
公式人気投票第1回:17位・第2回:24位


坊主頭が特徴の小柄な少年。第104期訓練兵団を8番で卒業。
自分を「天才」と自称するお調子者の性格だが、仲間思い。兄貴分であるライナーに憧れている。

小柄な体型のため小回りの効く機動が得意だが、頭の回転が鈍く作戦を誤認することが多い。
つまりバカ
同じバカ同士で同じ地域の出身のためか、サシャとはウマが合う。
訓練兵団の入団式に逆の腕で敬礼したため、キース教官に頭を掴まれて持ち上げられながら注意されていた。
座学も壊滅的に悪く、点数も3科目合計で7点という驚異的な点数を叩き出している(公式4コマにて4点・2点・1点だったことが判明している)。サシャ共々兵団を追い出されなかったのは、兵団には身体能力に優れた優秀な人材を追い出す余裕がなかった為らしい。
バカではあるものの感性は普通の人間に近く、濃い登場人物たちの中では良識的な部類に入る。

兵士に志願した理由は家族に楽をさせるためと、小柄な体格故に兵士に向いていないと小馬鹿にしていた周囲を見返す為だった。最初は憲兵団志望だったが、エレンの言葉に感化され調査兵団を志望する。トロスト区攻防戦で巨人の恐怖を味わった後は調査兵団への入団を躊躇するが、ジャンの決意を聞いて迷った末、入団を決める。

後に獣の巨人によって家族を含めた故郷の人間は巨人になってしまい、足が不自由で動けなかったコニーの母親の巨人以外は、壁内に突如現れた巨人として兵団に討伐された。帰る場所を失ったコニーは陰りのある一面も見せるようになるも、それでもムードメーカーとしての役割を担っている。

関連イラスト

コニー
コニー・スプリンガー



関連タグ

進撃の巨人 104期生 カッコニー
おバカ組 キルシュタイン班 電波兵団
サシャ・ブラウス コニサシャ

カップ焼きそば現象

常盤恵次(坊主・小柄・愛すべき馬鹿)

pixivに投稿された作品 pixivで「コニー・スプリンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4716001

コメント