ピクシブ百科事典

コボルド

こぼるど

ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説やゲームなどに登場する架空の種族のこと。
目次[非表示]

ヨーロッパの伝承などに登場する妖精の一種。またはファンタジー物の小説ゲームなどに登場する架空の種族のこと。

まれに「コボールド」または「コボルト」とも。(なおタグ数はコボルトが一番多い)

多くの場合、そのキャラクターは“邪悪の手先”として設定されている。魔王や強大な魔力を持った悪の魔法使いの悪の軍団の尖兵として、主人公たちの前に立ちふさがり敵対する、いわゆる“やられ役”“戦闘員”と言った役所が多い。

外見的イメージ

ほとんどの場合“犬の顔に人間の体”という描写をされる。これは最古のTRPGである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のルールブック中で「犬の顔に人間の体を持つモンスター」と設定されていたためで。これ以降、何らかの作品にコボルドが登場する時は「犬顔」でイメージがほぼ統一される事になる。

MOB絵:コボルド



また日本ではコンピュータRPGの古典作品の1つである『ウィザーリィ』の中で、当初から使用されていたコボルドを表す画像が犬顔であった事に加え、家庭用ゲーム機のファミコンに同ソフトが移植発売された際、日本語版の公式イラスレーターとして末弥純が起用され、その時に描かれたイラストやCGでも犬顔であったためにこのイメージは決定的となった。

犬顔である事から通常は豊かな体毛を持つように描写されるが、一部のゲームでは体毛の代わりに鱗を持つように描写される事もある。もっとも、鱗を持つコボルドの描写は最近では非常に稀になっている。また例外的なデザインとして、TRPG『ガープス・ルナル』の「コボールト」は、とんがり帽子状の頭を持つ醜い小人として描写されている(因みに同作では、ヒューマノイドではなく、土の元素獣(精霊のようなもの)である)。

妖精としてのコボルド

元はドイツ地域での民間伝承に登場する妖精の一種。

ドイツ語、英語表記共に“Kobold”と書くが、英語に翻訳される時にはしばしば“ゴブリン(Goblin)”と表記される事もある。おとぎ話や童話などで語られる「悪戯をする妖精」を指すが、前述の「ゴブリン」と明確には区別出来ない場合も多い。これは両者ともギリシア語の「コバル」(“子供”くらいの意味がある)に由来する命名であり、少なくとも古代においては明確に区別されてなかった事にも拠る。

森などに住んでいるとされるが、伝承によっては地下に住むと考えられている場合もある。そのため地域によっては山や大地の守り神と信じられている。その性格なども地下や、大地、岩石、鉱物といった物に関連付けされる事も多い。

また原子番号27の「金属元素コバルト(Co/Cobalt)」の名称は、この妖精コボルトに由来する。これは地下鉱脈などで掘り起こされるコバルト鉱物は大変硬く、通常の鉄製の工具などでは冶金加工が非常に困難なため、中世16世紀頃のドイツの工夫たちの間では「地下の妖精(コボルト)が人間を困らせるために魔法をかけた石」と信じられていた事に由来する。

中世になると、日本の座敷童子のように、住み着いた家に幸運を齎す精霊のひとつとされるようになった。但しこうした屋敷霊としてのコボルドはタブーに対して厳格であり、人間がタブーを破ると一方的に関係を絶ってしまう。こうした説話では、絶たれた人間の側は運気が低迷して没落するのが一般的である。

ファンタジー内でのコボルド

前述の通り、長らく「悪の軍団の尖兵」としての役所がほとんどであったが。近年、その“犬の顔”と言う特徴から「犬のように人間の良き隣人」という性格付けが生まれてきている。これは一種の「ケモノッ子」や「獣人化」であり、単純にコボルドの外見的特徴のみに焦点を当てたものとも言える。
主に『ウィザードリィ』に影響を受けて作られたRPGに見られる傾向であり、同様に架空の種族である「オーク」や「トロール」などにも見られる解釈の変化である。また、『ソード・ワールド2.0』のコボルドは、基本的には「人類の敵」だが、一般的な柴犬タイプに限らず様々な犬種をモチーフにしている。
『SW2.0』のコボルドは下っ端蛮族であるものの、ゴブリンやレッドキャップやグレムリン等とは違い上位蛮族からの虐待を逃れるため、人族の勢力圏へ逃亡し居着く(場合によっては人族勢力に寝返る)ことがよくある。そこに目を付けたGMによりコボルドのニンジャが誕生した。

最も前述の「屋敷霊としての」よき隣人たるコボルドの伝承は中世から存在し、コボルドに限って言えばあながち的外れな設定ではない。また、前述の『ガープス・ルナル』のように、作品によってはヒューマノイドではなく土の精霊のひとつに数えられる事もある。
『初代ソード・ワールド』のコボルドも悪のヒューマノイドではあるが、出自は「妖魔」と呼ばれる邪悪な妖精である。「銀を腐らせる」と言われ、同じ背景世界を持つ『ロードス島戦記』でその物質「腐銀(≒コバルト)」が焼き物の彩色に使われるといった具合に、大地の妖精としての伝承をこっそり踏まえている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「コボルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110504

コメント