ピクシブ百科事典

コミカライズ

こみからいず

漫画ではない作品を漫画化すること、またはその漫画。
目次[非表示]

概要

原作ライトノベルアニメゲームなどの作品から、漫画版を新たに製作することをコミカライズという。
数は少ないが、テレビドラマ映画テレビ番組カードゲームなどのおもちゃ、現実の企業や学校などのコミカライズも存在する。

通常は原作公式または公認のものを指し、非公認のものは「二次創作」と呼ばれることが多いが、定義としては公認かどうかは関係ない。

なお、漫画やアニメから小説を作ることは「ノベライズ」という。

小説コミカライズ

基本的に原作には絵が使われていないので、漫画家が原作者とは別に製作する。原作者が監修するのが普通だが、脚本までは関与しないことが多い。古典文学のコミカライズでは原作者がすでに死去しているため、編集者や文学者が原作者の代わりにアドバイスをする場合もある。

アニメ・ゲームコミカライズ

小説同様で、原作者(一般にアニメなら製作総監督を原作者とすることが多いが、脚本担当が原作者となることもある。ゲームの場合はゲーム制作会社、またはキャラクターデザイン担当者が原作者)の監修のもとに外部の漫画家が製作するのが普通である。

ライトノベルコミカライズ

小説同様に原作者とは別の漫画家が製作することが多いが、原作のイラストレーターが製作する場合もある。ライトノベルのイラストレーターは漫画製作経験のない専業イラストレーターも珍しくなく、コミカライズで漫画デビューすることも多い。

近年は二次創作作品が人気が出て公認化されたり、原作者が公認のみしてストーリーにはあえて関与せずわざと原作と全く違った作品を制作する、などといった原作者の監修のないコミカライズも増えている。

その他

特殊な例として、VOCALOIDのコミカライズがある。
VOCALOIDはあくまでツールであるためイメージキャラクターには詳細な設定はない。しかしCVやイメージ年齢などが設定されており、漫画キャラクターとしての要素は十分に持っている。そのためVOCALOIDのコミカライズは大変多い(コミカライズにあたって足りないキャラクター設定は、コミカライズ作者がほぼ自由に付け足す)。

VOCALOIDはキャラの二次創作そのものが公認されていることも多いが、「公式」は存在しない。これはVOCALOIDユーザーの発想にバイアスがかかることのないようにVOCALOID販売元がとっている方針で、たとえばクリプトンフューチャーメディア社キャラクターボーカルシリーズのイメージキャラをデザインしたKEI氏自身も、VOCALOIDのコミカライズ作品製作の際はクリプトン社より「キャラクターと世界観にバイアスがかからないように」することを求められ、同作品は「メーカー非公式 初音みっくす」と非公式である旨が強調されたタイトルとなっている。

関連タグ

メディアミックス
漫画 漫画版 漫画化
ライトノベル 小説 アニメ OVA
ノベライズ アニメ化

pixivに投稿された作品 pixivで「コミカライズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 666251

コメント