ピクシブ百科事典

コルネット

こるねっと

金管楽器、パンの一種。またはその楽器をモチーフにした人物名。
目次[非表示]

曖昧さ回避

1.柔らかい響きが特徴の、トランペットに似た高音の金管楽器。
2.古くは中世・ルネサンス時代から、19世紀ごろまで使われた管楽器リコーダーなど木管楽器のように、音孔を指で押さえる事で音を変えるが、金管楽器と同様、リップリードを用いる。ツィンク(独:Zink)とも呼ばれる。
3.パンの一種。⇒詳しくはチョココロネを参照。
4.ソフトクリームのカップ。
5.『マール王国の人形姫』の登場人物。→コルネット・エスポワール
6.『ハーメルンのバイオリン弾き』の登場人物、コル・ネッドの愛称。

pixivでは専ら「コルネットとクルル」がヒットする。

コルネット(金管楽器)

コルネット(Cornet)とは、高音部を担当する金管楽器の一種。
アルトホルンユーフォニアムなどと同じく「サクソルン属」と呼ばれる楽器の一種で、そのグループの中でも特に高い音域を受け持っている。
B♭コルネットとE♭コルネットがあり、特にE♭コルネットは「ソプラノコルネット」とも呼ばれる。

トランペットに似た形状をしているが、トランペットの管が円筒管(筒の様に太さにあまり変化がない)であるのに対し、コルネットは円錐管(ベルに向かってだんだんと広がっていく構造)で作られている。

そのため、トランペットと比較するとより柔らかな響きを出す事ができる。
吹奏楽などではトランペットパートの持ち替え楽器となる事が多いが、ブラスバンド(英国式金管バンド)では高音部の要の楽器として、様々な役割の奏者と共に用いられている。

関連イラスト

人形姫
きゃぷてん・こるねっと!



関連動画

ソング・アンド・ダンス(Song and Dance)/フィリップ・スパーク
(Cornet Solo : Hans Gansch)


ヴェニスの謝肉祭(Carnival of Venice)/ナポリ民謡
(Cornet Solo : Maurice André)


イーストコーストの風景(East Coast Pictures)/ナイジェル・ヘス
第2楽章「キャッツキルズ」(The Catskills)
(Cornet Solo : Maurice Murphy)


メモリー(ミュージカル「キャッツ」より)/アンドリュー・ロイド・ウェーバー
(Cornet Solo : Peter Roberts)


コルネット奏者

国内

  • 上田悦世
  • 岡本篤彦
  • 小島圭滋
  • 平林剛
  • 渡部康三


海外

  • キング・オリヴァー(Joe "King" Oliver) - アメリカ
  • ドン・チェリー(Don Cherry) - アメリカ
  • ナット・アダレイ(Nat Adderley) - アメリカ
  • ハーバート・クラーク(Herbert Lincoln Clarke) - アメリカ
  • ルイ・アームストロング(Louis Armstrong) - アメリカ
  • レッド・ニコルズ(Red Nichols) - アメリカ


  • ジェームス・シェパード(James Shepherd) - イギリス
  • ピーター・ロバーツ(Peter Roberts) - イギリス
  • モーリス・マーフィー(Maurice Murphy) - イギリス
  • ラッセル・グレイ(Russell Gray) - イギリス
  • リチャード・マーシャル(Richard Marshall) - イギリス
  • ロジャー・ウェブスター(Roger Webster) - イギリス

  • ジャン=バティスト・アルバン(Joseph Jean-Baptiste Laurent Arban) - フランス
  • モーリス・アンドレ(Maurice André) - フランス

  • ハンス・ガンシュ(Hans Gansch) - オーストリア
  • ラッセ・トゥーンクヴィスト(Lasse Tornqvist) - スウェーデン

架空のコルネット奏者

  • 樹貴ノ恵(きんいろカルテット!
  • 星城涼葉(きんいろカルテット!)
  • 真壁幸彦(群青のカノン)
  • リチャード・カーウィン(きんいろカルテット!)


関連タグ

楽器 金管楽器
音楽 クラシック音楽 行進曲 吹奏楽 吹奏楽部
吹く 演奏 ブラスバンド マーチング オーケストラ 文化祭
ラッパ トランペット トロンボーン ホルン アルトホルン チューバ ユーフォニアム スーザフォン
マール王国の人形姫 コルネットとクルル ハーメルンのバイオリン弾き

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「コルネット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167906

コメント