ピクシブ百科事典

ゴキ腐リ

ごきぶり

ゴキ腐リとは、マナーを守らない・空気が読めない腐女子(腐男子)のこと。無自覚な荒らし。
目次[非表示]

概要

BLは気持ち悪いと思う人、苦手に感じる人がいるため、pixivでは棲み分けマナーが周知されている。
マナーを守る腐女子及び腐男子(以後「彼(女)ら」)は、BL趣味を同好の者以外に周知されないよう隠し通すが、ゴキ腐リは趣味をおおっぴらにして、他人の強要して認めたがらせる習性があり、腐女子(男子)アピールを好んだりする。
このような腐女子(男子)アピールは、BLは気持ち悪いと思う人、苦手に思う人が多いことから彼(女)ら以外の人には迷惑行為として扱われるし、マナーを守る彼(女)らにとっても嫌悪される存在となっている。

そのため、pixivではゴキ腐リ化した彼(女)らによる迷惑行為・荒らし行為を事前に防ぐよう、腐向けマナーが作成されている。

定義について

現在、ゴキ腐リの定義は、腐向けマナーのまとめサイトである受付窓愚痴で詳しく解説されている。
受付窓愚痴にまとめられている腐向けマナー解説は、まとめサイト管理人が、2ちゃんねるニコニコ動画といったネット上の観察を元にして腐女子・アンチ腐女子双方の考えをまとめたものであり、ネットマナー解説として正しい物となっている。

ゴキ腐リの言葉は過激であることから、単語自体を嫌ったり、ゴキ腐リの単語自体がマナー違反と考える人もいるが、現在ではマナーを守る彼(女)らと、マナーを守らず他人に迷惑を掛ける彼(女)らを切り離すために利用されている。

マナーを守る正しい彼(女)らと混同してゴキ腐リと呼んだり、現実の同性愛差別(ホモフォビア)などと混同してゴキ腐リ行為を自己正当化するといった、ゴキ腐リの定義を間違って使うことは、マナーを守る正しい彼(女)らの迷惑となるため、受付窓愚痴の解説をよく読んで、正しいマナーの理解をすることが奨められる。

また、単にBLが気持ち悪いと思われている、苦手だと思われているだけなのに、現実の同性愛差別と混同して、BL嫌いは同性愛差別だと考えるゴキ腐リもいる。
実際にはファンタジーであるBLは、『男性(もしくは元となる人物)の形状を模した異質なクリーチャー』を恋愛や性行に結びつけて楽しむ嗜好であり、現実の同性愛とは全く関係が無い。
まとめサイトでは、「同性愛者の為の作品」や「同性愛をテーマにした作品」は問題が無く、同性愛嫌悪の無い人や、実際の同性愛者の中にもBLを嫌う人がおり、BLを問題に感じる人もいることから、「BL=同性愛」ではない、『男性の形状を模した“何か”を当人達以外の人間が妄想の中で恋愛・性行に結び付けて楽しみ喜び興奮する嗜好』と解説されている。
しかし、中にはゴキ腐リとは無関係な性差別理論を持ち出してゴキ腐リ行為を自己正当化するゴキ腐リも存在し、この場合は、腐ェミ・ゴキ腐ェミと呼ばれることがある。

詳しい解説

まとめサイトの運営者による動画での解説。
ニコニコ動画向けに作られた解説だが、セーフティライン問題などはpixivの棲み分けマナーとしても参考になる。


言葉の字面を見て怒る前に

ゴキブリになぞらえるということそれ自体は強烈な表現であり、中には不愉快に感じる人もいるだろう。

しかし、あくまでこの言葉そのものは

他人への配慮を著しく欠いた腐愛好者への批判」であって、

腐向け作品及びその愛好者そのものを批判するための言葉ではない

ということをまず念頭に置いていただきたい。

確かに「ゴキブリ」自体が強烈な表現であり、侮蔑的なニュアンスも含まれていることは否定できないが、それだけマナーを弁えない愛好者に対する批判や怒りの声が大きいということでもあるからである。
ただ怒るのではなく、冷静に自分自身のみの振り方を見直し、直すべき所があるのであれば素直に改めることが大切だ。それが腐愛好者への風当たりや偏見を和らげることにも繋がっていくのだから。

関連タグ

ボーイズラブ(BL) メンズラブ やおい(801) 男男 男×男 創作BL
カップリング 同性愛 ゲイ ホモ ヤンホモ おにショタ ホモエロ
腐向 腐向け(-検索用) 腐R-18 腐女子 貴腐人 腐男子 腐兄 女性向け 腐ェミ ┌(┌^o^)┐
腐向け? 腐? 微腐 微腐向け ちょい腐 ちょい腐向け 腐つくしい 二次創作 棲み分けタグ マイナス検索 版権作品企画【腐】
腐敗 腐ってやがる 腐女子化 腐レンド 一緒に腐ろう
カプ厨
オレ達はそんな変態じゃねーぞ - 彼(女)らに対する、公式サイド(週刊少年ジャンプ編集部)からの有名な戒めの言葉。

ゴキブリ(名前の由来)
無自覚な荒らし 自治厨

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴキ腐リ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 765

コメント